<   2010年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

高知の旅(その20) 足摺岬の朝 3

金剛福寺でのお参りも無事済ませ、今回足摺岬へ来たもう一つの目的のために、再度岬の遊歩道へと戻ることにしました。
辺りはもうすっかり夜も明けて、観光客の姿も多くなってきました。
a0125598_10393436.jpga0125598_10395333.jpgジョン万次郎の銅像の前では、ガイドさんの説明に大勢の観光客が耳を傾けていました。
ジョン万次郎といえば、小学校の時に社会の授業で教わりました。 彼は14歳の時、漁師の手伝いで仲間4人と小舟で漁に出ますが、その3日後に嵐に遭って遭難し5日半の漂流後に、奇跡的に土佐清水市から海上760キロ南の太平洋に浮かぶ孤島、伊豆諸島の鳥島に漂着、そこで海亀の卵を食料にするためにこの島にやってきたアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に仲間と共に救助されるまでの143日間をこの無人島で生活した。
その後アメリカで英語、数学、測量、航海術、造船技術などを学び、帰国した後は篤姫の父、薩摩藩主・島津斉彬に取り立てられ、薩摩藩の洋学校で英語の講師などをしていましたが、ペリーの来航により幕府に召聘され、幕末の日本の歴史の表舞台へと登場していきます。

今夜放送のNHK大河ドラマ龍馬伝では、幕末の日本に遂に黒船が来航するという話ですが、通訳などとして日米和親条約の締結に尽力、また日米修好通商条約締結ための遣米使節団の一人として、咸臨丸でアメリカに渡るなど、日本の夜明けや国際交流に多大な功績を遺した人です。
坂本龍馬も万次郎体験談を聞き、その後の思想に大きな影響を与えられたということです。
万次郎の功績は、日本よりも逆にアメリカで高く評価されアメリカの第30代大統領のクーリッジは「万次郎の帰国はアメリカが最初に大使を日本に送ったに等しい」と語ったんだとか・・・

a0125598_1912402.jpgそんなジョン万次郎像横をすり抜け、夜明け前に足摺灯台を眺めた展望台のさらに左側(東奥)へと、遊歩道を歩いて行き椿の木のトンネルを抜けると、『天狗の鼻』という岬に着きます。
天狗の鼻から足摺岬灯台を眺める景色は、足摺宇和海国立公園の中では一番!と言われる程の、知る人ぞ知る隠れた最高のビュースポットなのだそうですよ。

ここ天狗の鼻は、秋から冬場にかけては『アシズリノジギク』が咲き乱れる群生地として有名で、私が今回足摺岬に来たのも、このアシズリノジギクの群落を見てみたいという思いからなのでした。
a0125598_1925124.jpg
a0125598_192542100.jpga0125598_19261921.jpg朝日に向って力強く咲き誇るアシズリノジギクの群落は、見事でしたよ!

「アシズリノギク」 (足摺野菊) キク科 キク属
[PR]

by taibeach | 2010-01-31 12:27 | 高知県 | Trackback | Comments(6)  

高知の旅(その19) 足摺岬の朝 2

今朝の最低気温は1.9℃でしたが、私の職場の水たまりでは氷が張っていました。
昼間は最高気温は14.6℃ということですが、風がなかったからか、少し動いただけで汗だくになるくらいの暖かさでした! 三寒四温で春になっていくと言いますが、今は「朝寒昼暖」って言葉が当てはまりそうです。(笑)

【 高知の旅 3日目 】
a0125598_22475568.jpga0125598_22482375.jpg


私が足摺岬で、お日待ちした 日の出を見た
足摺岬灯台の下の展望所は、「亀呼び場」と呼ばれている所。
この亀呼び場という所は、足摺の七不思議のうちの一つだそうです。
弘法大師がここから亀を呼び、この先の岩礁(不動岩)に波きり不動を刻むために、毎日亀の背中に乗って渡り祈祷をおこなったとされています。 今でもここから「亀さ~ん!」と叫ぶとウミガメが姿を現すとか・・・(というウワサ) 私も「ウェルかめ~!」と言ってみましたが、亀は現れず代わりに観光客に笑われただけでした。
a0125598_23252114.jpga0125598_23271859.jpg








