<   2010年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

ランプカバー

今日で11月も終わり、今年もあと一カ月となってしまいましたね。
時々お昼休みに散歩する私の職場裏でも、冬を迎えて野の花の数も少なくなってきました・・・
先月黄色い花が満開だったセイタカアワダチソウも、果実が熟しフワフワの綿毛をつけて、旅立ちの時を待っています。 
この☟まるで、シュワシュワ~!っと泡を噴いたような白い綿毛を見ていると、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)の名前がついたことも納得できますね。
a0125598_21331268.jpga0125598_21332325.jpg










a0125598_21333792.jpg
草むらの間には、フユイチゴ(冬苺)がルビーのような赤い実をつけていましたよ。(^o^


さてさて、下明丸の浜にはこんなものが漂着していました。
a0125598_2233052.jpgこれは船などで使われている船舶照明(マリンランプ)のカバー
船舶照明っていうと、真鍮製のものが思い浮かぶんだけど、こんなプラスチック製a0125598_2241412.jpg
のものもあ
るんだね。

 船舶照明
 こういう
 やつ ☞
[PR]

by taibeach | 2010-11-30 22:16 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(8)  

タイ獅子(Singha)

昨日は満開のひまわりの花が咲いている風景を見て来たと思ったら、今日の徳島県は放射冷却の影響で冷え込み、今年一番の寒~い朝となりました。(T_T)
徳島市で4.2度(平年6.6度)、県南美波町で4.3度、海陽町で1.3度など、各地で今季最低を記録し、12月中旬から1月中旬並みの寒さとなったそうです。

さて、ネタが古くなってきましたが、下明丸の浜の拾いものシリーズ
今日は漂着ペットボトルです。
まず最初はすっかりおなじみとなった?香港著名影星・香港スターの張子健さんがイメージ・キャラクラーを務める中国のミネラルウォター
a0125598_21181128.jpga0125598_21182822.jpg










続いては、ベトナムの・・・ベースはミネラルウォーターでレモン風味の・・・ジュース???
a0125598_21185166.jpga0125598_21191373.jpg










そして最後はタイの・・・ うぅ 字が読めない!(>_<)  けど感じからミネラルウォーターかな?
a0125598_21193759.jpga0125598_21195569.jpg









タイには、タイのビール市場で9割以上のシェアを誇り、タイビールの代名詞として知られている「シンハー(またはシンハ)ビール」というビールがあるそうですが、このシンハービールのラベルには獅子の図柄のシンボルマークが描かれています。
ちなみにシンハーとは獅子のことで、シンハーはお寺の壁画や文学にも登場している伝説上の生き物なのだそうですよ。
ラベルの写真をよくみたら、「SINGHA DRINKING WATER 」と書いてありました。
どうやらこれ、シンハービールの会社が販売しているミネラルウォーターなのかもしれませんね。
a0125598_2120750.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-11-29 21:28 | 食品・飲料パッケージ | Trackback | Comments(2)  

山の上でビーチコーミング!?

今日の日曜日、私は渚でビーチコーミングではなくて、県内某所の山中にいました。
a0125598_1942665.jpg
今日の目的は化石採集! 海の観察会のメンバーでもある、化石の研究者のNさんご夫婦にご案内していただき、海の観察会代表のIさんと共に、白亜紀前期の地層から化石を探します。
大きな岩がごゴロゴロと転がる沢を歩いたり、急な斜面を河原に下ったりしながら石を割ります。
a0125598_19423249.jpga0125598_1942461.jpg









石の中からは、貝殻や植物の化石が、そして運が良ければアンモナイトが顔を出してくれます。
a0125598_1943779.jpga0125598_19431946.jpg









化石は硬い石をハンマーで割って中から化石を探すのですが、思うように石は割れてくれず、渚で貝を拾うように簡単にはいかないですね・・・(>_<)
今回が化石採集デビューの私でしたが、なんだかすご~く楽しかったので、化石採集にハマっちゃいそうです!(●^o^●)      Nさん、今日はどうもありがとうございました!! m(_ _)m

さてさて、化石採集に向かう道中の道路脇の畑には、思わず自分の目を疑う様な、こんな風景が広がっていましたよ。
11月ももう終わろうとしているというのに、コスモスと共に咲き誇る沢山のひまわり・・・なぜ!?
a0125598_19485281.jpg
a0125598_1949724.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-11-28 19:55 | Trackback | Comments(6)  

$はドルでも!!

