<   2010年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

四萬パイ

今日で5月も終わりですね・・・ 明日からは6月
徳島南部では、夕方から雨が降り始めました。 明日は雨が降ったりやんだりの予報です。 
梅雨入りも近いのかもしれません・・・

さて、27日のS浜
a0125598_2271914.jpga0125598_2273159.jpg









今回は浮きの漂着が多くありました。 最近はオレンジが減り、ブルー紡錘が漂着の中心ですね。
浮きや東南アジアの容器が多かったこの日のS浜ですが、前々から拾ってみたいと思っていたものが、よ~やく拾えたのですよ! それがこの☟ マージャンパイなのです! 
エッ? マージャン牌なんて、珍しくないじゃないかって? へへへ、それがですね~ 日本海側には韓国将棋のチャンギの駒や、中国マージャンの牌などがよく漂着らしいのですが、私は渚で日本のマージャン牌を見たことも拾ったことがなかったので、ようやくといったところなのです。
この牌通常のサイズのものよりも、なんだかサイズが小さいようなのですが、ポータブル・マージャンってあるのかな?

私には是非拾ってみたいと思っている牌があります。福井のビーチコーマーkinさんのブログで見た中国将棋の花牌。 私は麻雀に興味はなのですが、この花牌はとってもキレイなので、いつかは拾ってみたいと密かに思っているのです。(*^_^*)
a0125598_22113756.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-05-31 22:57 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(4)  

東南アジアの国々から

27日のS浜には、外国製の飲料容器がたくさん漂着していました
a0125598_2148969.jpga0125598_21483612.jpg
 ☜ ベトナム製
( lemon green tea
flavourings )
レモン風味の
緑茶?

  タイ製 ☞
歯列矯正医さんが使う薬品
マウスウォッシュ?


a0125598_21485165.jpga0125598_21491674.jpg


☜ マレーシア製
ミネラルウォーター 


インドネシア共和国
        製☞
ミネラルウォーター




そして、日本の“強い子”にもお馴染みの麦芽飲料「Nestle MIRO」(ネスレ ミロ)☟
MILOは、1934年にオーストラリアで発売された麦芽飲料、今では世界30カ国以上で販売されている人気の飲料です。日本では1973年に発売されて、2009年に36(ミロ)周年を迎えたロングランヒット商品です。
さて、☟下の写真のミロは、シンガポールの製品。
商品のイメージガールに使われているのは、2006年に行われた「7th MILO Asia Swimming Championships 」(競泳アジア選手権)で、女子50mバタフライで優勝したシンガポール代表『Tao Li選手』。
Tao選手は、2008年北京オリンピック競泳女子、100mバタフライでも5位入賞しているシンガポールの人気スイマーのようです。
a0125598_2226048.jpga0125598_22261422.jpg









a0125598_22262933.jpg
[PR]

by taibeach | 2010-05-30 22:57 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(4)  

台湾メンソレ

最近は朝晩の気温が低くて、ちょっと肌寒い徳島南部ですが、今日は強い北風もようやく治まり、気持ちのいい晴れの一日となりました。  明日は晴れの休日が楽しめそうですね\(^0^)/

さて、ウミガメの上陸はまだか?と見に行ってきた木曜日のS浜
a0125598_21115177.jpga0125598_21124014.jpg









今年のウミガメの上陸はまだのようでしたが、こんなゴバンノアシの上陸はありましたよ。
今回のS浜には、外国製のペットボトルなどの容器類が多かったのですが、中にはこんなものが
a0125598_2117317.jpga0125598_21174598.jpg









a0125598_21175711.jpg








メンソレータムの男性用のボディーソープの
シャンプーボトルのようですが、メンソレってこんな商品あったのかな?と思いながら、ボトルの裏側を見てみると、どうも台湾の製品のようです。
以前、福井のビーチコーマーのkinさんのブログで、ハングル語のメンソレータムの蓋の記事が紹介されていましたが、今度は台湾版のメンソレータム製品。
いままでメンソレータムは、日本の製薬会社のものと思っていたので、気になってネットで調べてみたところ、元々メンソレータムは、アメリカのメンソレータム社 が19世紀に開発した塗り薬の商品名で、日本では同社とライセンス契約を結んだ「株式会社近江兄弟社」がライセンスを保有し製造・販売していたが経営破綻・・・ 
現在はメンソレータム社を買収して親会社となったロート製薬がメンソレータム社とライセンス契約を結んでいた海外拠点もグループ傘下におさめました。
ロートグループ : メンソレータム社には、アメリカ、カナダ、メキシコ、香港、中国、台湾、オーストラリア、 ベトナム、イギリス、南アフリカなどに現地法人があるようです。

