<   2009年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

夏も終わりですね・・・

今日は早起きして、朝のうちにどこかにビーチ-コーミングに出かけようと思っていたけど、目覚ましを消して2度寝してしまい、結局行きそびれてしまった・・・
午後も、小学生の姪が夏休みの自由研究で「貝殻採集」をしたので、貝の名前を教えてというので、8月最後の日曜日は姪の貝殻採集で卓上ビーチ-コーミング!?でした。
a0125598_223025.jpg

夕方に立ち寄った田井ノ浜ですが、海水浴場は閉鎖され、浜茶屋はもうすでに跡形もなく撤去されていました。
賑やかだった夏は去り、渚はまたいつもの静けさを取り戻しつつありました。
そんな渚に漂着していたのは、
a0125598_22502672.jpg

こちらのエボシガイをたっぷりと付けた青いプラ籠でした。
こんな大きな籠で、何をすくったのでしょうか?  
[PR]

by taibeach | 2009-08-30 22:58 | 徳島 県南海岸 | Trackback | Comments(2)  

渚の健康食品

私のビーチコーミングの楽しみは、漂着物だけではないということは、このブログをご覧下さっている方は気付かれていることでしょう。
というかホントのところは、「おっ!これはスゴイ!」というものが滅多に拾えないので、周りをキョロキョロとただ見ているだけのことなのですが・・・  (何か御土産に持って帰るものはないかな~?という貧乏根性丸だしですね・・・)
7月中旬に、美波町の由宇の浜という海岸へ行った時に見つけた小さな紫色の花。
師匠の茨木先生に聞いてみたところ、「それは、クコですよ。」と教えて頂いた。
海岸では、時々生えているのが見られるそうである。
a0125598_0145148.jpg

クコ (枸杞) 学名 Lycium chinense 中国原産のナス科の落葉低木  外来種です。
大きな木の生えにくい環境の、ある程度湿り気のある水辺の砂地(河原や海岸など)を好み生育するが、比較的乾燥にも強いそうである。

先週再び訪れると、真っ赤なかわいいクコの実が出来ていました。
a0125598_0174862.jpg

この果実は酒に漬けこんで“クコ酒”にする他、生食やドライフルーツで利用されます。
私は、中華ファミレスの「バー〇ヤン」のデザートの“オーギョウチイ(愛玉子)”という台湾のスイーツがあるのですが、その中にクコの実のドライフルーツが入っているのを食べたことがあります。 (オーギョウチイ、結構好きです。)

クコは昔から、果実は枸杞子(くこし)、根皮は地骨皮(じこっぴ)、葉は枸杞葉(くこよう)などと呼び、生薬として利用されてきた「健康食品」なのです。
果実を乾燥させた枸杞子は、滋養強壮、強精薬、糖尿病や眼病の治療薬として利用されてきました。
他にも、血圧や血糖の低下作用、抗脂肪肝(肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ)作用があるなど、おやじにやさしい効能があります。
また、根皮(地骨皮)・葉(枸杞葉)にも血圧や血糖の低下作用があるそうです。
これからは、渚に通ってクコの実のドライフルーツとクコの葉茶で、健康になろ~と!!
[PR]

by taibeach | 2009-08-30 01:14 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

秋が来たと思ったら・・・

ここ3日ほどは、それまで暑かった最高気温も30度をきり、最低気温も25・26日と20.4度と朝方、肌寒くて目が覚めるくらいになり、もう夏も終わりかな・・・なんて思っていました。
しかし今日 (→昨日)は、また夏の暑さに逆戻り日差しが痛いほどに照りつけていました。
でも、汗をかいた体に心地よく感じる風からは、やはり秋の気配が何となく感じられました。

まだまだ夏の県南の海岸では、ハマアザミのピンクの花が綺麗に咲き誇っています。
a0125598_018140.jpg

  ハマアザミ (浜薊)   Cirsium maritimum   キク科 アザミ科 
  別名 (ハマゴボウ)  海岸の砂地や礫地に生える多年草
夏の太陽に照らされて、ピカピカ光る大きな葉っぱはトゲトゲがいっぱいで、うっかり触れようものならチクチクと超痛いのです!
別名のハマゴボウは、根がゴボウに似ているからですが、根は食用になるそうです。
高知県の室戸の方では、根をきんぴらにしたり、ハマアザミの新芽を白和えや酢びたし、みそ汁の具にしたりして食べるそうです。
また魚のすり身にアザミを刻んで入れて揚げるなど、天麩羅にしてもおいしいそうですよ。 
皆さんも一度、お試しになってみてはどうでしょうか?
[PR]

by taibeach | 2009-08-29 00:53 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

謎のヒョウタン

先日、S浜で初めてニッキ水のひょうたん型のビンを拾ったが、ここ下明丸の浜でもひょうたん型の(ビンではなくプラスチック)容器が漂着していました。
a0125598_18585997.jpg

この容器、時々漂着しているのを見かけます。  ひょうたん型だからか、印象に残りますね。 
そんなに大きな容器ではありません。  10センチ程度でしょうか、40ccと60ccの目盛りが付いています。 
私の感じでは、なにかの薬かドリンク剤の容器のように思いますが、どうでしょうか?

