砂浜の君が代

11月10日 木曜日
今日の徳島県南のお天気は曇り
最低気温は、美波町 9.5度、海陽町 7.5 度。
ものすご~く寒くなると、天気予報が脅すもんだから、もっと寒いのかと思ったけど、そう驚くほどではなかったな・・・
けど最高気温は、美波町 14.1度(平年差 -6.2度)、海陽町 16.2度と、12月中旬並の気温なので、確かに天気予報通り1カ月先の気温でした。(^^;)


田井ノ浜では、現在
キミガヨラン(君が代蘭/ユッカ)』が花盛り。
キミガヨランは、あちこちの砂浜で生育しているのを見かけますが、これって誰かが植えたものなのでしょうか? それとも捨てられたものが川を下って漂着し、砂浜で定着したものなのでしょうかねぇ?
a0125598_20544857.jpg
北アメリカ原産の半砂漠に自生するキミガヨラン。
砂浜はキミガヨランの生育に、すごく適しているのでしょうね

[PR]

by taibeach | 2016-11-10 22:00 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/23355238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2016-11-12 10:36 x
ああ、確かにありますね。
比較的、暖地で栽培されるようなので、海岸近くの公園などでも見かけます。
そういった場所からの流出の可能性が高いのでは。
サボテンなんかも見かけますもんね。
Commented by taibeach at 2016-11-12 20:36
尚 nao.さん
あぁサボテンもよく見かけますよね。
キミガヨランは、日本では結実しないようですが、根の破片からでも再生してくるような生命力の強い植物らしいので、各地の海岸に広がったのかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 小春日和 低下中 >>