さて、私が車を停めた駐車場の向かいには、四国八十八箇所霊場の第三十八番札所の金剛福寺(こんごうふくじ)があります。  寺の山門をくぐってすぐ横の清めの手洗い場の、噴水?も亀の像になっています。
さらに本堂前の池の前には、奉納された所願成就の大きな亀の像が安置されています。
a0125598_2344679.jpga0125598_23483620.jpg
 →  金剛福寺本堂 



a0125598_2354230.jpg
金剛福寺の本堂には、銭亀おみくじというおみくじがあります。
このおみくじは、金財招福の銭亀(小さな金色のカメのお守り?)が付いていて、この銭亀をお財布の中にいれておくと、お金が入ってくるのだとか・・・
← これは去年の銭亀なのですが、これはお返ししてまたおみくじを引き、新たな銭亀をGETしてきました。 今年は2年目、少し御利益があるかな?

室戸岬の最御崎寺、そして足摺岬の金剛福寺と四国を代表する岬のお寺でのお参りも済ませたので、さぁ今日の渚へ出発!のはずでしたが、とここで足摺岬へと来たもう一つの大事な目的を思い出し、また再び遊歩道へと引き返したのでした・・・
[PR]

by taibeach | 2010-01-30 23:57 | 高知県 | Trackback | Comments(4)  

お日待ち

今日は、仕事帰りに外ノ牟井の浜へと行ってみました。
a0125598_218610.jpg昨日少しばかり南風が吹いたからといっても、やっぱり南方からの漂着物は来ていません。
渚や磯場には、数人の釣り人がアオリイカを狙って、釣り糸をたれていました。
a0125598_2182723.jpg
渚を何か面白いものが寄っていないものか?と歩いていたら、砂地に残る先客ビーチコーマーの足跡⇒を見つけましたよ! この足跡は鹿さんかな?(^^)

a0125598_21281764.jpg少し歩いた所には、こんなお札が漂着していました。
『お日待守護 成年女』と書かれているお札。
このお札の、「日待(ち)」を辞書で調べてみると、
{近隣の仲間が集まって特定の日に徹夜してこもり明かし、日の出を拝む行事。正月・5月・9月などに行われ、しだいに酒宴を伴うようになった。}(大辞泉)
とあるように本来、太陽神(日天)信仰の行事である“お日待ち”は、集落の人々や一族が前もって定めた宿や神社に集まり、前夜から神事により身を清め、日の出を待って無病息災、家内安全、五穀豊穣を祈願して拝む民族行事ですが、行われる行事の内容は、カラオケ大会や相撲大会など地域によってさまざまな違いがあるようです。
お正月に行われるお日待ちの中には、どんど焼き(左義長)が行われるものもあるようで、このお札も、どんど焼きで焼かれる筈だったものが、焼かれず海に流れ出し漂着したのかもしれませんね。
a0125598_225832100.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-01-29 23:00 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(4)  

“まぜ”?が吹いたので

ややこしいですが、再びリアルタイムです。
今朝は久しぶりの雨の朝となりましたが、寒さも緩んで最高気温も17度とずいぶんと暖かい一日でした。 低気圧が通過中だった朝のうちは、南からの湿った風が吹くここら(徳島県南部)で言う“まぜ風”が強く吹いたので、私の心も何だかワクワク!早く渚に行きたくてウズウズでした。
夕方仕事が終わった後、車を飛ばして行ったのは田井ノ浜
a0125598_22451496.jpg
今日の田井ノ浜は、低気圧の影響がまだ残っているのか、やや波の高い状態です。 久しぶりに荒れた渚は、激しく打ち寄せる波によって、砂浜が削られてゆるい段差が出来ていました。
a0125598_2251557.jpg渚に向い砕ける散る大波は、ソルトスプレイを撒き散らしていますが、低気圧の通過に伴い南風から変わってしまった、強い北風に沖の方に吹き戻され、渚に立つ私には届きません。
これが日本海側なら、まともにソルトスプレイを浴びていることでしょうね。 ソルトスプレイは浴びませんが、その代わりに背中に飛砂の攻撃をバチバチと浴びました(涙)
せっかくまぜ風が、この近くまで漂着物を運んできていたかもしれないのに、北風がまたもや邪魔をしています… くっそ~!
a0125598_238293.jpg
そんな田井ノ浜の渚には、小さな(6センチくらい)こんな魚が打ち上がっていました。
a0125598_23113618.jpg
この魚、見た感じは「ミノカサゴ」の幼魚じゃないかな?とも思いましたが、手持ちの海水魚図鑑を見てみると、“キリンミノ”というミノカサゴの仲間(フカカサゴ科)に似ているような感じです。

