カテゴリ:打ち上げ貝( 122 )

 

来月からは・・・

今日で、台風に振り回され続けた10月も終り・・・ ということで、私のブログも10月の浜歩きネタが、一カ月遅れでスタートです。(^^;)
10月最初の日曜日に訪れた、高知県東洋町の白浜海水浴場。
この日は朝から真っ黒な雲に覆われて、今にも雨が降り出しそうな感じだったのですが、渚を半時間ほど歩いた頃から晴れ間が見えるようになりました。 
a0125598_19584555.jpg
ここ白浜海水浴場は、一年を通して浜掃除☟が行われているので、何か流れ物(人工物)を見つけた!ということはありませんが
a0125598_19585648.jpg
これからの季節は、渚を歩く人も少なくなるので、静かな渚にじっくりとじゃがみ込んで、きれいな打ち上げ貝を拾うことのできる楽しみな季節です。a0125598_1959631.jpga0125598_19591634.jpg











a0125598_19593999.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-10-31 23:00 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(8)  

薄色夏桃

先日訪れた県南・海陽町の大砂海水浴場
この日訪れた渚はどこも散々な結果だったので、あまり期待せずに歩き始めたのですが、歩き始めてすぐにエボシガイ付きの瓶を見かけたので、ちょっと期待が膨らみます。
見かけたビンが、医療廃棄物のビンじゃなかったらもっと良かったのですがねぇ・・・
a0125598_0161148.jpg
さらにその近くでは、干からびてはいましたが、ギンカクラゲの円盤を発見!
これは~!とテンションも上がってきましたが、これで終了。  あぁ… 今年はこんなのばっか
a0125598_01725.jpg
ウスイロナツモモが打ち上がってたので、拾い上げてみたら反対側が欠けていました・・ ・(>_<)
a0125598_0163667.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-09-23 21:00 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(2)  

羽箒貝

先日訪れた県南・海陽町那佐湾
a0125598_1625542.jpg
渚には殻長が30㎝を越える大きな貝殻がたくさん打ち上げられていました。
吉野川河口の小松海岸でよく見られる「タイラギ」の貝殻によく似ていますが、タイラギの貝殻よりちょっとスリムで長細い貝殻。
a0125598_1632135.jpg
この貝は、『ハボウキガイ』(羽箒貝・羽掃木貝、英名:pen shell )
名前の由来は、貝殻が細長くて羽箒(はぼうき)☟形をしているところからきているのでしょうか。
a0125598_16272111.jpg
房総半島以南の熱帯太平洋およびインド洋に広く分布し、潮間帯から水深5メートルのアマモの生えている細砂泥底に生息している貝。
タイラギのように貝柱の部分は食用になるようですが、貝殻の割に食べられる部分は小さく、味もタイラギと比べてイマイチだとか・・・(^^;)
a0125598_1634126.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-09-14 16:42 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(4)  

ちまちまと貝拾い

九州に上陸した台風17号の影響で、今日の徳島県南は大雨
その後、高知県の西に再上陸した後温帯低気圧に・・・ 雨は降れども風は弱い・・・ 
しかも午後からは強い北風がビュービュー! Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

さて、日曜の浜歩き。
白浜海水浴場でのコーヒーブレイクが終わった頃には、雨も小ぶりになって来たので、生見海岸に移動して渚出てみました。 
先程まで雷がゴロゴロと鳴っていたからでしょうか? 珍しく海の中にサーファーさんの姿は見られません。 やっぱ雷が鳴っている時、水の中は危険ですから、安全第一ですよね! 
a0125598_20573937.jpg
ここ2~3シーズンの間、好調だった生見海岸ですが、この日の渚は漂着物もごくわずか。 
なんだか数年前までの、何にも拾えない元の生見海岸に戻ってしまった感じ・・・
しかし、先を急いだところで、この後も漂着物を期待することはできない今の状況。
仕方がないので、雨の中渚にしゃがみ込んで、ちまちまと貝拾ういすることにしました。
a0125598_20581782.jpg
この日の干潮は、うまい具合に午前中。 傘を差しながらの貝拾いはちょっと邪魔くさかったけれど、久しぶりに楽しむことができましたよ! o(*^▽^*)o~♪
a0125598_2058176.jpg
a0125598_2058442.jpg
a0125598_20584939.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-09-04 22:21 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(12)  

