<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

Red Jellyfish

a0125598_21334396.jpg
今日の徳島南部、桜の花は3分咲きとなりましたが、今朝の最低気温は美波町で3.1度、海陽町では2.5度とまだまだ朝方は肌寒いです。 それでも最高気温は、美波17.8度・海陽17.3度まで上がり、ようやく春らしく過しやすい陽気になってきました。
a0125598_21335278.jpg
そんな春めいてきた南阿波サンラインの崖では、気の早いツツジが花をさかせていましたよ
a0125598_2134458.jpg


一方春の渚では、アカクラゲの一団が次々に漂着中
a0125598_2134169.jpg
渚のアカクラゲ、こうしてアップで見てみると、私の本物のジェリーに見えてきたりして、なんだかとてもおいしそうです!(もう~ おこちゃまなんだから~! ^_^;)
a0125598_2134272.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-03-31 22:11 | 海の生き物 | Trackback | Comments(4)  

散牡丹

先日磯場でウミウシ君を探している時に、こんな生き物を見つけました。
さて、「どこに」・「何が」いるのか分かるかな~!? (^^)
a0125598_2282018.jpg
何がいるか?と聞いておきながら、タイトルには散牡丹って答えを書いているんですけどね。(^_^;)
ハイ、正解はここ☟(赤線で囲ってある所)に「チリボタン」がいます。 わかったかな~?
a0125598_2283546.jpg
渚に打ち上げられているチリボタンの貝殻は、オレンジがかったものから深紅のものなど、様々な美しい赤色をしていて、私達の目を引きますが、生体の貝はこのように☝様々な付着物に覆われていて、岩と同化して何処にいるのかもよく分かりません・・・
a0125598_22192851.jpg
『チリボタン』( 散牡丹)学名:Spondylus cruentus Lischke, 1868 イタヤガイ超科 ウミギクガイ科
[PR]

by taibeach | 2011-03-30 22:19 | 海の生き物 | Trackback | Comments(8)  

柳絞り

徳島県南の渚で拾えるタカラガイの中でも、一年に1個拾えるかどうかという種類がある。
それが『ヤナギシボリダカラ』(柳絞宝)、Luria isabella isabella (Linnaeus, 1758)
殻は細長く、背面の下地色は淡い褐色に不明瞭な淡色帯横断し、縦方向の黒色破線が全体に入る。 腹面は白色で、殻口はせまく、歯列は細かい。(池田等先生のタカラガイ・ブックより引用)
a0125598_21304725.jpg
【左側はヤナギシボリダカラ。 中と右の2つは、前後端に*黒色斑の出るツマグロヤナギシボリ】
  *ヤナギシボリダカラの前後端は橙色。 しかし両タイプの中間個体もあるという・・・

殻表面の黒色破線の所々には粒があり、この模様全体を「※柳絞り模様」になぞらえたのが和名の由来である。
a0125598_21413188.jpga0125598_21421177.jpg「柳絞り」とは
絞り染めの一種。
芯に布を巻いて、しだれ柳に似た柔らかい感じの線文様を表した巻染めの類。
滝絞り。




渚で拾えるヤナギシボリダカラは、エージングされてたものがほとんどなので、なかなか和名の由来となっている柳絞り模様を見ることが出来ませんでした。
ところが先日、ハナビラダカラを沢山拾った磯場で、ついに待望のツルピカ・ヤナギシボリダカラの貝殻を拾うことが出来ましたよ! \(^0^)/
a0125598_22103243.jpga0125598_22104516.jpg










a0125598_22111711.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-03-29 22:11 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)  

『海辺篤史の建もの探訪』

と~きど~き 遠くを見つめる~ ♪ 不安そうな あなたのよ~こ顔~ ♪ 
こ~とばと心の間 それは君しか 分らない~ ♪
見~えないところで 傷ついて~ ♪ ひとりで涙を 流さないで~ ♪
す~べてあなたの 言葉にして~ ♪ 伝えてそのまま ためらわないで~ ♪
あ~なた~の心のかたち 近くに 感じていたいから~ ♪

皆様今晩は、渡辺篤史 海辺篤史です! 
今週の建もの探訪・・・ 現在私は、四国は徳島県、県南の海にお邪魔しています。
今日は、海の中にお住まいのヤドカリさんたちの、家の中にいながらも好きな場所に移動が簡単に出来る、ポータブルな御宅を拝見するためにやってまいりました。
このヤドカリさんたちのお宅、多くはクボガイやイシダタミガイ、イボニシやレイシガイなどの、何処にでもあるような、マキマキ建売住宅(貝)にお住まいの方が多い中、最近はオシャレなお宅に住む方もいらっしゃるとのうわさでございます。
さて本日は、そんな他とは違う素敵な御宅をお持ちのヤドカリさんを御紹介いたしましょう。

