田んぼじゃないけど、畔冬(唐)菜

晩秋の渚に彩りを添えている黄色い花は、ツワブキだけではありません。
海岸の岩場は、まるで黄色のかわいい花のブーケを張り付けたようになっていました。
a0125598_233299.jpg

a0125598_2335194.jpg
                                              撮影地: S浜
この花は、アゼトウナ  ( 畔唐菜、畔冬菜   学名:Crepidiastrum keiskeanum 
キク科アゼトウナ属の多年草で、海岸周辺の岩場に生えています。
a0125598_23104769.jpg

[PR]

by taibeach | 2009-11-21 23:11 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/9283689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2009-11-22 11:40
やっぱり暖かな南国の太平洋側ですねぇ~!
この時期にこんな黄色い花!暖かいイメージがいいなぁ。
こっちは北風が強くて、福井は寄りモノ天国になってきました。
Commented by taibeach at 2009-11-22 12:51
Shigeさん
こちらの渚も北からの季節風が吹き始め、ずいぶんと淋しくなってしまいました。 寒がりの私には、嫌な季節となってしまいます。
でも、収獲なくがっくりとしている私の心を、これらの黄色い花々は元気づけてくれます。
Commented by kin at 2009-11-22 16:18 x
こんな黄色い花があるだけでも岩場が暖かく感じられますね。
こっちはどんどん北風がつよくなってきて花どころではなくなってきました。
Commented by taibeach at 2009-11-22 19:25
kinさん
殺風景な渚となってきましたが、岩場の黄色い花々が心和ませてくれています。
そちらの漂着物も、いよいよ(やっと?)シーズンインですね。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 南四国はシオギク ツワブキ >>