小松のバカガイ

今日の徳島県南は、南海上の前線や低気圧の影響で雲が広がり、お昼を中心に雨となりました。
最低気温は各地とも20度以下となり、私も今朝は寒さで目が覚めてしまったほど。 
だからか、今日は鼻水がズルズルと・・・ 風邪ひいちゃったのかな?
前線が停滞したこともあるだろうけれど、処暑を過ぎてすぐにこの気温の低下、やっぱり“暦通り”ということなのでしょうかね? (^^;) 
最高気温も、阿南市蒲生田 24.8度、美波町 24.5度、海陽町 23.8度と25度を下回り、あれだけ暑かった日々が、まるで夢だったかのように涼しい一日となりました。

さて、土曜日に訪れた小松海岸の渚
干潮で潮が引いた砂浜にはバカガイが、たくさん打ち上げ?られていました。
a0125598_20465481.jpg
しかもほとんどが中身入りで、傷み始めていたのもあったのか、ちょっと異臭も・・・
a0125598_2047548.jpg
海の中には、腰まで水に浸かってバカガイを掘る人や、打ち上げられる前の貝を拾う方の姿も
a0125598_20471875.jpg
一所にバカガイばかり落ちていた所は、食べられない貝をここにまとめて捨てたのかもしません。
a0125598_20472827.jpg
潮が大きく引く時期も、夏と同様ほぼ終わり。 今シーズンのバカガイ漁も、もう最後かな?
a0125598_204743100.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-08-26 22:07 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)  

青貝の見つけ方

今日もまた、暑かったですねぇ~! 
昨日は那賀町木頭で34・1度と、17日の全国最高気温を記録した徳島。 
今日の徳島県南の最高気温は、阿南市蒲生田で28.2度、美波町31.4度、海陽町32.8度。
明日以降は、湿った空気や梅雨前線の影響で雨が降りやすいとの予報。
また、週末には台風4号が接近するとの予想ですが、さて本当に雨は降ってくれるのか・・・?

さて、先日訪れた県南・牟岐町の渚。
海藻いっぱいの漂着帯を歩いていたら、海藻の中からルリガイの☟青い色がのぞいています。
a0125598_2191683.jpg
徳島県南で青い貝を拾うには、やはり漂着したばかりのタイミングで拾うのがベスト。
それを逃してしまうと、大量に打ち上げられた海藻に紛れ込んでしまったり、砂に埋もれてしかったりして、見つけだすのは非常に困難になりますし、貝殻も傷んでしまいます。
a0125598_2195845.jpg
でも運が良ければ、海藻の間から顔を出していたり☝
a0125598_21104168.jpg
海藻の中から取り出した釣り浮きに☟くっ付いていたりするかもしれません。(笑)
a0125598_21105094.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-06-18 22:07 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(8)  

星宝

今日は用事があって、早朝から県北・鳴門方面へ
朝、北灘町に向かっている時は、どんより曇っていて雨もパラついていたんだけれど、お昼にはピーカンのお天気に・・・(>_<)
a0125598_21242582.jpg
                                 (ポカリスエットスタジアム)
鳴門・大塚スポーツパークに植えられている『モミジバフウ』(紅葉葉楓/別名:アメリカフウ)
a0125598_2118093.jpg
木を見上げてみると、トゲトゲの果実がたくさん実っていました。
この実、クリスマスリースの材料に最適なんですよね~♪  秋にまた、拾いにこよ~っと(^^)
a0125598_21181010.jpg

さて、そんな訳で今日は海には行っていないので、先週訪れた県南・牟岐町の渚☟
a0125598_2118295.jpg
渚の貝ベルトをチェックしていたら、「ホシダカラ」(星宝)の幼貝が打ち上げられていました。
a0125598_21184093.jpg
ホシダカラの日本での分布は、紀伊半島以南となっていますが、打ち上げではあまり見かけることのないタカラガイ。 幼貝だけど、ちょっとうれしい拾いものでした~!\(^0^)/
[PR]

by taibeach | 2013-06-16 23:00 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(4)  