← これは、高知県立足摺海洋館で見た「ミノカサゴ」
[PR]

by taibeach | 2010-01-28 23:28 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(8)  

高知の旅(その18) 足摺岬の朝

【 高知の旅 3日目 】
さてさて、またまた話は「お正月の高知放浪の旅」に戻ります。
3日目(1月4日)の朝は、四国最南端の地“ 足摺岬 ”からの始まりです。
昨日の夜は、足摺テルメの温泉で大河ドラマ「龍馬伝」を見終わった後、体がまだ温まっているうちに早寝。 前夜泊の「道の駅かわうその里すさき」と比べ、とっても静かな環境だったので、朝までぐっすりと眠れたので、この日はちょっぴり早起きです!(*^-^*)

a0125598_20112065.jpg早起きした私の目的は、ここ足摺岬から太平洋に昇る朝日を拝むこと!
四国霊場第38番札所金剛福寺前の駐車場に車を停めて、足摺岬の遊歩道へ向かいます。
足摺岬に整備された遊歩道の入り口には、幕末から明治にかけての日本の夜明けや、日米の国際交流に多大な功績を遺した『ジョン万次郎』の銅像が、この日の夜明け待つように太平洋に向かって立っていました。
a0125598_2175716.jpg
足摺岬の遊歩道の中にある展望台に上がってみると、もう既に数人の方が、私と同じように足摺岬の日の出を待っていました。
皆さんずいぶんと早起きですね・・・
もう正月三が日は過ぎてしまいましたが、私のように四国最南端の足摺岬から日の出を見てみたい!と考える方はやはり多いようです。

a0125598_21473589.jpg
ここの展望台からはからは、足摺岬灯台がよく見えます。
展望台には、日の出を見ようとする観光客たちが、次々に集まって来ています。
混雑して身動きできないのは嫌だし、日の出にはまだ時間があるようだったので、場所をより海に近い足摺岬灯台の方に移動することにしました。
腕時計を睨みながら、灯台下へと急ぎます。

a0125598_21552211.jpga0125598_21565396.jpg足摺岬灯台は、四国の最南端足摺岬突端の黒潮の荒波が打ち寄せる70mの断崖絶壁にそびえ立つ白亜の大型灯台。
また、「日本の灯台50選」にも選ばれています。
現在の灯塔高(地上から塔頂まで)は18.1m、標高(平均海面~灯火)は60.6m
LB-90型灯器を使い、光度は、46万カンデラ(実効光度)、光達距離は20.5海里(約38km)の能力があります。
a0125598_22151040.jpg
足摺岬灯台下には、一組の御夫婦がいただけで移動は大正解でした。 
ゆったりとしたスペースで、じっくりと足摺岬の日の出を鑑賞することが出来ましたよ。\(^0^)/
[PR]

by taibeach | 2010-01-27 22:28 | 高知県 | Trackback | Comments(6)  

21世紀枠に推薦します!

a0125598_21205484.jpg日曜日に訪れた阿南市の北の脇海岸。 
去年の台風でやってきた漂着物の、“落ち穂拾い”のつもりで歩いた海岸の端っこで、奇跡的にモダマに出会えてウキウキ気分!
モダマを拾ってもう満足したので、そのまま帰っちゃおうか!って気分でしたが、もう少し渚を歩いてみることにしました。
a0125598_2153642.jpg


渚は干潮に向って、潮が引き始めています。
潮か引いた波打ち際を、サクラガイやベニガイの貝殻はないかと歩いていると、引き波に置いてけぼりにされてしまったナミノコガイが、たくさん顔を出していました。
拾い放題のナミノコガイ、これじゃー波の捨て子です・・・(ナミノコガイって、食べられるのかなぁ?)

