<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

心配なこと・・・

今日で6月も終わりですね。  あぁ… 今年も半分が過ぎてしまったのか・・・ 早いなぁ・・・
徳島県南、今日も雲は多かったものの、晴れのお天気で暑い一日となりましたが、どうやら明日は雨が降る予報ですね。(梅雨明けはなくなったか・・・)  でもまぁ、最近は暑い日が続いていたので、雨が降ると少しは涼しくなってくれるのでいいかも!
県南部・阿南市の北の脇海水浴場では明日、県内トップをきっての海開きが行われる予定だそうなのですが、関係者の方々は、明日のお天気を心配しているでしょうね。

さて、心配なことと言えば、「ウミガメおよび産卵地」として国の天然記念物に指定されている県南・美波町の大浜海岸。
a0125598_222266.jpga0125598_2221445.jpg









今年も5月20日より、文化財保護法、自然公園法、美波町文化財保護条例、美波町ウミガメ保護条例の趣旨にそって保存のため、保護規制が行われていますが、昨日までのアカウミガメの上陸数は「0頭」 今日このまま上陸しないとなると、5,6月の上陸数が0頭だった平成18年と並ぶワースト記録※(結局平成18年の上陸は、2頭のみだった)と並ぶ記録となることから、こちらの関係者の方々もすごく心配されていることでしょう。  
 ※ 美波町HP:「大浜海岸における年度別上陸頭、昭和25年から平成18年まで」参照
今日の大浜海岸の海は、波もなくとっても穏やかな表情を見せてくれていました。
どうか一日も早く、アカウミガメさんが上陸・産卵しますように・・・
a0125598_22104521.jpg


さて、同じ美波町にある、3日の日曜日に海開きを控えた田井ノ浜では、もっと心配な事件が起きていました。
徳島新聞のネットニュースによると、7月3日の海開きに備えて、砂浜に打ち上げられた海藻を埋めるために掘っていた穴に、産卵のために上陸したアカウミガメが落ちてしまい抜け出せなくなっていたというのです。
救出されたアカウミガメのお母さんは、うみがめ博物館カレッタで保護され、屋外プールで数日間、様子を見た後、海へ戻す予定だそうですが、この母ガメはお腹の中に卵を抱えているとみられ、保護している間に産卵する可能性があるのだとか。 もしそうなら無事に産卵してほしいものです。
ですが今回のことがこの母ガメに嫌な記憶として残り、もう二度と田井ノ浜になんか来ない!ということにでもなると、悲しいですね・・・
a0125598_22112486.jpg
そんな田井ノ浜の砂浜には、このような漂着海藻を捨てるための穴が、3か所掘られていますが、3ヶ所とも柵などが設置されているわけではありません。 
夜、真暗な海岸を散歩をしていて誤って穴に落ちる人は、たぶんいないかとは思いますが、小さな子供達の中は、こういう場所で遊ぶのが大好きな子もいます。 
例年のことなので、こういう危険性が潜んでいることなど、私も今まで考えたことはなかったのですが、楽しい思い出を作るために訪れる場所が、悲劇の場所に変わらぬような対策が、早急に求められるのではないでしょうか?  
こういう危険性があることを、身をもって教えてくれたウミガメのお母さんのためにもね!
a0125598_22114011.jpg
もう一つ心配なこと、それは今月10日、7年ぶりに田井ノ浜に産卵されたアカウミガメの卵
ちょうど監視塔(白い建物)の下辺りに産卵されたと思うのですが、水色の建物下に同じように穴が掘られた時に、産卵された辺りを重機が通ったような跡が・・・
町ぐるみでウミガメの保護に力を入れている美波町なので、私が知らないだけで、たぶんもう既に安全な場所へと卵は移動されているのだと思いますが、徳島県南へと上陸産卵するウミガメの保護について、もう一度皆で考え直さなければならない時が来ているのかもしれません。
a0125598_2212114.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-06-30 22:12 | 海の生き物 | Trackback | Comments(4)  

