<   2011年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

漂着物を探そう!2011 (Part1)

今日は毎年恒例、徳島県立博物館・夏の人気行事、『漂着物を探そう!』が開催されましたよ。
この、『漂着物を探そう!』は、私が毎年すごく楽しみにしている行事なので、前日から、まるで遠足前の子供のようにワクワクし過ぎて、あまりよく眠れなかったのですが、朝は朝で今度は早く目覚めてしまい、結局文化の森にも、集合時間の1時間も前に着いてしまいました。(笑) 
・・・ということで、今はす~ごく眠いです・・・ ( ̄∇ ̄*)ゞ

この『漂着物を探そう!』は、毎年応募者が多数ある人気行事ゆえに、今年も抽選となり、厳正な抽選によって今回の参加者が決まったそうですが、おしくも抽選に漏れてしまった方々。。。 
大丈夫ですよ!! o(〃^▽^〃)o
来月9月4日の日曜日に、徳島市の小松海岸において『海の観察会』が開催されますからね!
今回は残念ながら抽選漏れとなり、参加できなかった皆さん! 応募はしなかったのだけども、
ビーチコーミングに興味があるという方は、どうぞ来月の『海の観察会』に御参加下さいね!

さて、そんな抽選で選ばれたラッキーな方々と共に、文化の森をバスで出発して向かったのは、阿南市の那賀川河口の渚。 
初めて参加される方がほとんどなので、先ずはBCトレーニングがてら渚を歩きます。 
去年の行事の時はこんな感じで、漂着物はあまりなかったのですが、今年はマーゴンの置き土産が、山のように堆積して、渚を覆い尽くしていました。 凄かった~!  
でもここは、大きな川がすぐ横を流れる河口の渚。 漂着物のほとんどが、アシやヨシ、流木や落ち葉などの、川の上流から流れてきたものだったので、正直あまり期待はしていなかったのですが、それでもやっぱり多くの目があるというのは違いますね! それなりに色々なものが集って来るのだから、何ともビーチコーミングは面白いですね!(^^)
a0125598_21332164.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-07-31 21:33 | 博物館・水族館 | Trackback | Comments(4)  

来週には咲きます!

ウチの可愛い、グンバイヒルガオ君。
a0125598_23111673.jpga0125598_23112846.jpg









春先には、何処からともなくアブラムシがやって来て、ムシャムシャと葉っぱを食べられましたが、毎日駆除したおかげで、夏の太陽をいっぱい浴びて元気に育ち、蕾がこんなに~♪ v(≧∇≦)v
a0125598_23114185.jpg
来週には、可愛いピンクの花を咲かせてくれるでしょう! 来週が楽しみです! ☆=*^-^*=☆
[PR]

by taibeach | 2011-07-30 23:12 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

一雨ほしい・・・

はぁ~ 今日もまた暑かったですねぇ・・・
こんな暑かった日の夕方には、ザァーっと一雨ほしいものですが、なかなか降ってほしいと思う時には、都合よく雨は降ってくれないものですね。(=´Д`=)ゞ
a0125598_23393767.jpg
さて、この可愛らしいカエルの指人形は、マーゴンが過去った後の田井ノ浜に漂着していたもの。
カエルの頭の裏側には、“コルゲンコーワ”の文字が刻印されていました。
この指人形は、風邪薬を買った時に、付いてくるオマケだったのでしょかね?
a0125598_23395785.jpg
薬のオマケと言えば、私が子供の頃、近所の薬屋さんに薬を買いに行くと、オマケに風船を2,3個くれたものですが、今の子供は風船くらいではあまり喜んでくれないかもしれませんね。
片田舎の子供だった私は、風船をもらえることがすごく嬉しくって、進んで薬屋さんへのお使いを引き受けたものですが、現在では百均に行けば、袋いっぱいの風船が買え時代ですものね・・・
ええっと、話が脱線してしまいましたが、今日の主役は風船じゃなくてカエルでしたね。(汗)
コルゲンコーワと言えば、興和株式会社の風邪薬。 その興和のマスコットと言えば、薬局の店頭に置いてあるでっかいカエルのマスコット人形が有名ですよね!
この興和のカエル、1949年に薬の新聞広告の中で登場したのが最初で、薬局の店頭に設置されている「マスコット・カエル」は、昭和38年(1963年)10月に誕生したそうですよ。
さてさて、私が拾った指人形のカエルだが、興和のマスコット・カエル“ケロちゃんコロちゃん”の公式ホームページコーワのケロコロランドのカエルの歴史「ケロケロヒストリー」によると、この指人形は1店頭カエルよりも前の、1958(昭和33)年に登場し、店頭カエルのモデルにもなったそうです。
で、この指人形のカエルですが、1966(昭和44)年にそれまでのグリーンピンクブルーに加え、ブラック、イエローオレンジなどの7色を加えた、全10色の指人形の内の1つのようです。
a0125598_2340521.jpg
こちらの緑色のカエルは、☝1978(昭和53)年登場のコロちゃんのマスコット中カエルか?
[PR]

by taibeach | 2011-07-29 23:52 | キャラクター、おもちゃ | Trackback | Comments(2)  

