しどろもどろ

 海水浴シーズンは終わったとはいえ、気候も良い秋の北の脇海岸は、渚を散歩する地元の方や近所の子供以外にも、日曜日ともなると、親子連れやカップル、学生グループなどまだまだ訪れる人も多く、思い思いに秋の渚での一時を楽しまれている。
a0125598_20192495.jpg

夕暮れ間近の渚には、そんな楽しい時間を過したであろう、子供たちが造った砂のお城お山が残されていました。

さて私はと言うと、台風18号で打ち上げられた貝殻を、貝ベルトに沿ってチェックして行きます。
a0125598_20314881.jpg

流石に台風後ということもあり、いつもにも増して、「キサゴ」が大量に打ち上げられていました。
そんな貝ベルトの中に、こんな貝を見つけましたよ。
a0125598_2036641.jpg

シドロガイ (Strombus japonnicus) でしょうか、貝殻の表面にはたくさんのフジツボが着いていたので、古い貝殻なのか?とひっくり返してみると・・・
a0125598_20441385.jpg

まだ生きているようで、(生きているのを見たのは初めて)マガキガイのみたいな“爪”のような(あれは蓋なのでしょうか?)を動かせていました。
まだ大丈夫な様子だったので、海に帰してあげましたよ。 元気でね~
[PR]

by taibeach | 2009-10-17 21:20 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/9117187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2009-10-18 13:13
こんなに付着の多いシドロは初めて見ました。
爪のようなのは蓋ですね。シドロは成貝ではべろ~んと殻口部が伸びていますが、幼貝ではコレが無く、昔は別の貝だと思っていました。
Commented by taibeach at 2009-10-18 22:53
Shigeさん
私も生きた貝で、こんなにフジツボをイッパイ背負っている貝を見たのは初めてです。
マガキガイみたいな刀を振り回して、チャンバラを挑んできてました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 神戸 解禁の渚 >>