マチビトキタラズ・・・

暑い・・・ まだ6月だというのに、何なんでしょうねぇこの暑さは・・・ (>_<)
今日も徳島南部は、朝からピーカンのお天気! 台風5号と共に、梅雨空もどこかに行ってしまったようですね・・・ 
週間天気予報では、日曜日までお日様マークがずらりと並んでいましたが、今日の梅雨明けの発表はありませんでした。 
四国の梅雨明け、平年値は7月17日。 2000年以降で最も早かったのは、2008年の7月6日ということなので、6月中の梅雨明けというのは、やっぱり発表し辛いのでしょうかね?(^^)
でもまぁ、梅雨明け宣言のあるなしに関係なく、真夏のような暑さは変わらないのですが・・・

ところで皆さんは、もう今年ご自宅のエアコンを使い始めたでしょうか?
今日職場で同僚数人と最近の暑さの話をしていた時に、エアコンの話になったのですが、どうやら今年エアコンを使い始めていないのは、我が家だけのようでした・・・
今年は早くも熱帯夜となった日もあり、皆さん例年よりも早くエアコンを使い始めたらしいです。
現在(夜12時前)我が家の室温は32℃・・・ さすがに扇風機は使い始めましたが、さぁ、何処までエアコンなしで我慢出来るでしょうか?
エアコンを我慢と言えば、日テレの女子アナの葉山エレーヌさん、かれこれ8年間もエアコンを一切使っていないのだとか・・・ マジで!? エアコンを使用しない生活の秘密、教えてほしい・・・

さて、土・日・月・火曜と4日間、台風が運ぶ漂着物を求めて田井ノ浜の渚に通い、毎日しだいに青いクラゲたちの数が増えてきていたのですが、今週末の海開きに向けてついに浜掃除が始まってしまいました・・・
a0125598_23461844.jpg
昨日の波打際には、大量のカツオノカンムリに混じり、カツオノエボシもポツポツと漂着中
a0125598_23514668.jpga0125598_2351586.jpg









クラゲ達の混じった漂着海藻を、一つ一つ解しながら歩きましたが、結局待ち人には出会えず・・・
梅雨明けが6月中にしないのと同じように、青い貝に出会えるのも、7月に入ってからなのかもしれません。
a0125598_2352944.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-06-29 23:52 | 海の生き物 | Trackback | Comments(8)  

塩分増量!潮ら~めん

今日の徳島県南は、スカッ!とするような青空が広がり、夏本番って感じで気持ちがイイ~!!
そんな今日、九州南部は梅雨明けをしたそうですね。 平年よりも16日、昨年より22日早く、統計を取り始めてから2番目に早い梅雨明けとなったそうですが、今日の青空を見ていたら、ついでに四国も、もう梅雨明けしましたよ~!ってことでもいいんじゃないでしょうかね~!?(笑)

さて台風5号の影響で、大波が次々に押し寄せていた田井ノ浜に渚には、こんなものが漂着
「サッポロ一番・塩らーめん」のカップ麺! 私大好きなんですよねコレ―♪
トマト、キュウリ、ナス、カボチャ、シシトウ、ピーマン・・・気温が高くなり、夏野菜の美味しい季節となりましたね。 最近は、よく野菜を頂けるので(ありがたやありがたや~)毎日のように野菜を食べていますが、汗をたくさんかく夏には、塩分補給も大切なこと。
たまにはこんな塩ラーメンでも食べてみたくなりますよね~! 
家計に優しいもやしを、麺が見えないくらいに、たっぷりとトッピングしてさ! (*^∀^*)
a0125598_22225463.jpg
この塩らーめん、なんと未開封だったのですが、海を流れてきたので通常よりも塩分増量中~!
折角の出会いでしたが、血圧が高くなっては元も子もないので、その場でさよならしてきました・・・
[PR]

by taibeach | 2011-06-28 22:23 | 食品・飲料パッケージ | Trackback | Comments(6)  

