カテゴリ:日本海( 6 )

 

憧れの渚で、ビーチコーミング!2

山口県を訪れたなら、絶対に行ってみたかった角島。
そしてその角島に行く機会があったなら、絶対に歩いてみたかったのが、角島へと渡る角島大橋(本州側)の袂 西側に広がる渚。
渚に降り立つと、砂浜にはいい感じで漂着物が散乱しています。☟
しかし、やはり有名な観光地なので浜掃除などが行われているのでしょうか?私が考えていたよりも漂着物は少なめ・・・ 
しかもこの日はかなり北風が強くって、渚の漂着物は次々に砂に埋もれていってました。
a0125598_19151829.jpg
西側に広がる砂浜を400メートルほど進み、小さな岬をまわると今度は南側へと延びる砂浜。
この砂浜は、写真の奥に見える☟オレンジ屋根の建物・「ホテル西長門リゾート」前へと続く。
西長門リゾートは、秘密のケンミンSHOWの連続転勤ドラマ 辞令は突然に…の中で、はるみさんが入っていた雄大な響灘と美しい角島を一望できる露天風呂があるホテルですね。(^^;)

ホテルの前の砂浜は、プライベートビーチになっているようで、そちらは流石に浜掃除が行き届いているようだが、この小さな岬周辺にはこんな感じ☟で漂着物が堆積中!
a0125598_19154339.jpg
ハイきましたドーン! よしゃ~! そうそう、こういうのを待ってました~! \(^0^)/
“海豆、アオイガイ、ガラス玉~!” 魔法の呪文を唱えながら全神経を集中し、目ん玉かっぴらいて探しましたが、結局何もアオイガイの欠片も発見できず惨敗・・・
a0125598_19155664.jpg
渚で見つけたものと言えば、オレンジ浮きのブルーバージョンでしたが
a0125598_1916798.jpg
砂に埋もれていた部分が見事に欠損 (>_<)
a0125598_19161610.jpg
やっぱりオフシーズンの日本海側の渚でお宝を拾おうってのは、ちょっと虫が良すぎですね。
出来ることならもう一度、漂着シーズン真っ只中に再訪してみたいなぁ~! (^^)
a0125598_19164861.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-10-07 20:52 | 日本海 | Trackback | Comments(6)  

憧れの渚で、ビーチコーミング!

先日の中国地方旅、私にはど~しても行ってみたかった所がありました。
それが海の向こう側に見える場所☟ \(^0^)/
a0125598_1828353.jpg
そんでもって、海を挟んで反対側から見た風景がコチラ☟ 
上の写真の道路は、実は橋の上だったんです。(道が渋滞していたので撮れました ^^;)
a0125598_18291532.jpg
で、ここがどこかと言いますと・・・ 山口県の北西、本州最西端じゃなくって山口県 の北西端。
日本海(響灘)上にある、映画やテレビのロケ地として有名な島・『角島(つのしま)』
そして、その角島と本州を結ぶのが、離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路としては、日本屈指の長さ(1780m)を誇る、平成12年度(2000年)に開通した角島大橋(YouTube)
a0125598_183019.jpg
角島や角島大橋のことは前から知っていたのですが、今年の春に放送された「秘密のケンミンSHOW」の『連続転勤ドラマ 辞令は突然に…』で。角島大橋の本州側の渚☟が映っていて、いつかここでビーチコーミングをしてみたいなぁ~!って思っていたんだ。  
だから興奮のあまり、指☝が☟写っちゃいました~! (笑)
a0125598_18302412.jpg
渚の砂はきれいな白砂で、打ち上げ貝の様子なんかは、高知県の塩屋海水浴場の砂浜と、なんだか感じが似てるような気がしたよ。(^^;)
a0125598_18303661.jpg
a0125598_18304786.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-10-06 18:00 | 日本海 | Trackback | Comments(4)  

初ムラサキ

さぁ、今日で私の初・日本海ビーチコーミング、山口県・只の浜レポもこれで最終回です。
a0125598_2161764.jpg
渚で見つけたハツユキダカラの亜成貝☟
ちょっとエージングが進んでいて、艶のない貝殻でした。
a0125598_216351.jpg
いつもの私なら、拾わずスルーしてしまうところですが、日本海の渚で初めて見つけた日本海産タカラガイということで、迷いなくお持ち帰り即決です!(^^;)

