来たカイがあったよ ウェルかめ~!!

カバザクラの可憐な貝殻につられて、いつの間にやら渚の端から端まで、現地調達のザルを抱えてウロウロ歩くこと2時間・・・
白浜海水浴場の西?端の貝ベルトを、しゃがみ込んでよ~く見ると
a0125598_21333361.jpg

徳島の渚では、あまり見かけることのない(拾えても1~2つ)マメウニが、いっぱい打ち上がっているじゃ~ないですか!
これはこれは!(☆o☆)と、ターゲットを変更して、マメウニ拾いに・・・
小さなマメウニを拾うために、私の目もマクロモードに切り替えると、また次から次へと、いろんなものが見えてくる・・・
a0125598_21454339.jpg

そんな中に、前々からど~しても拾ってみたかったものが目に入った。
カメガイ(亀貝)のお仲間です。  (素人なので種類はよくわかりませんが・・・) 
『ササノツユガイ』 Diacavolinia longirostris (カメガイ目 カメガイ科)でしょうか?
カメガイ類はすべて浮遊性で、足が蝶の翅のように変形していて、それを打ち振って泳ぐので
「翼足類」ともよばれる。 (学研 フィールド図鑑 日本の貝2より)
“クリオネ”は、「ハダカカメガイ」といい、カメガイのお仲間だそうですよ。
お米のもみ殻よりも小さいんだから、なかなか見つからない筈だよね・・・
ようこそ~私の元へ! ウェルかめ~貝!!(^^)
a0125598_2219421.jpg

『マメウニ』 (棘皮動物門 ウニ綱 タコノマクラ目 マメウニ科)
[PR]

by taibeach | 2009-11-11 23:06 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/9231587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2009-11-12 20:26
そうですね、この時期カメガイ類が漂着するのか、時々拾います。
先日の三里浜でもササノツユ拾っています。ただこいつは指先で拾い上げてビニール袋に入れるときに、風に吹かれてしまったり・・・つまんで割っちゃったり・・・と、苦い思い出の多い貝なのですよ。
Commented by kin at 2009-11-12 20:37 x
コメツブウニやマメウニ・・・小さい連中ですが拾い出すと止まらなくなるときがあります。
じっくりと小さいもの拾い・・・寒くなるとキツい時期です。
Commented by taibeach at 2009-11-12 20:50
Shigeさん
私は、カメガイ類を拾ったのは初めてだったので、少し興奮しちゃいました!
私はこういう壊れやすいものを拾った時の為に、フィルムケースをバックに忍ばせています。(^^)
実は私もこの写真を撮る時に、風に飛ばされて数回見失いました・・・
Commented by taibeach at 2009-11-12 20:58
kinさん
そうそう!散々サクラ貝を拾った後なのに、マメウニを拾うのがなかなか止まりませんでした…
Commented by 森の人 at 2009-11-13 14:56 x
すごい!先日森の方でも話していた所です!本当に拾えるんですね。驚きました。
Commented by taibeach at 2009-11-13 18:49
森の人さん
はい、本当に拾えましたよ~(^0^)
マメウニを拾おうと、しゃがんだら目に飛び込んできました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< エチゼンクラゲは来ませんが・・・ 秋のなのに、桜の花びら拾いに夢中 >>