解禁の渚

他県でもそうだろうけれど、遠浅で潮の流れの穏やかな砂浜海岸は、夏の間は海水浴場が開設されて、渚は多くの海水浴客で賑わうでしょう。
徳島県内の主な海水浴場には、月見ヶ丘・小松・淡島・北の脇・田井ノ浜・大砂などの海水浴場があります。
どこの海水浴場も、夏が来る前になるとビーチクリーンが行われ、我々ビーチコーマーの出る幕はなくなってしまうので、夏の間は海水浴場に近寄る事はありません。

この夏、帰省中の同級生と、(20うん年ぶりくらい・・・)渚でバッタリと再会しました。
彼は今、神奈川に住んでいるのですが、彼曰く「向こうの海水浴場で、そんなカメラを片手にウロウロと怪しい動きをしていたら、すぐに連れていかれるゾ!」とのこと。
彼はBC中の私のことを、遠くから見ていたらしいのです。
はいはい、確かにBC中の私は、自分でも充~分怪しい動きをしているという自覚があるので、反論はしませんでしたよ・・・
そんなことは言われなくったて、重々わかっているので、夏の海水浴場に敬遠してしまいます。

ですが、もう季節は秋。 春に行って以来、夏の間ずっと封印していた阿南の“
北の脇海水浴場”に、行ってきました。
a0125598_223823.jpg

ここの渚も、何かを拾ったという記憶はありません・・・
蒲生田岬のある半島が、太平洋側からの漂着物を、ブロックしてしまうのかもしれません。
それでも、鳴門の海岸でオオムガイが拾われたことがあるとのことなので、いつの日か北の脇でもモダマが拾えるかもしれません。
という思いから、通い続けているのですが、ここの渚は主に「貝拾い」がメインですね。
この日は、台風18号が去って間もないということで、こんなものが漂着していました。
a0125598_22364139.jpg

「ハスノハカシパン」でしょうか、潮が引いて取り残されてしまったようです。
a0125598_22533141.jpg

さっきのは海に返しましたが、この日は渚を歩くと、他にもこれだけ拾うことが出来ました。
[PR]

by taibeach | 2009-10-16 23:03 | 海の生き物 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/9113470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-10-17 00:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by taibeach at 2009-10-17 19:46
鍵コメさん
すご~い! 素晴らしい! ほんと尊敬します。

私も、何となく感じていましたが、でもそんなことがあるなんて、とても腹が立ちます! 気を付けて下さい。
ブログ楽しみにしていますね。 早く見たいなぁ~!!
Commented by beachcomberjp at 2009-10-17 21:00
夏は封印・・・ですか。
暑くて歩けないときは行きませんが、そんなに暑くなけりゃ、ゴーですよ。もちろんカメラ片手に・・・!
Commented by taibeach at 2009-10-17 21:35
Shigeさん
私は海水浴客多い渚はどうも苦手で、やはり敬遠してしまいます。
それに、清掃員が常駐しているのも、理由の一つですね。
でも台風後などは別、夜明けと共にゴー!!です (^^)
Commented by 森の人 at 2009-10-19 10:11 x
私は学生時代,鎌倉の片瀬海岸で頭陀袋を下げて植物採集をしたことがあります。海パンの兄ちゃん達の純粋な奇異のまなざしが懐かしいです(笑)太陽の季節。
Commented by taibeach at 2009-10-19 19:48
森の人さん
私も若い時なら平気でしたでしょうが・・・
昨今は、水着GALのいる海水浴場で、カメラ片手に怪しい動きをするのは御法度でござる。
ムッキムキの若い衆に、しょっ引かれてしまいますゾ! (^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< しどろもどろ バドライター >>