打ち上げられたクジラ

日本各地に大雨を降らせた大型の台風5号は、北朝鮮地域に上陸後に消滅したしましたが、南から暖かく湿った空気が流れ込んだ今日の徳島県では、県西部や南部の山間部を中心に強い雨となり、特に激しい雨が降った県西部の三好市では、国道などの通行止めが相次いだほか、JR土讃線が運休するなど交通網に影響が出たそうです。
そして県南部でも、昨日夕方から阿南市や美波町で大雨警報が発令されていたこともあり、小中高校で臨時休校や授業開始を遅らせるなどの措置が取られたのですが・・・
大雨どころか、全然降ってきませんでしたよ・・・ あらら~?
でもまぁ、大雨による被害もなかったことだし、ヨカッタヨカッタ。
・・・とまぁ、そんな雨が降りそうで降らなかった今日の徳島県南は、昨日とは違い晴れ間も見えて気温が上昇し、風はまぁまぁ吹いていたのですが、湿度が高く蒸し暑~い一日となりました。 
あぁ… あまりヨクナカッタ! (>_<)


さて、最近は梅雨の長雨や台風の影響で、生き物の漂着の多い田井ノ浜の渚ですが、台風5号の影響で大波が打ち寄せていた波打際には、『クジラ』の漂着がありましたよ!

 クジラの漂着~!?

でもね、クジラといっても、そんな大きなクジラではありません。

私の手の平に、ちょうどのっかるくらいの大きさ・・・

 手の平サイズのクジラ ? ? ?

ハハハ、皆さんそろそろおわかりですね。

私が見たクジラの正体は、本物のクジラではなくて、実は小さなお子さんがお風呂の中で遊ぶ、アンパンマンが乗ったお風呂玩具のクジラなのでした!(^^)
a0125598_2222990.jpg
このクジラをお風呂に浮かべ、背中の紐のついた黄色い浮き輪を引っ張り、止まった所で浮き輪を放すと、尾びれをバタバタとさせながら前進するのですが、砂浜に打ち上がったこのクジラは、砂を大量に呑み込んでしまい、体調が悪くなってしまったのでしょう。 浮き輪を引っ張っても、尾びれはピクリとも動きませんでした・・・(>_<)
[PR]

by taibeach | 2011-06-27 22:02 | キャラクター、おもちゃ | Trackback | Comments(4)  

渚の井守

台風5号の影響で南方から湿った空気が流れ込み、雲の多いお天気となった今日の徳島県南。 
夜中には、雨音で目が覚めるくらいの雨が降っていたので、今日一日は家の中で巣篭もりを覚悟していたのですが、心配していた雨もあまり降ることもなく、3時頃には海の方角の空が明るくなってきたので、渚へと出かけてみました。
a0125598_17525047.jpg
昨日に比べると、ややおさまってきたものの、まだまだ波が高く、ソルトスプレイを巻上げながら、強い南風が吹きつける渚には、葦や流木を中心としたものが漂着。
人工物の漂着は、今回もあまり多くありませんでしたが、エボシガイのアクセサリーを付けたものなどもあり、ひょっとしたら?と青い貝を探して漂着帯を歩きましたが、到着はまだのようでした。

昨日は、ミヤマクワガタのオスを見つけた渚でしたが、今日はなんとメスを発見!
残念ながら、このメスは波をかぶってしまったらしく、もう動くことが出来なくなっていましたが、昨日のミヤマ君、この娘と出会えていたのでしょうか?
a0125598_18281351.jpga0125598_182839100.jpg









さて、先日までは長雨で降水量が多く、増水した川の水が上流から色々なものを運んでいました。
先日の渚に漂着していたのは『ミシシッピアカミミガメ』の子供(通称:ミドリガメ)。 
ミドリガメと言えば、“夜店の亀すくい”が思い浮かびますが、今やあちこちの川や池で、野生化した姿を見かけることがやたら多くなってきましたね。
彼らはニホンイシガメの住処を奪い、強い繁殖力によって大繁殖をしているそうですが、こうして渚に流れ着くミドリガメも、ペットが捨てられたものではなく、自然下で生まれたものが、他のカメのように川を流れてきたものなのでしょうね。     川を流れてきたというと、今日は☟こんなものが…
a0125598_18302547.jpga0125598_2012685.jpg









漂着した海藻の上でもがいていたのは、先日 尚 nao.さんのブログでも紹介されていた『アカハライモリ』 市街地などで個体数が減少したことに伴って、2006年には環境省レッドリストでも準絶滅危惧種として記載されたそうですが、徳島県南の田や池沼では、まだまだたくさん生息しています。
このイモリ君も、増水した川に運ばれて海まで来たのでしょうが、まだ流れ着いて間もないのか、元気に動きまわっていたので、近くの沼に連れて行ってあげましたよ。(*^_^*)
a0125598_20214850.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-06-26 20:22 | 動物、昆虫 | Trackback | Comments(10)  