a0125598_19111382.jpg
 
この日の下明丸の浜の漂着ウキは、こ~んな感じでした。
[PR]

by taibeach | 2009-08-27 19:16 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(0)  

大きくなって帰っておいで・・・

ベトナムウキの他は大したものも拾えず、それなら打ち上げ貝でも・・・と思い、波打ち際にしゃがみ込んでみると、タコノマクラの欠片が落ちていた。
周りを見回してみると、「あっ、あっちにも」 「おっ、こっちにも」と次々にピースが見つかる。
渚のジグソーパズルを楽しんでいると、後ろの方から「バシャバシャ!」と音がする。
音の方を振り向いて見てみると、そこには・・・
a0125598_23232159.jpg
a0125598_23234127.jpg

マリンブルーが鮮やかなトビウオの子供が、波打ち際でピチピチはねていました。
きっと大きな魚に追いかけられて、渚に逃げ上がってしまったのでしょう・・・
これが子供ではなく大きな成魚ならば、私も慌てて拾い上げたでしょうが、まだまだ14~15センチくらいの子供だったので、またそっと海に帰してあげました。
[PR]

by taibeach | 2009-08-26 23:39 | 海の生き物 | Trackback | Comments(2)  

この骨は?

下明丸の浜は、すぐ後ろまで険しい山が迫っているからか、動物の骨が渚に打ち上がっている。
a0125598_18493637.jpg
a0125598_18531675.jpg





毎回、様々な部分の骨が拾えます。
これを全部集めて行くと、そのうちに全身骨格標本が出来るかもしれません。  無理か・・・

そして今回打ち上がっていたのが、こちら ↓ の骨。  何か動物の下顎の骨のようです。
a0125598_1915148.jpg
a0125598_192968.jpg

手のひらサイズの小さな骨。  何かの動物の子供の骨でしょうか?
裏山に生息している動物と言って、思い浮かぶ動物は・・・
a0125598_19154558.jpg← 『鹿』   に    『イノシシ』 ↓
a0125598_19162182.jpg


はてさて、どちらの
お子様なのか?  

それとも他の動物なのか???
(なんかイノシシっぽいような・・・)
[PR]

by taibeach | 2009-08-25 19:36 | Trackback | Comments(2)  

大発見!! 徳島にサキシマスオウノキが・・・

昨日は、このブログでも何度か登場している、県南海陽町の「阿波海南文化村 海陽町立博物館」で開催中の企画展『浜辺の植物』の、展示解説があったので行ってきました。
a0125598_232820100.jpg
 
展示解説 講師の先生はもちろん、徳島県立博物館の茨木靖学芸員です。
茨木先生の詳しく分かりやすい、そしてとてもおもしろい解説に来場の皆様は、興味津々です。
茨木先生の展示解説の後は、県南の植物研究の第一人者の木内先生のお話もありました。
木内先生のお話の中には、“ここ海陽町にも・・・板根が・・・ ”と気になる言葉が・・・
展示解説は盛況のうちに終わりましたが、その後も参加者の皆様は、茨木・木内両先生に盛んに植物についての質問をされていました。
私はと言うと、御参加されていた方から、ちゃっかり打ち上げ貝の情報等を仕入れてきましたよ。

参加者の方もお帰りになり、海陽町立博物館の郡司さんと木内先生が、先ほど木内先生のお話に出てきていた“海陽町の板根”をご案内して頂けることになりました。
私も本当のところは、サキシマスオウノキが生えているわけじゃないんだから、“板根”って言ってもそんな大したことはないんだろうな・・・なんて高をくくっていたのですが・・・

それがなんと!  おぉ~ すごい!!
a0125598_0304083.jpg

どうですか、皆さん!  こっ これ!
a0125598_032272.jpg

本物のサキシマスオウじゃないか?と見まがうばかりのりっぱな板根でしょ!?
a0125598_039951.jpg

木内先生が手を置かれている所で、地上から1メートルあります。
人物と比べても、この大きさです!  ビックリでしょ~ ねっ!
実はこの板根の木、残念ながらサキシマスオウノキではなくて、“エノキ”だそうです。
エノキの根が何らかの理由で、このように板根化したのだそうです。
a0125598_0454631.jpg

考えられている一つの原因は、この辺りは地下水面が高く、地下深く根を伸ばす必要がないから・・・というもの。(しかし、この辺りで板根化しているのはエノキだけ・・・)
だから本当の原因はわかっていませんが、周囲のエノキもまだ大きくはないけれど、板根化しつつあるそうです。
実はこのエノキ、ひょっとするとサキシマスオウノキのDNAを持っているのかも・・・ 
なんて考えると、なんだか楽しくないですか?        あなたの推理は???
[PR]

by taibeach | 2009-08-25 01:17 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

なんだあなたも、ベトナムさん!