またまた下明丸の浜の拾いものシリーズ
a0125598_2310449.jpg
下明丸の渚には、こんなカップ麺の容器が漂着していました。
このカップ麺は、地元徳島の徳島製粉株式会社の看板商品『金ちゃんヌードル』という即席麺。
金ちゃんヌードル、徳島県外の方で知ってるよ!って方はいらしゃるかなぁ~???
徳島製粉の製品は、富山県、愛知県、岐阜県以西の西日本地区(九州地方の一部を除く)および静岡県や新潟県の一部などの地域で販売され、沖縄県では、日清食品のカップヌードルよりも先に進出したこともあり、金ちゃんヌードルはメッチャ売れているそうなのですが・・・
私が学生の頃にも、金ちゃんヌードル大ファンの長野県出身の友人に、東京には売っていないから、帰省したら買ってきて!なんてよく頼まれたものでした。
もちろん私も子供の頃から食べていますが、いつまでたっても飽きのこない味で、このパッケージを見ているだけで・・・ あ~また食べたくなってきちゃいましたよ!(●^o^●)
私が小学生の頃、よく見ていた地元放送局の夕方のアニメ番組では、この金ちゃんヌードルのCMがよく流れていました。
当時は今や漫才界の伝説の名コンビ、『やすきよ』(横山 やすし・西川きよし)がCMキャラクターを務めていて、海外旅行に行くという設定で、持っていたスーツケースを開けると、米ドルの代わりに金ちゃんヌードルがぎっしりと詰まっていて、やっさんが「ドルはドルでも金ちゃんヌードル!!」と叫ぶ!というCMをやっていました。
金ちゃんヌードルのCMは、あれから何種類も放送されましたが、金ちゃんヌードルのパケージを見ると今でも思い浮かぶのは、やっぱりそのやすきよのCMなのですよ。(*^∀^*)
[PR]

by taibeach | 2010-11-27 23:59 | 食品・飲料パッケージ | Trackback | Comments(8)  

海だよ!

今日は「下明丸の浜レポート」はお休みして、リアルタイムの夕方の田井ノ浜の渚
あいかららず、漂着物は何にもやって来ていません・・・
今日の日の入りは16時53分。 歩き始めたと思ったら、あっという間に日が暮れてしまいます(T_T)
a0125598_21273757.jpg
a0125598_21275122.jpg
引き潮の黒板消しで、足跡などもきれいに消し去られた砂浜のキャンバスには、渚を訪れたアーティストの作品が残されていました・・・  ふふふ (*^_^*)
a0125598_2128247.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-11-26 21:28 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(4)  

泡比べ! Bubble shell

一昨日の記事で、下明丸の浜で拾ったナツメガイを取りあげたけれど、ナツメガイの記事を書いていて、upし損ねていた拾いものを思い出した・・・

そいつを拾ったのは去年の秋、場所は先日の記事でも紹介したアオリイカを狙う釣り人で賑わっていた県南・牟岐町の古江の浜。

で― 何を拾ったのかと言うと、ナツメガイ!

なんだナツメガイかよ~! それじゃ~同じじゃん!と思われるかもしれませんが・・・
只のナツメガイじゃないんですよ、これがまた!
今回拾ったこちらの渚で、ごく一般的なサイズのナツメガイ(殻長2㎝)の優に数倍の大きさのある、殻長が5㎝を超える超~巨大なナツメガイなのですよ!! (ちょっと大げさかな・・・ ^^)
そのどデカ・ナツメガイがこちら☟ ジャ~ン!! \(^0^)/
a0125598_2033140.jpga0125598_203422.jpg









どうです、デカイでしょう! こうして☝2つを比べてみると、その大きさに驚かされます。
この大きなナツメガイは、『タイワンナツメガイ』 学名:Bulla ampulla (ブドウガイ目ナツメガイ科)
手持ちの貝図鑑によると、分布域は奄美諸島以南となっているようだが、和歌山県の海などでも確認されているようだ。
左側の2つ☟はスタンダードな打ち上げのナツメガイ、右側の2つがタイワンナツメガイ
a0125598_2044197.jpg
a0125598_2045225.jpg
ナツメガイの英名は「Bubble shell」まあるい泡のような貝殻の形から、この名前がついたのでしょうか? 泡貝と言っても、青い貝達のように海の上をプカプカ流れる訳じゃないですものね。
[PR]

by taibeach | 2010-11-25 20:05 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(10)  