さてさて、写真の商品ですが、ロートグループ : メンソレータム社・台湾の商品、曼秀敦男士系列(メンソレータム・メンズシリーズ)の男子草本制菌沐浴乳(制菌・メンズバスミルク、ハーブの香り・・・って感じか?)という製品で、メンソレータム社・台湾のHPの商品紹介にありました。
[PR]

by taibeach | 2010-05-29 22:32 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(8)  

ハチベエ救出ならず

今日の徳島南部、昨日に引き続いて北風が強くて、なんだかちょっと肌寒い朝でした。

さて、26日(水曜日)の田井ノ浜
2か月前は、花が咲き始めたばかりだったハマダイコンも、今ではすっかり花も終わって、豆の莢のようにくびれた果実がたわわに実っています。
a0125598_22162024.jpga0125598_2216546.jpg









渚を歩いていると、赤色のヒオウギガイの貝殻や、今が旬!の新タマネギが漂着していました。
a0125598_22244759.jpga0125598_22253927.jpg









浜の中央より西側の、海藻類や漂着物が多く打ち上げられている所には、小さなクサガメの赤ちゃん(ゼニガメ)が打ち上げられていましたが、私が救出に向うのが遅かったからか、もう既に干物状態となっていて、残念ながら第2のハチベエさん救出!とはいきませんでした・・・
こんな小さな赤ちゃんカメでは、荒れた海に流されてしまったなら一溜まりもありませんね(>_<)
a0125598_22385284.jpga0125598_22394592.jpg









田井ノ浜の海岸側ではハマウドが花を咲かせ始め、虫たちが忙しそうに蜜を吸っていましたよ(^^)
a0125598_22483290.jpga0125598_22493649.jpg









a0125598_2250419.jpg
     「ハマウド」(浜独活) 学名 : Angelica japonica  セリ科シシウド属
[PR]

by taibeach | 2010-05-28 22:54 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(4)  

渡り鳥の受難が、新聞に

今日の徳島新聞の朝刊に、先日のハシボソミズナギドリの落鳥に関する記事が出ていました。

a0125598_2347611.jpg


私が昨日歩いてきた、美波町の大浜海岸には5羽、今日のS浜には3羽のハシボソミズナギドリの落鳥の漂着体がありました。 どうやら徳島県沿岸で、多くの落鳥があったようですね・・・ 
[PR]

by taibeach | 2010-05-27 23:52 | 瀬戸内海 | Trackback | Comments(0)  

碧い朝顔

a0125598_2155053.jpg昨日の夜、モラスコむぎのブログを見ていたら、牟岐町の小島の浜に今期初めてアカウミガメが上陸・産卵したとのことでした。
美波町の大浜海岸でも、アカウミガメの産卵に備えて5月20日からウミガメ保護規制が始まり、夜7時30分から朝4時まで海岸は立ち入り禁止、海岸沿いの道路も乗り入れが規制されています。(犬のお散歩も、終日禁止されているんですよ)
いよいよ徳島の海岸も、アカウミガメの産卵シーズンに突入です! というわけで、私もS浜にウミガメの上陸チェックに行ってきましたが、まだ上陸した様子は見受けられませんでした・・・

さて、24日月曜日の田井ノ浜には
たっぷりとエボシガイのヒゲをはやした浮き達がやって来ていましたよ~(*^。^*)
a0125598_22144094.jpg

a0125598_22154963.jpga0125598_22175342.jpg









a0125598_22181972.jpga0125598_22183947.jpg









そんなエボシヒゲ族と共にやって来た、瑠璃姫のお供の助さん角さん 蒼の一族を発見!
a0125598_22321327.jpga0125598_2233759.jpg