渚と深山

天気予報では、梅雨前線が再び南下し、さらに北上中の台風の影響を受けて、天気の崩れが予想されていた徳島県南でしたが、今朝は雲一つない快晴のお天気!
昨日は去年よりも33日も早い熱帯夜を記録し、今日も美波町・海陽町共に最高気温が32.4℃と、連日の真夏日になり、6月なのに早くも夏本番!という感じです。
a0125598_20535680.jpg
さて、台風5号の接近による影響で、田井ノ浜の渚もしだいにうねりが大きくなってきました。
a0125598_20542768.jpg
青いクラゲが姿を見せ始め、台風後の浜歩きが楽しみになってきた渚には、ミヤマクワガタの♂がひっくり返ってもがいていました。 何故こんな所に? 海にナンパしに来たわけじゃないよね(笑) 
しだいに大きくなってくる波に、あと少しで波さらわれそうになっていたのを、すんでのところで救出し、近くの雑木林に放してやりましたが、夏が終わるまでに、かわいいメスに出会えるかな?
a0125598_20543812.jpg
雑木林の近くのヤマモモの木には、赤く熟して美味しそうな果実が、たわわに実っていましたよ。a0125598_2054525.jpga0125598_2055418.jpg










まさに食べごろのヤマモモでしたが、この実も台風の風で全部落ちてしまうのでしょうね・・・(>_<)
a0125598_20551360.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-06-25 21:39 | 動物、昆虫 | Trackback | Comments(6)  

育てよう!浜辺の植物 (失敗編)

昨日の田井ノ浜の渚には、こんなものが漂着していました。
a0125598_21541313.jpg
一見、ハチの巣?と思ってしまうようなコレ。 以前にも紹介したと思いますが、これは蓮の『花托』
蓮の花の花びらが散るとこの花托が残り、それが成長すると茶褐色の果托となり、蜂の巣状の穴の中一つ一つに果実(種子)が出来るのです。
この花托は、ハチの巣に似ているため、昔は蜂巣(ハチス)と呼ばれていたそうだが、それが略されて「ハス」と呼ばれるようになったのだとか・・・
そう言えば、阿波のお殿様は蜂須賀(ハチスカ) ・・・ってこれは関係ないね。 スイマセン(^^;)
a0125598_21544236.jpg
成熟した果実は、果托よりこぼれ落ち、水に浮かんで池や沼から川、そして海と流れ出し、やがて渚へと漂着して来ます。 そんな渚へと漂着した蓮の実を、福井のビーチコーマーのことまるさんも拾われたそうですが、私はこの春に、浜辺の植物の種を蒔いた時に、実は渚で拾ったこの蓮の実も、試しに蒔いていたのでした。
ハマナタマメの時もそうでしたが、この蓮の果実(種子)も非常に堅くて、そのまま蒔いたのでは、いくら待っても待っても、一向に発芽をすることはないので、種子の一部をハマナタマメの時の要領で、少しキズを付けてから蒔きます。
種子を蒔いて一週間もすると、このように☟緑鮮やかな芽が出てきます。
a0125598_21572733.jpg
ネギの成長過程がそうであるように、折りたたまれている芽は、この後ピン!と真っ直ぐに伸びる筈だったのですが、どうもこの辺りで(以前の時もそうでした…)芽の生長が止まってしまい、今回もついには枯れてしまいました。 (>_<)
a0125598_21574449.jpg
蓮を実生で育てるのは無理なのか・・・
今回、調べて分かったのですが、どうやら種子の蒔き方に問題があったようです。
正しい?蓮の実(種子)の蒔き方が判ったので、早速今日、その方法を試し始めてみたのですが、さて今度こそはリベンジ成るのでしょうか?
[PR]

by taibeach | 2011-06-24 21:58 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

