渚の健康食品

私のビーチコーミングの楽しみは、漂着物だけではないということは、このブログをご覧下さっている方は気付かれていることでしょう。
というかホントのところは、「おっ!これはスゴイ!」というものが滅多に拾えないので、周りをキョロキョロとただ見ているだけのことなのですが・・・  (何か御土産に持って帰るものはないかな~?という貧乏根性丸だしですね・・・)
7月中旬に、美波町の由宇の浜という海岸へ行った時に見つけた小さな紫色の花。
師匠の茨木先生に聞いてみたところ、「それは、クコですよ。」と教えて頂いた。
海岸では、時々生えているのが見られるそうである。
a0125598_0145148.jpg

クコ (枸杞) 学名 Lycium chinense 中国原産のナス科の落葉低木  外来種です。
大きな木の生えにくい環境の、ある程度湿り気のある水辺の砂地(河原や海岸など)を好み生育するが、比較的乾燥にも強いそうである。

先週再び訪れると、真っ赤なかわいいクコの実が出来ていました。
a0125598_0174862.jpg

この果実は酒に漬けこんで“クコ酒”にする他、生食やドライフルーツで利用されます。
私は、中華ファミレスの「バー〇ヤン」のデザートの“オーギョウチイ(愛玉子)”という台湾のスイーツがあるのですが、その中にクコの実のドライフルーツが入っているのを食べたことがあります。 (オーギョウチイ、結構好きです。)

クコは昔から、果実は枸杞子(くこし)、根皮は地骨皮(じこっぴ)、葉は枸杞葉(くこよう)などと呼び、生薬として利用されてきた「健康食品」なのです。
果実を乾燥させた枸杞子は、滋養強壮、強精薬、糖尿病や眼病の治療薬として利用されてきました。
他にも、血圧や血糖の低下作用、抗脂肪肝(肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ)作用があるなど、おやじにやさしい効能があります。
また、根皮(地骨皮)・葉(枸杞葉)にも血圧や血糖の低下作用があるそうです。
これからは、渚に通ってクコの実のドライフルーツとクコの葉茶で、健康になろ~と!!
[PR]

by taibeach | 2009-08-30 01:14 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/8884618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2009-08-30 07:34
クコの木は、けっこう浜辺にありますよね。こっちでも渥美や福井の浜の後背地に時々見られます。
Commented by kin at 2009-08-30 17:36 x
クコの木は時々見かけますが、実が成っているのは最近あまり見ないです。クコの花が紫色とは知りませんでした。

私もBCは漂着物以外にも植物や景色なんかも楽しんでいますよ。
Commented by taibeach at 2009-08-30 19:11
Shigeさん
私は初めて見た(気付いた?)のですが、割と根付きやすい植物のようですね。
挿し木でもして、育ててみようかな?
Commented by taibeach at 2009-08-30 19:27
kinさん
渚を歩くだけでも気持ちがいいのですが、渚を彩る花々はさらに心穏やかにさせてくれますね~

日本海側の景色は素敵ですね。 
特に日本海に沈む太陽、“夕焼けの景色”が見てみたいです。
Commented by 瀬田葉月 at 2009-08-31 01:16 x
クコの実、食べると目が美しくなるんだって祖母から言われました。6才の頃だったかな。摘んでその場で二つ三つ食べさせられたのを今でも覚えています。
こっちでは見ないですね。クコ。
Commented by taibeach at 2009-08-31 23:37
瀬田様
クコの実、生でも食べられるのですね。
どんな味なんでしょう?  
なんか実を見た感じから、グミの実のような味を想像しているのですがどうでしょう、酸っぱいのかな?
今度収穫に行ったら、生で食べてみますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夏も終わりですね・・・ 秋が来たと思ったら・・・ >>