さて、そんな渚で次なる獲物を物色していた私の目の前に現れたのは・・・
・・・イカ?  コウイカ? いや、よく見るとちょっと違うね。 
a0125598_2165435.jpg
只の浜はそんな広い海岸ではないけれど、渚には7~8匹同類の軟体動物が、今まさに漂着中!
なんだろう??? 徳島県の渚では見かけたことのない種類だね・・・
あぁ、あれか! 日本海側の渚によく漂着するというソデイカってやつか !?
いやいや、ちょっと待てよ・・・ ソデイカってもっと巨大で、色も赤っぽかったような・・・
a0125598_2171282.jpg
・・・と頭の中ではこいつの正体について色々な考えを巡らせたのですが、結局いくら考えてもわかる筈もなく・・・ そらそうだ! 知らないものをいくら考えてもわからないのは当たり前か(^^;) 
結局家に帰ってから、画像を見ながら調べたのですが、どうやらこの軟体動物、イカではなく、『ムラサキダコ』という蛸だったようです。
ムラサキダコ(紫蛸)はその名の通り、全身が紫色をしていて腹面は銀色。
マダコなどと違って底性ではなく、表中層浮遊性のタコで大群をつくることもある。
ここ只の浜のある山口県長門市の深川湾の北、日本海に浮かぶ青海島には、毎年8月頃になるとこのムラサキダコがよく漂着するのだとか・・・  へぇ~(^^)
a0125598_2172148.jpg
このムラサキダコについて面白いお話をもう1つ。
ムラサキダコは幼体の頃、「カツオノエボシ」を捕食して、カツオノエボシの刺胞を自分の体の中に取り込み、その刺胞を武器にする「盗刺胞」という面白い生態を持っているそうですよ。
[PR]

by taibeach | 2013-10-03 23:19 | 日本海 | Trackback | Comments(8)  

中華沈子

只の浜の渚には、カラフルな漁網の塊が漂着していました。
a0125598_19295331.jpg
近寄って漁網の中を覗き込んで見ると、ビーチコーマーにはお馴染の豆型浮きや白い球型の浮きなどが見え、中国の漁網だとわかります。
a0125598_19302494.jpg
さらに漁網をチェックしていると、陶器製の沈子がついているのを発見。
a0125598_19303497.jpg
網から切り離して持ち帰ってきましたが、手作りで大量に製造しなくてはならないからか、デコボコしていて、つくりはちょっと雑な感じですね・・・
a0125598_1931624.jpg
手持ちの地元の漁港でかつて使われていた陶製の沈子(左右)と比べてみたのですが、中国製の沈子は少し長くてスリム。
a0125598_193172.jpg
ロープを通す穴まわりの仕上げ処理も、やっぱり雑・・・(^^;)
a0125598_19312371.jpg
徳島の渚には、中国の浮きなら種類的には日本海側と変らず漂着しますが、沈子となると流れ着くことがないので、今回は実に興味深い拾いものとなりました。
a0125598_19312461.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-10-02 21:05 | 日本海 | Trackback | Comments(9)  

秋の新色?

私の日本海での初ビーチコーミングの舞台となった、只の浜海水浴場。
a0125598_20485429.jpg
渚には、漂着物としてはお馴染の、「アナゴウケ」の中に入っている餌籠(韓国製?)が漂着していたのですが、この餌籠はナントこのような☟緑色
a0125598_2049929.jpg
今まで四国の太平洋側の渚では、赤や白(たまに黄色)の餌籠しか見たことがなく、私もこれが初見だったのですが、日本海側の渚にはよく流れ着いているものなのでしょうか?
それとも、この秋の新色なのかなぁ~? \(*^0^*)/
a0125598_20492617.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-10-01 21:33 | 日本海 | Trackback | Comments(10)  

危険! ガス漏れ注意!

中国地方旅で立ち寄った、山口県長門市の只の浜。
ここは海水浴場なので、つい最近までは浜掃除がされていたと思うのですが、先日の台風の影響なのでしょうか? 渚には漂着物がちらほら・・・
a0125598_21222680.jpg
漂着物の中には、こんな☟プラスチックの龍(春節の飾り?)や
a0125598_21224699.jpg
中国や韓国の食品パッケージなど、大陸を感じさせる漂着物が多く、目の前の海の向こう側すぐ近くには大陸があるんだなぁ・・・と改めて思った。a0125598_21262642.jpga0125598_21263523.jpg











そんな漂着物の中で見つけた漂着ライター☟
ライターには男性の写真がプリントされていて、日本のお笑いコンビ、「FUJIWARA 」の原西 孝幸さんに似ていたので、中国系のコメディアンなのかも・・・と思い、帰って調べようとレジ袋の中に放り込んで歩き始めたんだけれど・・・
a0125598_21274479.jpg
しばらくすると持っていたレジ袋の中から、“ブシュ~!”という音と共に、ナント!ライターのガスタンクが破裂!(◎_◎;)ドキッ~!!
ガスの残ったライターを拾って帰るのはとても危険なので、皆様もご注意くださいね!
[PR]

by taibeach | 2013-09-30 22:11 | 日本海 | Trackback | Comments(4)