21世紀枠に推薦します!

a0125598_21205484.jpg日曜日に訪れた阿南市の北の脇海岸。 
去年の台風でやってきた漂着物の、“落ち穂拾い”のつもりで歩いた海岸の端っこで、奇跡的にモダマに出会えてウキウキ気分!
モダマを拾ってもう満足したので、そのまま帰っちゃおうか!って気分でしたが、もう少し渚を歩いてみることにしました。
a0125598_2153642.jpg


渚は干潮に向って、潮が引き始めています。
潮か引いた波打ち際を、サクラガイやベニガイの貝殻はないかと歩いていると、引き波に置いてけぼりにされてしまったナミノコガイが、たくさん顔を出していました。
拾い放題のナミノコガイ、これじゃー波の捨て子です・・・(ナミノコガイって、食べられるのかなぁ?)

さて、夏季には海水浴場として大勢の人で賑わう北の脇海岸ですが、冬場のこの日も砂遊びの親子連れ、散歩やランニングをする方、陸上部のトレーニングなどそれぞれの目的があり、多くの方が海岸を訪れていらしゃいました。
a0125598_22194288.jpg
そんな北の脇海岸で、ゴミ袋を手に海岸清掃に汗を流す野球のユニフォーム姿の一団。
彼らは、徳島県立阿南工業高等学校の野球部の皆さんだということです。
渚をプラプラと歩く私にさえ、すれ違う際には、こんにちは!と気持ちのいい挨拶をしてくれます。
かつて甲子園で活躍した徳島県代表の池田高校は“さわやかイレブン”と呼ばれたことがありましたが、阿南工業高等学校野球部の、高校球児らしく礼儀正しい彼らの態度に触れ、私の心にも爽やかな風が吹きぬけました。
これも監督さんはじめ先生方の指導が、部員達にキチンと浸透しているからなのでしょう。 
快晴の日曜日、こんな日は他の高校生のように遊びに行きたいでしょうが、なんだか楽しそうに清掃に取り組んでいる子もいて、モダマを拾ったことよりも嬉しくなっちゃいました。
春にはセンバツ野球大会がありますが、私なら21世紀枠に阿南工業野球部を推薦しますよ。
a0125598_23105253.jpg
清掃が終わりキレイになった北の脇の渚を、夕日に向かって!ではなくて、夕日を背に浴びながら最後は皆でランニングです!
若い人たちが、地域の宝でもある渚を守るために力を貸してくれる、なんて素晴らしいことなのでしょうね! この清掃をきっかけに、漂着ゴミについても考えてくれればと思います。
[PR]

by taibeach | 2010-01-26 22:43 | 瀬戸内海 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/9774216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2010-01-27 23:19 x
良いですね~さわやかな高校球児達。
こんな子達が居れば未来は明るいなって安心します。
Commented by beachcomberjp at 2010-01-28 10:13
ナミノコ・・・蜆同様に小さいけれど良いダシが出ますよ。
塩抜きして食っている地域もありますからね。
Commented by taibeach at 2010-01-28 18:36
ことまるさん
このような美化活動を通して、若い方たちが海岸環境について興味を持ってくれるということは、大変素晴らしいことですね。
爽やかな彼らと出逢い、私の心も爽やかないい気分になりました。
Commented by taibeach at 2010-01-28 18:40
Shigeさん
すばらしい情報ありがとうございます!
ナミノコガイ、是非今度食してみたいと思います!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 高知の旅(その18) 足摺岬の朝 落ち穂拾いで、お年玉! >>