思い出の南国ビーチ

徳島市内から約90キロ(高知市内からなら約120キロ)、高知県の一番東の町「東洋町」には、延長約800メートルの砂浜海岸の“生見海岸”があります。
ここ生見海岸は、サーフィンのプロやアマの全国大会のほか、プロの世界選手権なども行われた程の良質な波が押し寄せ、関西を中心に年間9万人ものサーファーが訪れる、全国的にも有名なサーフィンのメッカとして知られています。
a0125598_22241110.jpg

この生見海岸を、初めて訪れたのは3年前の冬のことでした。
サーファーの姿もまばらな海岸に降り立ち、ビーチコーミングを始めてしばらくしたころ、私の相棒“渚の探偵”の歓喜の雄たけびに何事かと近寄り、指さす所を見てみると、このブログのロゴ画像にも使っている『トグロコウイカの甲』が落ちていた、私達には思い出深い海岸です。
a0125598_2234558.jpg

今回久しぶりに訪れた生見海岸、ここにもグンバイヒルガオの花が咲き誇っていました。
a0125598_22372513.jpg

生見海岸の海岸から見た外観が、とてもおしゃれで素敵な白亜のホテル、「生見ホワイトビーチホテル」前の砂浜にも、グンバイヒルガオの群落がありました。
a0125598_22442773.jpg

a0125598_22452385.jpg

このグンバイヒルガオも今年芽吹いた感じではなく、去年から冬越ししているかのような雰囲気。
あまりに勢いのある繁茂の様子に、南国高知を感じずにはいられませんでした。
[PR]

by taibeach | 2009-09-19 23:07 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/8987373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2009-09-19 23:09
ここでスピルラを拾われたのですね。
グンバイヒルガオが花開くと、つい南の島を思ってしまいます。
Commented by taibeach at 2009-09-19 23:24
Shigeさん
そうなんです。 探偵が先に拾って、ちょっとうらやましかったなぁ・・・
グンバイヒルガオ、ここのは茎も太くて勢いがありましたよ~!
Commented by kin at 2009-09-20 07:49 x
ふつうのハマヒルガオのように茂っていますね。

白いスパイラル、トグロコウイカ・・拾ってみたいなあ!!
Commented by taibeach at 2009-09-20 21:18
kinさん
一年ぶりに訪れてみると、すごいことになっていました。
グンバイヒルガオ、確実に北上しています。

先日も徳島県内で、私達の師匠が拾われたそうです。
やはり渚に足しげく通うことと、後は運でしょうか・・・
私も自分で拾いたいな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 非売品!? 常夏の島の陽気なおじさん >>