八代貝

今日は少し北風が強く、ひんやりとした朝となった徳島県南。 
今週は、暖かな朝が続いていたので、外に出たとたん、ブルッとしました。 ・・・と言っても、気温的には2、3度下がっただけなんですけどね~ (=^‥^A アセアセ・・・
a0125598_20132731.jpg
さて、このところ、どうも打ち上げ貝が不作なのですが、久しぶりに「ヤツシロガイ」が打ち上げられているのを見かけました。
a0125598_20134741.jpg
見たところ大きな欠損もなく、キレイな貝殻だったので、お持ち帰りしようと拾いあげて裏返してみたところ、半乾きの中身入り・・・ Σ(゚口゚;
中身を抜けばいいんだけれど、面倒なんで、そっと元あった所に戻しました。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
a0125598_20135788.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-05-17 22:00 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)  

アヤメの輝き

今日5月5日は子供の日。 古来より「端午の節句」(菖蒲の節句)として、男子の健やかな成長を願い、五月人形などを室内の飾り、こいのぼりを立て、ちまきや柏餅を食べる風習があります。
その他、菖蒲の葉が剣を形を連想させることや、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることから、菖蒲湯に入る風習などもよく知られていますね。
漢字で『菖蒲』と書いて“アヤメ”とも読みますが、菖蒲湯に入れる菖蒲(ショウブ)と菖蒲(アヤメ)は、まったくの別植物。 「アヤメ」はアヤメ科アヤメ属の多年草ですが、「ショウブ」は、池、川などに生える単子葉植物の一種でサトイモ科ですね。
a0125598_2015084.jpg
さて、昨日は県南某所で見頃を迎えていたアヤメの花を観賞してきましたよ。
青みがかった紫色の花弁に、黄色地に紫色の綾目模様が魅力的な花ですね!
a0125598_20153055.jpg
さてさて、アヤメと言えば、アヤメダカラですね! なんか無理やり・・・~(=^‥^A アセアセ・・・
a0125598_20154245.jpg
a0125598_20174455.jpg
先日訪れた高知県東洋町の渚で拾ってきたのですが、アメジストのような紫色が美しい-♪
さて、私のGWも今日で終わり、明日からまた仕事です。 よし、頑張るぞ~!(^^;)
a0125598_20155427.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-05-05 21:10 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)  

馬鹿貝塚の謎

a0125598_21171636.jpg
来月、5月19日(日曜日)午前10時より、徳島市の小松海岸におきまして、今年2回目の『海の観察会』が開催されます。
次回の『海の観察会』は、徳島県立佐那河内いきものふれあいの里の「ネイチャーセンター」との共催で行われますが、参加はもちろん自由です! \(^0^)/ 
今年は、ビーチコーミングを始めてみようかな~!と、お考えになっている方は、観察会当日、小松海岸の公衆トイレ横の駐車場に午前9時50分までにお集まり下さいね。

さて、前回3月に開催された観察会の浜歩きの時に、海岸に大量のバカガイの殻が、貝塚のように捨てられて?いるのを見かけて、仲間の「とーまさん」と共に、なぜバカガイの殻だけが一か所に、こんなに纏まって大量にあるのか?と色々想像していたのですが・・・
a0125598_20363791.jpg
先週末の土曜日に小松海岸を訪れて、その謎がやっと解けました。
この日は春の大潮で、渚はかなり潮が引いていました。 
満潮線は、葉っぱや木の枝などで出来た漂着帯の辺りですから、いかに潮の引きが大きかったのかがよくわかると思います。
a0125598_21402966.jpg
そんな潮の引いた砂浜では、数人の方が潮干狩りの真っ最中!
a0125598_2140556.jpg
男性陣は、足まで海につかりながら農業用のレーキを引っ張り、女性陣は熊手ではなく、何故か草刈鎌で砂浜をひっかくようにして貝を捜しています。
a0125598_2141883.jpg
一体そんな方法で掘り当てる貝とは何だろう?と、尋ねてみたところ、バケツの中には約7~8㎝程の立派なバカガイが!
a0125598_21412066.jpg
レーキを使っていたオジサンに、どれくらい獲れるものなのかと聞いてみたところ、大体50~60個は獲れるとのこと。 結構たくさん獲れるものなのですね!
バカガイの名前には諸説あるようですが、どうやら馬鹿みたい(非常に、凄く)にたくさん獲れるという説が有力かもしれませんなぁ。(^^;)
前回の観察会で見たあのバカガイ貝塚も、そんなたくさん獲れたバカガイの身を食べた残りの貝殻が捨てられたものなのでしょうね。
[PR]

by taibeach | 2013-04-29 23:18 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)