高知の旅(その14) 黒潮町入野の浜

今日1月20日は、一年で寒さが最も厳しいとされる二十四節気の“大寒” でしたが、移動性高気圧が通過した影響で、全国的に気温が上がり、徳島県南部の美波町で18.0度。海陽町では19.4度と、まるで春のような陽気の一日でした。(沖縄の先島諸島では、25度を超える夏日となったそうです)
でも大寒は、今日または、1月20日から2月3日までの期間のことでもあり、2月4日立春までは寒さの厳しい日が、これからもまだまだあるのでしょうね。
これだけ暖かいと、今度寒くなった時に風邪でも引かないか心配です…
今日は暖かくいい日でしたが、それ以上に南西からの強い風が時折吹いたことが、私は何より嬉しかったですね。 \(^0^)/ あぁ~早く春よ来い! 漂着物よ来~い!!


さてさて、高知の旅。 道の駅ビオスおおがた・情報館がお休みだったので、駐車場から砂浜ふれあい園路を通って、道の駅の裏手の方にある“入野松原”の方へ行ってみました。
a0125598_20505058.jpg公園内の野球場の横には、大方地区の特産であるラッキョウを栽培する畑が広がっています。
野球場近くの駐車場に車を停め、松原を抜けて入野の浜に出ることにしました。a0125598_20554218.jpg






入野松原には、入野の浜にそって約4kmも続き、なんと数十万本のクロマツが植わっているそうです。
この入野松原は、元々あった自然の松原に加えて、天正年間(1573~92)に、長宗我部元親の家臣の谷忠兵衛忠澄が中村城代であった頃に、罪人の植林させたものや、宝永4年(1707)の大津波後の復旧策として、クロマツを各家6本づつ植えさせ防潮に備えたもの等からできたと言われています。

a0125598_2124499.jpgこの大方地区の名勝・入野松原を抜けると、そこには入野の浜の渚が広がっています。
a0125598_2125109.jpg







ここ入野の浜は、白砂青松の海岸が4kmも続く広大で美しい渚。 砂浜美術館のTシャツアート展が開催されていることでも有名な渚ですね。 私が初めてこの渚を訪れた時にも、ちょうどTシャツアート展が開催されていて、その素晴らしさに感動をした思い出の渚なのです。
a0125598_21491686.jpg
a0125598_2156194.jpg








a0125598_21565977.jpg
砂浜美術館の渚、さすがにこんな冬場にノコノコやってきたのでは・・・
とも思いましたが、一応漂着物を探して歩いてみましたが、結局 ↑ こんなモモタマナを見つけただけでした。
そりゃそうだろう・・・

白い砂浜の貝ベルトには、小さくかわいいハスノハカシパンや貝殻なんかが、たくさん打ち上げられていましたよ~! (^^)

a0125598_22184783.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-01-20 22:19 | 高知県 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/9715204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2010-01-21 20:59 x
松林が見事です。
あと、変わった巻貝が拾えるのですね。
モモタマナ、コルク質がボロボロになっててもやっと浜について会えたのでいつも拾ってしまいます。
Commented by taibeach at 2010-01-21 21:54
ことまるさん
ほんと立派な松林です。 白砂青松のお手本のような渚も素晴らしいですよね!
この渚は、小さな二枚貝の貝殻がたくさん打ち上がっていて、とても綺麗でしたよ。 一日かけてじっくりと、貝拾いしたいくらいでした。
巻貝はそんな渚で拾った“ミクリ3兄弟”(上からシマアラレミクリ、ミクリガイ、シマミクリと思う)です。 中でもシマアラレミクリは初物で嬉しかったです!
Commented by beachcomberjp at 2010-01-22 18:39
シマアラレミクリ・・・わたしのフィールドでは見たことがありません。いい貝ですね~!
Commented by taibeach at 2010-01-22 19:15
Shigeさん
ミクリガイやシマミクリなどは、良く拾えるますが、シマアラレミクリは私も初めて拾いました。 さすがに高知!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 高知の旅(その15) 入野~双海海岸 高知の旅(その13) 黒潮町浮鞭海岸 >>