ちっちゃくってカワイイ瑠璃姫に花を添えるごとく、蒼い朝顔の花が渚に咲きましたね!(*^_^*)
a0125598_22411955.jpg
「アサガオガイ」(朝顔貝) violet snail  [学名:Janthina janthina] アサガオガイ科

<おまけ>  お風呂に入って綺麗になった瑠璃姫(●^o^●)
a0125598_2249825.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-05-27 22:51 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(10)  

蒼の一族と姫

今朝の徳島南部、気持ち良く晴れ渡り絶好の海散歩日和!
こんな日は渚にすっ飛んで行って、おもいっきり浜歩きを満喫したい! ところですが、ここはグッと我慢して仕事に行ってきました。 今度の日曜日は晴れるかなぁ・・・?

さて、24日月曜日夕方の田井ノ浜
春の嵐のよって落鳥し、大量の海藻と共に渚に漂着した「ハシボソミズナギドリ」の数を数えながら一羽一羽写真を撮っていると、写真の個体の頭に何か付いていることに気付きました。
何だろう?と近づいて見ると、青いクラゲの1つ「カツオノエボシ」でした。
a0125598_2256871.jpga0125598_2332371.jpg









a0125598_2342070.jpga0125598_2343718.jpg









渚をさらに歩いて行くと、カツオノエボシの他に、2つ目の青「カツオノカンムリ」☝も多数やって来ていましたが、3つ目の青「ギンカクラゲ」は来ていません。 お金は今回忘れたようですね(笑)
蒼の一族がやってきたということ、ひょっとして今回こそはアレが・・・と期待しながら歩いていたら、おぉ~ありましたよ! とてもちっちゃな娘ですが、待ちに待った久しぶりの蒼い姫!(●^o^●)
a0125598_235126.jpga0125598_2351559.jpg









小さいけれど瑠璃色がとっても美しい姫には、青いふかふかクッションをご用意致しましたよ!
a0125598_2355730.jpg
「ヒメルリガイ」(姫瑠璃貝)Janthina umbilicata アサガオガイ科
[PR]

by taibeach | 2010-05-26 23:06 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(8)  

カニも受難の季節

春の嵐は海辺の生物にとっては大敵だ。a0125598_220091.jpg 
冬の間に大きく成長した海藻が嵐によって千切れ、流れ藻となって大量に渚に向かってくる。
その海藻類を餌にしている貝たち、ウミウシやアメフラシ、その卵の海ソウメンや海藻に産み付けられたアオリイカの卵、浅瀬に住んでいるカニやヒトデなども、巨大な塊となった海藻に絡みつかれて、引っ張られるれるように連れてこられてしまうのだろう・・・
春の嵐は海に住む生物だけではなく、昨日の記事でも書いたミズナギドリなどの空を飛ぶ渡り鳥たちにも非情に振舞います・・・

海辺で暮らす生物にとっての敵は、春の嵐だけではありません。   (これは☟ベンケイガニ)
a0125598_2314128.jpg海岸の岩場、土手、石垣などには、アカテガニ(赤手蟹、学名 Chiromantes haematocheir)という甲幅約35mm、甲長約25mmほどの中型のカニが暮らしています。
春から夏にかけて交尾・産卵したメスは、孵化するまでたくさんの卵を大切にお腹に抱えて育て、孵化が近付くと卵を抱いたメスは、7-8月の大潮の夜海岸に多数集まり、満潮の時間に合わせて海水に浸かり体を細かく震わせ、海中にゾエア幼生を放出します。
普段昼は巣穴などに隠れていますが、夜になると雑食性の彼らは、昆虫や動物の死骸などを求めて、道路を横切ったり堤防を登ったりと、あちこちをウロウロと歩き回ります。 
そんな彼らの天敵は猪やタヌキですが、ここ田井ノ浜近くの道路では、一番の大敵は車!
a0125598_23165745.jpga0125598_23171873.jpg









a0125598_23175712.jpg









以前にも紹介した、『カニ横断注意!』の看板も設置されていますが、交通事故で死んでしまうアカテガニは後を絶ちません・・・
[PR]

by taibeach | 2010-05-25 23:23 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(6)  