先ずはタカラガイのお宅。 幼貝の貝殻は、殻口が広くてお住まいになるヤドカリさんも結構いらしゃいますが、成貝になると殻口もせまくなり、敬遠されるようなのですが・・・
つい先日のこと、ピカピカと輝くハナビラダカラを沢山拾って喜んでいたのですが、ハイター消毒をおえた貝殻の中に、ヤドカリさんが3匹もお住まいだった事があり難儀致しました・・・(>_<)
a0125598_23432487.jpga0125598_23435537.jpg









さて、お次のお宅☟は三角屋根に、赤地に黒点を散りばめた外観が美しい、ナツモモのお宅。
見つけた時は、やった!ついにナツモモの生体とご対面か!?と思ったのもつかの間、貝とは思えない移動スピード・・・ 掴もうとすると、岩の下へとコロコロ・・・ ありゃりゃ
a0125598_23494185.jpga0125598_2349545.jpg










さて、4件目のお宅☟はナツメガイのお宅。 ナツメガイは生時、貝殻は軟体に包まれウミウシ状ですが、貝殻は殻口が広く入居しやすいようですね。
a0125598_23502357.jpg
さてさて、本日最後となるお宅☟は、ミスガイのお宅。
「御簾」(みす)という名前が付いているように、貝殻表面の細かい縞模様はデザイン性に富んでおり、高貴な香りが漂っています・・・?(*^∀^*) 
しかしながら、この御宅注意しなければならないのは、殻が薄くて壊れやすいということです。
でもまぁ、そのぶん建物もほかお宅と比べて超軽量なので、肩はあまりこらないかも・・・(笑)
a0125598_23503560.jpg
いかがでしたでしょうか? 今夜の海の中の建もの探訪・・・ 
ヤドカリさん達のお宅も、施主様の様々なこだわりがお宿に込められているようですね。
ではまた来週! 
[PR]

by taibeach | 2011-03-28 23:51 | 海の生き物 | Trackback | Comments(8)  

ミドリのでべそ

田井ノ浜の磯場、海の生物を探して波打ち際を歩いていた時、海の中に緑色のものが見えました。
水の中に手を入れて触ってみると、ツルツルとしたガラスの手触り!
うむむむ~  こっ、これは~!!
見た感じ、手で簡単に取り出せると思ったのですが、砂や砂利が締まっていてなかなか掘れず、ガラスの割れた断面で手を切りそうになったので、流木を拾ってきてなんとか掘り出しました。
a0125598_2032729.jpg
そうして出てきたガラスがコレ☟
a0125598_204440.jpg
あ~やっぱり、ビン玉(ガラスの浮き玉)の“へそ”の部分でしたね。
この大きく凹んだへそ(写真はビン玉の内側)のビン玉は、台湾の尺玉なのでしょう。
[PR]

by taibeach | 2011-03-27 20:40 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(12)  

海のカネゴン!?

今日の徳島県南、相変わらず気温が上がらず、肌寒い一日となりました。
a0125598_21184585.jpg
今日はお休みだったので、またまた磯観察に行ってきましたが、強い風が吹いて海面が波立ち、水中の様子がよく見えず苦労しました。(>_<)
風の止み間に、冷たい風が吹く陸上よりも、あたたかな水温の海の中で見つけたのがコレ☟
シースルー・ボディをしたラッパのような怪しい生き物・・・
a0125598_21185531.jpg
こいつ、以前に尚さんのブログで紹介されていたメリベウミウシに似ていると思って、家に帰ってから画像を確認して見たんだけど、背中にある筈の4~9対の突起がありません。
背中の突起は刺激を受けると脱落しやすいということなのですが、さてどうなのでしょうね?
a0125598_2119455.jpg
このメリベウミウシ、餌にしている小型の甲殻類を捕食する時には、写真のようにパックリと大きな口を開け、吸い取ってしまうらしいのですが、この姿なんだかガマ口を大きく開けてお金を放り込むカネゴンに似ていると思いませんか?(笑)
[PR]

by taibeach | 2011-03-26 21:39 | 海の生き物 | Trackback | Comments(4)  