今年最後のビーチコーミングのお誘い-☆

一年というのは早いもので、今年もあと一カ月とちょっとになりましたね。
漂着物の季節も冬を迎え、渚歩きも落ち穂拾いの毎日ですが、犬も歩けば何とやら、ビーチコーマーも歩けばネタを拾う・・・そういった諺はありませんが、何かしら発見があるかもしれません。 
さて来月12月5日(日曜日)に、徳島市の小松海岸で今年最後の海の観察会が開催されます。
a0125598_20135293.jpg
a0125598_20143079.jpg
a0125598_2019209.jpg
前回の海の観察会では、地元徳島の放送局・四国放送の夕方5時~の人気情報番組「ゴジカル!」の取材があり、ビーチコーミングについての紹介や当日の会の様子が放送されました。
あがり症でテレビ向きではない私も、コレクションの一部を紹介させていただきましたよ(*^∀^*)
緊張でしどろもどろのインタビューでしたが、さすがプロ!上手に編集して下さっていました(笑)

 【インタビューを受ける海の観察会・I代表☟】  【拾ったものを説明する☟参加者のお譲ちゃん】
a0125598_20194469.jpga0125598_2020730.jpg







さてさて次回、今年最後の海の観察会は12月5日(日曜日)午前10時小松海岸のトイレ前に集合です。
また観察会の前々日くらいに、徳島新聞の「情報とくしま」の「催し参加者募集」というコーナーにも、参加募集が掲載されるでしょから、そちらもご覧になって下さい。
ビーチコーミングは初めて・・・という方も、どうぞお気軽にご参加下さいませ。
I代表はじめ、会のメンバーが親切丁寧にご説明いたしますよ!(●^o^●)
私達と一緒に冬を迎えた小松海岸の渚を歩いてみませんか? ご参加お待ちしております!!
a0125598_20201960.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-11-24 20:57 | 海の観察会 | Trackback | Comments(6)  

どんぐりコロコロ、ナツメもコロコロ―♪

山が海岸に迫った急傾斜地多い徳島県南の海岸は、大部分が4~10mの低木林~亜高木林。
ウバメガシ、トベラ、マサキ、シャリンバイなどの常緑広葉樹が、密に混生して海岸林を構成しています。 その海岸林ほとんどが、備長炭の原料として利用されるウバメガシ。
ウバメガシは、こちらでは「ウマメノキ」とも呼ばれ、庭木にもよく植えられている木です。
下明丸の浜の渚には、ウバメガシの海岸林から落ちてきた沢山のドングリが転がっていました。
a0125598_20331266.jpg
先日、福井のビーチコーマーkinさんのブログでは、ナツメの実とナツメガイの共演記事が紹介されていましたが、私は大きさがよく似たウバメガシのドングリと共演して頂きましたよ(^o^
a0125598_20332587.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-11-23 21:36 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)  

下明丸の打ち上げ貝 2

21日日曜日の下明丸の渚
久しぶりにカタベガイを拾うことができました。 このカタベガイ、生きている時はトゲトゲが渦巻きに沿ってはえているんだけれど、渚で拾える頃にはエージングされて☟こんな状態・・・
いつの日か、トゲトゲがきれいに残っているカタベガイを拾いたいなぁ!
a0125598_2244122.jpga0125598_225199.jpg










カタベガイの他には、ウグイスガイの貝殻が拾えた。 内側の真珠層の輝きがピカピカきれいだね。
a0125598_2252887.jpga0125598_2254226.jpg









県南の渚、どこの浜も打ち上げ貝の種類は似かよっているんだけれど、ここ下明丸の浜は磯場だから二枚貝は少なく巻貝が中心。 
ほかの渚との違いはあまりないけど、貝殻が大きくなるギンタカハマが目立つ存在。
a0125598_2262576.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-11-22 22:06 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(10)  

下明丸の打ち上げ貝

今朝の県南・美波町の下明丸の浜、あいにくの曇り空で日の出を見ることが出来ませんでした。
a0125598_20544749.jpg

この渚も、漂着物はあまり期待できないので、今日の作業は打ち上げ貝のチェックが中心・・・
「タコノマクラ」(この渚はタコノマクラが多いようです)         「ベッコウイモ」
a0125598_20551942.jpga0125598_20553287.jpg









下明丸の浜はほとんどが砂利浜なので、タカラガイは擦り減ったものが多いのですが、割と状態のいいハナビラダカラ、ハナマルユキ、コモンダカラが拾えましたよ。
a0125598_2055512.jpga0125598_20575489.jpg
[PR]

by taibeach | 2010-11-21 20:58 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)