さて、夏季には海水浴場として大勢の人で賑わう北の脇海岸ですが、冬場のこの日も砂遊びの親子連れ、散歩やランニングをする方、陸上部のトレーニングなどそれぞれの目的があり、多くの方が海岸を訪れていらしゃいました。
a0125598_22194288.jpg
そんな北の脇海岸で、ゴミ袋を手に海岸清掃に汗を流す野球のユニフォーム姿の一団。
彼らは、徳島県立阿南工業高等学校の野球部の皆さんだということです。
渚をプラプラと歩く私にさえ、すれ違う際には、こんにちは!と気持ちのいい挨拶をしてくれます。
かつて甲子園で活躍した徳島県代表の池田高校は“さわやかイレブン”と呼ばれたことがありましたが、阿南工業高等学校野球部の、高校球児らしく礼儀正しい彼らの態度に触れ、私の心にも爽やかな風が吹きぬけました。
これも監督さんはじめ先生方の指導が、部員達にキチンと浸透しているからなのでしょう。 
快晴の日曜日、こんな日は他の高校生のように遊びに行きたいでしょうが、なんだか楽しそうに清掃に取り組んでいる子もいて、モダマを拾ったことよりも嬉しくなっちゃいました。
春にはセンバツ野球大会がありますが、私なら21世紀枠に阿南工業野球部を推薦しますよ。
a0125598_23105253.jpg
清掃が終わりキレイになった北の脇の渚を、夕日に向かって!ではなくて、夕日を背に浴びながら最後は皆でランニングです!
若い人たちが、地域の宝でもある渚を守るために力を貸してくれる、なんて素晴らしいことなのでしょうね! この清掃をきっかけに、漂着ゴミについても考えてくれればと思います。
[PR]

by taibeach | 2010-01-26 22:43 | 瀬戸内海 | Trackback | Comments(4)  

落ち穂拾いで、お年玉!

今日も“高知の旅”はお休みして、リアルタイムのお話です・・・ 
ホントは、昨日アップしようと思ったのですが、ようやく気持ちが落ち着いた今日にしました。
昨日は午前中に用があったので、午後からの出発で北の脇海岸へ行っていました。
北の脇には、私が参加させてもらっている、I さんが代表を務める“海の観察会”の会報誌の『小松通信』に寄稿するための取材と、ベニガイやサクラガイを拾うことを目的として行ったのでした。
a0125598_2184917.jpga0125598_21103045.jpg









この時期の太平洋側の渚は、どこも新たな漂着物はありません。
まして、ここ北の脇海岸は瀬戸内海の海岸。  北からの季節風が吹く冬場は、海も穏やかで貝殻の打ち上げもイマイチです。  貝拾いにはまだ早いようです。
前回来たのが10月に中旬、その時は堤防沿いのコウボウムギが生える辺りをチェックしいなかったので、漂着物はそんなにはないけど、そちらで“落ち穂拾い”することにしました。
短く千切れたアシの塊しかないコウボウムギ畑を、ジグザグに歩いているとゴバンノアシの“抜け殻”などはありますが、オレンジウキも見つからない・・・
海岸も終わりに近づき、やっぱりなんもないか・・・ と思っていたその時!  
a0125598_2135020.jpg
砂の中から顔を出しているのは、もしや、もしや “アレ” なのでは・・・ いや確かにアレですよね!?
最近まで、Shigeさんやkinさんのブログで何度も何度も見たアレですよね~! 
OH!海の神様~! ありがとうございます~!!
a0125598_21484072.jpg
こんな所で私を待っていてくれたんだね、モダマちゃん! やっと君に会えて、とっても嬉しいよ!
[PR]

by taibeach | 2010-01-25 21:57 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(10)  

イタチ?

今日は、田井ノ浜の渚で日が暮れました。
a0125598_20214815.jpg
相変わらずなんにもない渚でしたが、こんなものが・・・
a0125598_20262012.jpg
この小動物は、イタチでしょうか?  私にはよくわかりませんが・・・
[PR]

by taibeach | 2010-01-24 20:34 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(6)  