デジタルカメラを手にしてみると、それまでのフィルムカメラの時代からは、考えられないような数の写真を無意識のうちに撮ってしまう・・・ 
いまさら何を・・・ と思われるかもしれないが、先日の旅行で撮った写真をパソコンに取りこむ作業をやっていたら、“ ウエエッ!そんなに撮ったの!? ”と思うほどの枚数を撮っていることに初めて気づいたのでした。
3日間の旅行だったのに、取った枚数が約220枚! 全く考えなしです・・・へへへっ
そんな何にも考えずに何でも撮る癖?は、いつものビーチ-コーミングにも表れて、なんなのかはわからないけれど、なんだか気になるものはバシャバシャとカメラに納めている。
そんな何気に撮りためているものの中に、ある日突然その正体がわかるものがある。
a0125598_1144013.jpg

このペットボトル、実は7月12日に田井ノ浜に行った時に漂着していたもので、とりあえず撮っておいて後で調べようと思っていて忘れてしまっていたものなんだけど・・・
ビーチコーミング・ブログのお友達である、“ 瀬田葉月さん ”のブログで紹介されていたのを見て、「このペットボトルなんだか見覚えが・・・」と調べてみたらやっぱりそうでした。
a0125598_1284416.jpg

バーコードをみてみると、『 893・・ 』間違いなくベトナムのものです。
瀬田さんがお住まいの宮古島の多くのビーチに各10~20本、このペットボトルが大量漂着していたとのことで・・・ ホント何があったのか、気になりますね~
このペットボトルのラベルには、「0°」のマークが見えます。 日本の飲料にも「氷結」なんていうものがありますが(でもあれはお酒ですね・・・)、これはどういう飲み物なのでしょうか? 
一体ベトナムの飲料は、どのようなお味なのか気になるから、一度味見してみたいですね。
下明丸の浜でベトナムウキが拾えたのも、実はこのペットボトルが、予告してくれていたのかもしれませんね。私は全く気付いていませんでしたが・・・
[PR]

by taibeach | 2009-08-23 12:40 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(2)  

危険!・・な・・もの?

台風が過ぎ去った後の海岸線は、台風による波の力により海岸の砂や砂利が、海に持っていかれたり、陸側に押し戻されたりずいぶんと風景が変わってしまうことがある。
また今回のような雨台風だと、ここ下明丸の浜のように、浜のすぐ後ろ迄険しい山が迫っているような海岸では、多量の雨が短時間のうちに山に降ると、その雨は強い流れとなって谷に注ぎ込む。
普段はほとんど流れのない川も、その時ばかりは急流となって渚を削り取ってしまう・・・
下明丸の浜に、海から押し上げられた砂利や砂は、少し小高く堆積していてハマゴウ畑となっていましたが、山から流れ込んだ雨水の流れによって削られ、ハマゴウの長~い根は無残にも露わになっていました。
a0125598_10191536.jpg

ベトナムウキを運んできた台風は、他にもこんなプラスチックの容器を置いて行きました。
a0125598_10372462.jpg

なんだかその黒い色からしても、嫌~な感じのする容器には、「中等毒」とか「中毒症状」などと言う単語が並んでいることから、危険な薬品の容器だと分かります。
他には、“中国人民解放軍”や“湖南省”という文字も読めるので、どうも中国製のようです。
危険物なので、怖々とビビリながら容器みていたのですが・・・
“ プッ! ”思わず吹き出してしまいました。
a0125598_10385846.jpg

危険物の容器だから、かなり気味の悪いドクロマークがついているのかと思っていたのに、こ~んなにかわいいニッコリと笑顔のドクロマーク?が付いていました。
[PR]

by taibeach | 2009-08-23 10:46 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(2)  

待ちに待った、赤か?

8月15日、この日は台風9号の後は割と成果が上向き傾向なので、期待して美波町の下明丸の浜へ行ってみた。  私が期待するのは、過去にこの浜で私が持っている5個のガラス玉の内、3個をこの浜で拾っているから。
a0125598_184736.jpg

浜に降り立つと、やはりここも流木や竹、アシなどの漂着が目立つ。  
今日は珍しく穏やかな海水面なのに、まだ多くの流木などが漂っている。
山や川のものがほとんどの漂着物の帯をチェックしていくが、何も見つからない…  
これは、いやな予感 (パッと見そうだもんね・・・) あぁ~あ、とうとう浜の端まで歩いてしまった。  
ひょっとして、今日はカラ振りか?と肩を落とし引き返し始めると、   !!
a0125598_1271244.jpg

やった~! キャンディーウキじゃ~ん!! それも、なんだか赤っぽくはないですか? これ!
だいぶ色あせておりますが、“”ということにして下さい。  
今までにベトナムウキは、何個も拾ったけどほとんどが黄色で後は。 「ベトナム 海の民」という本で、キャンディーウキに赤色があると知ってからは、どうしても拾ってみたくなった。
待ってましたよ赤色さん! でもやっぱ、ビミョ~な感じですね・・・ 
しょうがないか、長旅だもん! 今度は、もっと真ッカッカのキャンディーを拾うぞ~!!  


え~突然ですが私、しばらく旅にでます。 
当ブログにコメントを下さる方、返信が遅れますことをお許しください。   渚の探偵:助手
[PR]

by taibeach | 2009-08-18 02:02 | Trackback | Comments(2)