高知の旅(その6) 室戸岬 2

a0125598_11492250.jpg
中岡慎太郎像の向かいの入り口より小道を通り、ウバメガシやトベラなど木々が生い茂る林の中を抜けると、そこは“灌頂(かんじょう)ヶ浜”という渚が見えてきます。
佐伯 眞魚(さえきのまお、後の弘法大師)は19歳を過ぎた頃から山林での修行に入り、御蔵洞(高知県室戸市)で修行をしている時、口に明星が飛び込んできて悟りを開いたといいます。
そして、正当な継承者となるための儀式である「*灌頂の会式」を行ったのが、この室戸岬の灌頂ヶ浜なのだそうです。
 *灌頂(かんじょう)とは、頭頂に水を灌ぎ正統な継承者とする為の、主に密教で行う儀式のことだそうです。 
a0125598_12314422.jpga0125598_12321192.jpg








ここ室戸岬の海岸は、斑糲(はんれい)岩などが海食を受け、海岸段丘や岩礁を発達させた隆起岩石海岸です。
a0125598_12425740.jpga0125598_1243144.jpg











海岸の岩場へと登り、室戸岬から見える雄大な太平洋を眺めてみました!
a0125598_12554871.jpga0125598_1256573.jpg








弘法大師は、 室戸岬へ修行に訪れ、
このように“空”と“海”が交わる雄大な景色を見て、「空海」と名乗ったと言われています。
a0125598_1321963.jpg灌頂ヶ浜は、このような岩場と砂利浜でできています。
引きめの画像で見ると渚の砂利は、「黒色の砂利」と「白色の砂利」で構成されているように見えると思いますが、a0125598_13222119.jpg




この白色の砂利の正体はというと、死んだサンゴ類の欠片が荒波によってもまれ、砂利のように丸く削られて渚に打ち上がったものなのです。
渚では小さなお子様と一緒に、こんなサンゴの欠片を拾い集めている御一家もいらしゃいましたよ~。(^^)
[PR]

by taibeach | 2010-01-10 13:25 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/9621795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2010-01-11 00:57 x
すごい地形ですね!
室戸は何年か前に仕事の関係で訪れたことがあります。
その時の関係者に案内してもらって岬まで行きましたが
時間もなく展望台のようなところから風景を眺めただけ。

遠くてなかなか難しいですけど
機会があればゆっくりと訪れてみたいところですね。
Commented by taibeach at 2010-01-11 18:22
尚さん
ほんとにすごい地形ですよね! この周辺には遊歩道が整備されていて、面白い奇岩を見ることができます。
空海の時代には大変な難所だったことでしょうが、今は国道が通り快適なドライヴができますから、是非訪れてみて下さい!
その折には、徳島にもお立ち寄り下さいね。
Commented by ことまる at 2010-01-11 23:12 x
変わった形です!
そんな訳ないのに、ぐんにゃりと曲がった岩石を見ると柔らかいのか?と確認したくなります。
砂利に見えるくらい一杯サンゴが落ちてるのですね!
浜にサンゴって憧れです。
Commented by taibeach at 2010-01-12 19:55
ことまるさん
地球の力ってすごいですよね! 室戸半島では、白亜紀~現在にかけて、南海トラフからユーラシア・プレートの下に沈みこむフィリピン海プレートが関連する地質や地形を見ることができるそうです。
このサンゴの欠片を見ると、思わず拾って帰る方もいらしゃるようす。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 高知の旅(その7) 室戸岬 3 高知の旅(その5) 室戸岬 >>