春便り、花便り

今日の徳島、折角綻びかけた桜の蕾が、キュッと縮んでしまいそうなくらいの寒い朝。 
県内各地の最低気温は、県西部の池田で-2.7度、穴吹-1.3 度、徳島市は1.3度、阿南市蒲生田では2.0度、県南部でも、美波町で1.8度、海陽町-0.1度と、各地ともに3度にも達しない厳しい冷え込みとなりました。

そんな寒~い今日の徳島県南ではありますが、春は一歩一歩確実に近づいて来ています。
a0125598_2327278.jpg
                        【 球春! 】

 そして田井ノ浜の渚では、ハマエンドウの花が咲き始めていました!
a0125598_23273367.jpga0125598_23274760.jpg










a0125598_23275936.jpg

     春の来ない冬はない。 がんばれ東日本! 頑張ろう日本!
[PR]

by taibeach | 2011-03-25 23:35 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

花びら祭り

20日・日曜日に行った県南の海
この日は大潮、干潮をむかえた磯場は、こんな風にカゴメノリとヒジキにびっしりと覆われています。
そして磯溝のタイドプールには、餌が豊富なのでしょうね、大量のムラサキウニが潜んでいます。
a0125598_2372285.jpg
そんなムラサキウニたちの住処は、ハナビラダガラにとっても住みやすい環境なのでしょうか? 
数多くの生体が見られ、それと共に(こんな風に☟)ウニ達の間で貝殻もたくさんの拾えました。
a0125598_2374171.jpg
前回この近くの磯場に来た時は、環境が違っていたからか、「ナツメモドキ祭り」という感じだったのですが、今回は桜の花もほころび始めたから?か、花びら(ハナビラダカラ)祭りでしたよ!(^^)
a0125598_238475.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-03-24 23:35 | 海の生き物 | Trackback | Comments(8)  

さくら、咲くか? サクラ、咲く!

今日の徳島県南、最低気温は美波町5.0度、海陽町2.6度(最高気温:美波・海陽共に11.7度)と、肌寒い一日でしたが、職場近くの桜はキレイなピンク色の花が5分咲きとなっていました。
a0125598_22284698.jpg

昨日22日、高知地方気象台は中四国では初めて、高知市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。 今年は3月も寒い日が続いたからか?昨年より12日遅く、平年より1日早いそうです。
日本気象協会3月23日発表の、徳島市の桜(ソメイヨシノほか)の予想満開日は3月28日ということですが、今日の県南・美波町にある四国八十八箇所霊場・第二十三番札所「薬王寺」の桜は、もう今にも咲きそうな感じでしたよ。
a0125598_2241098.jpg
a0125598_22411368.jpg
この週末には、徳島県南でも桜の開花宣言が出来るかもしれませんね! …とは言っても、ここは日本気象協会の観測点ではないので、開花宣言は私が私的に出すのですがね。(^^;)

そんな桜の開花が待ち遠しくて仕方のない私は、先日小松海岸の渚を歩いて拾い集めたサクラガイの貝殻で、こんな☟桜の花を作ってみましたよ!
a0125598_22502466.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-03-23 22:50 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(8)  

海中花火

タイドプールの生き物を観察していると、こんな面白いものをよく見かけます。

     打ち上げ前・・・・・
a0125598_19231187.jpg

     ドン!  ピュ~~~~

     ドッカ~~~~~ン!!   

     た~まや~~!    か~ぎや~~!!
a0125598_1927188.jpg
      まるで海の中に、打ち上げ花火が花開いたように見えませんか? (^^)

コイツの名前は、『ケヤリムシ』 (毛槍虫 : この和名の由来は、大名行列の先頭が振り歩いている、先端に鳥毛の飾りをつけた“毛槍”に似ていることから。)
環形動物門多毛綱ケヤリムシ目ケヤリムシ科に属する動物で、体からの分泌物と泥などでつくった管に入ってくらしています
写真のように、水中では「鰓冠」を花のように広げ、呼吸の働きとともに鰓冠の繊毛の生えた羽状突起で、呼吸をしたり餌を集めたりしています。

実は上の写真の順番は逆。 海中で鰓冠をユラユラと広げているケヤリムシは、人影を察知すると最初の写真のように、サッと棲管の中に隠れてしまいます。
まるでイソギンチャクのような感じですが、ゴカイの仲間なのだそうですよ。

海の中でピンク色の鰓冠が花開いている姿は、とってもカワイイものですが、干潮で潮が引いてしまい、水の上に上がってしまうと・・・ 
a0125598_19351243.jpg
     こんな風に☝ずいぶんと情けない姿になってしまいます。(^_^;)
[PR]

by taibeach | 2011-03-22 19:35 | 海の生き物 | Trackback | Comments(6)