高知の旅(その19) 足摺岬の朝 2

今朝の最低気温は1.9℃でしたが、私の職場の水たまりでは氷が張っていました。
昼間は最高気温は14.6℃ということですが、風がなかったからか、少し動いただけで汗だくになるくらいの暖かさでした! 三寒四温で春になっていくと言いますが、今は「朝寒昼暖」って言葉が当てはまりそうです。(笑)

【 高知の旅 3日目 】
a0125598_22475568.jpga0125598_22482375.jpg


私が足摺岬で、お日待ちした 日の出を見た
足摺岬灯台の下の展望所は、「亀呼び場」と呼ばれている所。
この亀呼び場という所は、足摺の七不思議のうちの一つだそうです。
弘法大師がここから亀を呼び、この先の岩礁(不動岩)に波きり不動を刻むために、毎日亀の背中に乗って渡り祈祷をおこなったとされています。 今でもここから「亀さ~ん!」と叫ぶとウミガメが姿を現すとか・・・(というウワサ) 私も「ウェルかめ~!」と言ってみましたが、亀は現れず代わりに観光客に笑われただけでした。
a0125598_23252114.jpga0125598_23271859.jpg








さて、私が車を停めた駐車場の向かいには、四国八十八箇所霊場の第三十八番札所の金剛福寺(こんごうふくじ)があります。  寺の山門をくぐってすぐ横の清めの手洗い場の、噴水?も亀の像になっています。
さらに本堂前の池の前には、奉納された所願成就の大きな亀の像が安置されています。
a0125598_2344679.jpga0125598_23483620.jpg
 →  金剛福寺本堂 



a0125598_2354230.jpg
金剛福寺の本堂には、銭亀おみくじというおみくじがあります。
このおみくじは、金財招福の銭亀(小さな金色のカメのお守り?)が付いていて、この銭亀をお財布の中にいれておくと、お金が入ってくるのだとか・・・
← これは去年の銭亀なのですが、これはお返ししてまたおみくじを引き、新たな銭亀をGETしてきました。 今年は2年目、少し御利益があるかな?

室戸岬の最御崎寺、そして足摺岬の金剛福寺と四国を代表する岬のお寺でのお参りも済ませたので、さぁ今日の渚へ出発!のはずでしたが、とここで足摺岬へと来たもう一つの大事な目的を思い出し、また再び遊歩道へと引き返したのでした・・・
[PR]

by taibeach | 2010-01-30 23:57 | 高知県 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/9815283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kin at 2010-01-31 09:31 x
いかにもお金がたまりそうですね!

海からの日の出もいいですね、こんなの見るといいことありそうです。
Commented by taibeach at 2010-01-31 10:16
kinさん
ははは、これでお金がどんどん入ってくればいいんですけどね。(^^) 5年くらい通わなければ、御利益は現れないかも・・・

海の日の出、どこでも同じのようですが、やはり場所により味わいが違います。 もっといろんな場所から日の出を見てみたいですね!
Commented by ことまる at 2010-01-31 19:45 x
日の出、はっとするほどきれいです!!
お寺の手水のカメが可愛らしい♪奉納されたカメの方は立派で堂々としていますね。海がめ好きには堪らないお寺さんです。
Commented by taibeach at 2010-01-31 20:10
ことまるさん
ありがとうございます!
本堂横の池には、本物の亀もいるらしいのですが、今は冬なので冬眠していました。
ホント亀づくしで、ウェルかめ~って感じのお寺です!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 高知の旅(その20) 足摺岬の朝 3 お日待ち >>