秋が来たと思ったら・・・

ここ3日ほどは、それまで暑かった最高気温も30度をきり、最低気温も25・26日と20.4度と朝方、肌寒くて目が覚めるくらいになり、もう夏も終わりかな・・・なんて思っていました。
しかし今日 (→昨日)は、また夏の暑さに逆戻り日差しが痛いほどに照りつけていました。
でも、汗をかいた体に心地よく感じる風からは、やはり秋の気配が何となく感じられました。

まだまだ夏の県南の海岸では、ハマアザミのピンクの花が綺麗に咲き誇っています。
a0125598_018140.jpg

  ハマアザミ (浜薊)   Cirsium maritimum   キク科 アザミ科 
  別名 (ハマゴボウ)  海岸の砂地や礫地に生える多年草
夏の太陽に照らされて、ピカピカ光る大きな葉っぱはトゲトゲがいっぱいで、うっかり触れようものならチクチクと超痛いのです!
別名のハマゴボウは、根がゴボウに似ているからですが、根は食用になるそうです。
高知県の室戸の方では、根をきんぴらにしたり、ハマアザミの新芽を白和えや酢びたし、みそ汁の具にしたりして食べるそうです。
また魚のすり身にアザミを刻んで入れて揚げるなど、天麩羅にしてもおいしいそうですよ。 
皆さんも一度、お試しになってみてはどうでしょうか?
[PR]

by taibeach | 2009-08-29 00:53 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/8879800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クニ舛田 at 2009-08-29 07:49 x
はじめまして、
勝手にリンクしましたけどいいですかね。

このハマゴボウ、うちの畑(海淵の)にビッシリ
生えております。
土が深いところに栽培したら面白い海岸野菜に
なるんじゃないかと思います。

味だって匂いだってゴボウです。
高知のおんやんがよく採りに来てますよ。
Commented by taibeach at 2009-08-29 22:58
クニ舛田さん、リンクありがとうございます!
いつも楽しいブログ拝見しております。
私は(人に勧めていながら…)まだ食べたことがないのですが、今度挑戦してみたいと思います。
またブログに遊びに行きますね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 渚の健康食品 謎のヒョウタン >>