青い空、青い海、青い帽子

梅雨の長雨もひと段落の徳島南部、今日は朝から気持ちのよい青空が広がりました。 
(こんないいお天気の日に休みが欲しかったなぁ・・・)
a0125598_225854.jpgジメジメとした梅雨の湿った空気を乾いた西風が追いやり、気温は高くても、木陰に入るとその風のお陰で気持ちよく過ごせるのですが、一歩室内に入ると、冷房を控えている為に蒸し風呂状態。 
室内温度も、ほれ ☞ この通り・・・ マジ暑いっす!!  (>_<)
                (ちなみにこの気温、朝10時の気温です)☞

さて、久しぶりの晴れ、しかも一日中強い西風が吹いたので、もう仕事中から、海の方角を眺めてムズムズ・・・ 今日はどこの渚へ行こうか?と迷いましたが、結局、田井ノ浜の渚を歩きました。
a0125598_22183011.jpg
久しぶりに見る青い空に、青い海!  今は夏なんだなぁ・・・と改めて実感。 あぁ泳ぎたい!!
そんな夏の渚には・・・ やっぱり! にらんだ通り、鰹の青い帽子が漂着していましたよ。(^^)
a0125598_2224295.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-06-23 22:24 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(6)  

海胆(ウニ)鳥のヒナ

あ 暑いですね! 今日は、一年のうちで一番お昼が長い日、二十四節気のひとつの夏至。
徳島県南は、朝から晴れのお天気でしたが、薄雲に覆われて蒸し暑~い一日となりました。(>_<) 

さて一昨日から、渚で出会ったウニのお話を書いていますが、今日こんな卵が孵化しました!
a0125598_21485649.jpg
この卵の中から孵化してきたのは、こんな⇩ 海胆(ウニ)鳥のヒナでしたよ~! \(^0^)/
a0125598_21514850.jpg
・・・なんちゃって(笑) 海胆鳥なんて鳥がもしもいたとしたなら、そのヒナは柔らかな羽毛ではなく、全身をこんなトゲトゲに覆われているのでしょうね~ こりゃ痛そ~!! (>_<)
あ、一枚目の卵に殻は、見ただけでピ~ンときた方もいるでしょうが、今日職場のツバメの巣の下で拾った卵の殻です。 ツバメのヒナ、こちらは本当に無事に孵化したようですね~!(●^o^●)
[PR]

by taibeach | 2011-06-22 21:59 | 海の生き物 | Trackback | Comments(8)  

ウニウニ大行進! その2・紫海胆

今日は、早朝に土砂降りの雨が降った徳島県南でしたが、しだいに雨雲は去り、数日ぶりに青空を見ることができました。   お日様が顔を出して晴れたのはいいんだけど、雨上がりで湿気が高かった上に気温が上がったので、蒸し暑~い一日となってしまいました。 う~暑っつ~!(>_<)
午後になり山の方角を見ると、まっ黒な雲に覆われて、雷がゴロゴロと鳴りだしましたが、そのままなんとか天気は崩れることがなかったので、夕方に久しぶりにS浜の渚を歩いてきましたよ。
a0125598_21552529.jpg
S浜の渚は、すぐ近くに磯場があるために、今日もたくさんのウニ殻が打ち上げられていました。
ほとんどがバフンウニなのですが、その次に多く打ち上げられているのが、☟このムラサキウニ。
a0125598_21553547.jpg
磯場のタイドプールの中でも、周りの色とは明らかに違う、この黒に近い濃紫色のムラサキウニは、付着物などをくっ付けてカムフラージュすることもないので、このように☟よく目立ちますよね。
a0125598_2156215.jpg
                                    【☝3月末 牟岐町の磯にて】
ムラサキウニの産卵期は7~8月。 これから夏にかけてがまさに旬! 美味しい時期を迎えますが、味はバフンウニの方が上なのだとか・・・   私はムラサキウニで充分ですけどね。
そんなムラサキウニ、嵐の後などには空っぽの殻ではなく、棘も付いたまんまのものが打ち上げられていますが、そんなものを処理すると、殻の紫色も鮮やかなウニ殻が出来上がりますよ。(^^)
a0125598_21565532.jpg
【ムラサキウニ(紫海胆) 学名:Anthocidaris crassispina 、 棘皮動物門ウニ綱ナガウニ科】
[PR]

by taibeach | 2011-06-21 22:02 | 海の生き物 | Trackback | Comments(4)