渡り鳥の受難

昨日は夜遅くになって雨風が強まり、大雨警報が発令された徳島南部。
今朝になってもまだ雨は上がっておらず、大雨警報はまだ解除されていませんでした。 
警報は出ていましたが、先日の大雨の時程の降雨量はなかったようで、県南のJR線はストップしましたが、今回は国道の通行止めまでには至らなかったようです。
大雨警報が解除された午後からは雨も上がり、お天気も回復し晴れ間が広がりましたよ。

お天気は回復しましたが、まだ少し海に荒れが残る今日夕方の田井ノ浜では、渡りの途中、昨日の嵐に巻き込まれ墜落してしまったのか、多くの落鳥がみられました。
この鳥たち、私は鳥に詳しくはないのですが、ミズナギドリの仲間でしょうか?
この時期嵐の後の田井ノ浜の渚では、このような落鳥はよくあることですが、今日のはちょっと半端じゃない・・・ 落鳥の数を数えたら、約1㎞の渚に確認出来ただけでナント60羽!(たぶん、それ以上) 鳥の渡りも、まさに命懸けです・・・  
a0125598_2314342.jpga0125598_22301821.jpg



a0125598_22312315.jpg



a0125598_22313519.jpg



a0125598_2231463.jpg



a0125598_22333091.jpga0125598_2311296.jpg



a0125598_23341937.jpg



a0125598_23344710.jpg



a0125598_233547.jpg



a0125598_23353097.jpg



a0125598_23362994.jpga0125598_23374811.jpg
[PR]

by taibeach | 2010-05-24 22:31 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(10)  

渚を見つめ何を思う・・・?

先日よりお知らせ致しましたように、今日は海の観察会が開催される日なのですが、今朝の徳島南部、天気予報通り残念ながらやっぱり、の朝となってしまいました・・・
降水確率も徳島南部は、午前・午後とも100%! 海の観察会が開催される小松海岸のある、徳島県北部も100%/90%  今日一日は、ず~と雨が降り続けるということです!
 [ おお~!たった今(午後10時半)徳島県南部地方に「大雨警報」が発令です! またまた
  国道が通行止めになるかも~ えらいこっちゃ~! (>_<) ]
a0125598_215571.jpg海の観察会は、雨天中止ということになっていましたが、私はブログで告知して、一緒に小松海岸の渚を歩いて頂く方をお誘いしていましたので、小松海岸へは雨でも行くつもりでいましたが、観察会のI代表に電話で確認しましたら、I代表も雨天中止ではあるが、もし一人でも参加者がいらっしゃることがあれば、ご案内して歩こうと思っているということでした。
(さすがはI代表! 私も見習わなくては!)
午前10時前、小松海岸の集合場所のトイレ横駐車場に到着しましたら、今日はまだ海水浴場も開設されてもいないのに、駐車場は車でいっぱいです!
おぉ~すごい! まさかこんなに参加者が!? でもちょっと待てよ~ 確か前にもこんなことがあったっけ・・・ 確かサーフィンのイヴェントがあった時もこんな風でしたよ・・・
海の方を見ると、今日の小松海岸は少し波があり、波間にたくさんの黒い影が見え隠れしています!ははは、やっぱりね~(*^_^*)
さて、海の観察会。 生憎のこんな雨のお天気でしたので、参加者の方はお見えにならないかも・・・と思っていましたが、アメニモマケズ!という方々が集まり、最近の採集品の品評会のあと総勢7名で渚を歩くことになりました。
小松海岸の渚に降り立ち薬師堤の方を見渡すと、遠くに何やら見覚えのある生き物が・・・
a0125598_22365711.jpga0125598_22425731.jpg









確か前回、3月14日の観察会の時にも見かけましたよ・・・ 小さ過ぎて分かりにくいですが
a0125598_22483826.jpga0125598_22491413.jpg









初めて彼☟に遭ったのは、去年の12月13日の海の観察会でした・・・ 小松の親分 お父さん!
a0125598_22583194.jpga0125598_22593289.jpg









今日も雨の降る中、ビショビショになりながらも砂浜に座り、渚を見つめています・・・
a0125598_2331992.jpg
はて、小松海岸のお父さんの瞳の中には、一体なにが写っているのでしょうか?(●^o^●)
[PR]

by taibeach | 2010-05-23 23:04 | 海の観察会 | Trackback | Comments(2)