高知の旅(その17) 双海~足摺

a0125598_23391438.jpg【 高知の旅 2日目 】
双海サーフビーチで、締めのビーチコーミングを終えた後は、四万十川方面へと車を進めました。
双海海岸のお隣のには「平野サーフビーチ」という海岸があります。 こちらの海では、数人のサーファーがお正月サーフィンを楽しんでいましたよ~!
車を走らせながら見ただけでしたが、平野海岸もなんだかとってもイ~イ感じの渚! 今度来た時には、絶対ビーチコーミングしたいですね!
      【 双海サーフビーチ 】 ↑
a0125598_23504432.jpg
                   四万十川  東岸?より
道なりに車を進めると、四万十川の河口付近へとつき当たります。  そこからは四万十川沿いの土手を遡って、買い物と給油をするために四万十市内へと向かいました。
高知市内でのガソリンの店頭表示価格で多かったのは、[ 124円 ]というのがお正月頃のお値段。
その頃の徳島市内での相場は、大体110円台の店頭表示価格が多かった。 私が徳島市内でよく利用するGSなら113円くらい。  124円というと約1リッターあたり10円も高いですわ・・・
それがここ四万十市内の店頭表示価格の相場は、128~129円(ウワ~オゥ!)と高~い!!
今日はお正月の夕方。 足摺方面に行くとなると、ここで給油しておかなければならない。
しばらく市内を走り、結局127円(^^)のセルフ店で給油しました。  徳島を出発してからここまでの走行距離は 351㎞。 ほとんど車を停めて渚にいるから、そんなもんか・・・
a0125598_102154.jpg給油を終え、四万十市内で買い物を済ませた後、
ショッピングモールの一角にあるラーメン屋さんで
夕食をとりました。   塩ラーメン、味玉トッピング+ぎょうざ、ライス。(これがなかなかうまかった!) おぉ、けちけち旅行なのに豪勢だ~!って普通ですか・・・ははは  ええ~い!今夜はプチ贅沢、マックのホットコーヒーにアップルパイもつけちゃうよ~! \(^0^)/ なんとも幸せなやつですな・・・ 
a0125598_1116550.jpg
お腹一杯になったところで、今夜の最終目的地の足摺岬へと出発しました。
この日最後、旅のお楽しみといえば、やっぱり お・ん・せ・ん 温泉でしょう! 土佐清水から足摺スカイラインを通り、スカイラインの出口の手前200mにあるのが、“国民宿舎足摺テルメ”です。 足摺温泉郷は温泉街。 この日は足摺テルメの、地下1000mから湧き出す天然温泉にゆっくりとつかり、疲れをとりました。
【 国民宿舎足摺テルメ 】 入浴料 大人・500円 
温泉営業時間 11:00 - 22:00(木曜日のみ16:00-22:00)
[PR]

by taibeach | 2010-01-23 23:51 | 高知県 | Trackback | Comments(6)  

高知の旅(その16) 双海サーフビーチ

高知の旅2日目、最後のビーチコーミングの渚に選んだのは、四万十市の“双海サーフビーチ”
a0125598_2013246.jpg
「双海サーフビーチ」という名前が付いているくらいですから、いつもなら大勢のサーファーがサーフィンを楽しんでいるのでしょうが、さすがに1月3日(しかもべた凪・・・)から海に入っているサーファーはいませんでした。 (この後通った平野サーフビーチにはいましたが・・・)
冬の双海の渚は、やはり漂着物もなくキレイな砂浜が広がっています。
a0125598_20214415.jpgこの渚も、ビーチクリーンが行われているようで、(いつの清掃されたものかはわかりませんが)ビーチの入り口にはゴミが集積されていました。
小さな漂着物などは、流砂によって隠されてしまったのでしょう。
仕方がないので、ここでも海岸奥の植物が生える辺りに、台風時など押しやられ溜まった漂着帯を探して歩きました。

a0125598_20513050.jpga0125598_20514666.jpg









歩き出してすぐに見つけたのは、こんな外側が焼かれ中身のないココヤシ・・・ 
一体中身はどうなっちゃたのでしょう?  食べたのかな?   
こちらのココヤシ ↓ は、誰かが皮(外中果皮)を剥いて、中身だけを持ち帰ってますね~
a0125598_20583956.jpga0125598_20591131.jpg









a0125598_210257.jpga0125598_2104711.jpg









その後も、ココにも!ココにも!と双海の浜は、“ココヤシ祭り”でした~! ワッショイ!!
a0125598_22202460.jpga0125598_21135223.jpg









ココヤシ以外はと言うと、『漂着浮きオールスターズ』(オレンジウキ等)を除くと、ゴバンノアシにベトナムの浮き(船のクッション?)くらい・・・ とちょっと期待外れだったけど、高知を南下するにつれて、だんだんとイイ感じになってきたゾ~!
[PR]

by taibeach | 2010-01-22 21:41 | 高知県 | Trackback | Comments(4)