大発見!! 徳島にサキシマスオウノキが・・・

昨日は、このブログでも何度か登場している、県南海陽町の「阿波海南文化村 海陽町立博物館」で開催中の企画展『浜辺の植物』の、展示解説があったので行ってきました。
a0125598_232820100.jpg
 
展示解説 講師の先生はもちろん、徳島県立博物館の茨木靖学芸員です。
茨木先生の詳しく分かりやすい、そしてとてもおもしろい解説に来場の皆様は、興味津々です。
茨木先生の展示解説の後は、県南の植物研究の第一人者の木内先生のお話もありました。
木内先生のお話の中には、“ここ海陽町にも・・・板根が・・・ ”と気になる言葉が・・・
展示解説は盛況のうちに終わりましたが、その後も参加者の皆様は、茨木・木内両先生に盛んに植物についての質問をされていました。
私はと言うと、御参加されていた方から、ちゃっかり打ち上げ貝の情報等を仕入れてきましたよ。

参加者の方もお帰りになり、海陽町立博物館の郡司さんと木内先生が、先ほど木内先生のお話に出てきていた“海陽町の板根”をご案内して頂けることになりました。
私も本当のところは、サキシマスオウノキが生えているわけじゃないんだから、“板根”って言ってもそんな大したことはないんだろうな・・・なんて高をくくっていたのですが・・・

それがなんと!  おぉ~ すごい!!
a0125598_0304083.jpg

どうですか、皆さん!  こっ これ!
a0125598_032272.jpg

本物のサキシマスオウじゃないか?と見まがうばかりのりっぱな板根でしょ!?
a0125598_039951.jpg

木内先生が手を置かれている所で、地上から1メートルあります。
人物と比べても、この大きさです!  ビックリでしょ~ ねっ!
実はこの板根の木、残念ながらサキシマスオウノキではなくて、“エノキ”だそうです。
エノキの根が何らかの理由で、このように板根化したのだそうです。
a0125598_0454631.jpg

考えられている一つの原因は、この辺りは地下水面が高く、地下深く根を伸ばす必要がないから・・・というもの。(しかし、この辺りで板根化しているのはエノキだけ・・・)
だから本当の原因はわかっていませんが、周囲のエノキもまだ大きくはないけれど、板根化しつつあるそうです。
実はこのエノキ、ひょっとするとサキシマスオウノキのDNAを持っているのかも・・・ 
なんて考えると、なんだか楽しくないですか?        あなたの推理は???
[PR]

by taibeach | 2009-08-25 01:17 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/8859529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2009-08-25 22:41
こりゃスゴい!
サキシマスオウにそっくりですやん。
Commented by taibeach at 2009-08-26 18:59
Shigeさん
そうでしょ~! 私もこれを目にして、とてもビックリしました。
それに周囲のエノキも、板根化しているというからさらに驚きです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< この骨は? なんだあなたも、ベトナムさん! >>