畜油中

今日の徳島県南、真夏の太陽が帰って来て、また暑~い一日となりました。
午後からは山の方に雲がかかってきたので、夕立でもあるかもと期待したのですが、結局雨は降らず・・・ 今夜は寝苦しいかも~(≡д≡) 
a0125598_2263169.jpg
先日通りかかった県南のとある畑では、ケイトウの花の収獲の真っ最中。 真夏のギラギラ太陽に負けないくらいに、まるで燃え盛る炎のような、真っ赤な花を咲かせていました。
a0125598_2264934.jpg


さて、昨日はマーゴン置き土産の、ドウダイグサ科の珍しい漂着種子を紹介しましたが、6月の初めにキレイな花を咲かせていた、同じドウダイグサ科のアブラギリ。
a0125598_22352499.jpga0125598_22353899.jpg









今はこんな立派な実が☟たくさん実っていましたよ。 
このアブラギリの種子から採れる油、何かの燃料に利用出来ませんかねぇ~?
a0125598_2235536.jpg
         【アブラギリ (油桐) 学名:Vernicia cordata  トウダイグサ科】
[PR]

by taibeach | 2011-07-28 22:54 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

赤道を越えて、プカプカ・・・?

伝説の赤塚ギャグマンガ「おそ松くん」のビーチサンダル(旧・月星化成㈱→現・株式会社ムーンスター社製)を拾った外ノ牟井の浜。 ビーチサンダルのすぐ側で、こんな種子☟を拾いました。
a0125598_2159153.jpga0125598_2159266.jpg









この真っ黒なこの種子、見た目はゴツゴツしていて、見つけた時は“ククイノキ”の種子かと思ったのですが・・・
a0125598_21594815.jpg
拾い上げてよく見てみると、ククイノキのようなクルミ型ではなく、正面はほぼ球形だが、横の方から見ると扁平な形をした楕円体。 縦縞状にゴツゴツした突起が連続している。
サイズは、縦30.6㎜、横30.7㎜で(ほぼ同じ)、幅(厚み?)22.6㎜
a0125598_22121179.jpg
       【上方向から ☟】    【種子側面から ☝】    【下方向から ☟】
a0125598_22101858.jpga0125598_22103320.jpg









この謎の種子、確かどこかのHPで見たような気がして、家に帰ってから検索してみると、石垣島観光WEBサイト・「石垣島海辺.COM」内の「八重山諸島の漂着物」の中に似た種子を見つけましたが、どうも感じが違うようなので、私のビーチコーミングの師匠である徳島県立博物館の茨木氏に見て頂いたところ、いろいろと調べて下さって、『Omphalea papuana』という植物の種子ではないかと教えて頂きましたよ。
a0125598_22472954.jpg
【Omphalea papuana】 ニューギニア、ソロモン諸島、オーストラリア北東部あたりに自生?
 「Omphalea」は、双子葉植物、ドウダイグサ科。 木本性のつる植物、または低木。 約20種が熱帯地域に分布する。
どうやら、アブラギリやククイノキと同じような、キャンドル・ナッツ系の種子のようですね~(^^)
[PR]

by taibeach | 2011-07-27 23:12 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(8)  

お粗末?

今日もまた、大気が不安定な天気の徳島県南。
午前中は晴れていたのに、午後からは風が強くなり、辺りが急に暗くなってきたと思ったら、突然激しい雨が降りだしてきました。 雨は30分くらいであがったのですが、その後も雲に覆われて、雨が降ったりやんだりの愚図ついたお天気。
でもまぁ、雨のお陰で夜は涼しくなって、よく眠れるから大歓迎なのですがね。

さて先週の木曜日、夕方仕事を終えて帰っていたのですが、なんだか急に海に行きたくなったので、御無沙汰していた外ノ牟井の浜に行くことにしました。
ここ外ノ牟井の浜は砂利浜なのですが、御多分にもれず、この浜も他の浜と同様に、マーゴンの大波によって大きく浜の様子が変わっていました。
そんな外ノ牟井の浜には、こんなとっても懐かし~い☆キャラクターが描かれたビーチサンダルが、漂着していましたよ!
a0125598_22583787.jpga0125598_22584688.jpg









『おそ松くん』 赤塚不二夫漫画の不朽の名作!
テレビアニメでは、『サザエさん』のフグ田サザエ役の声優・加藤 みどりさんが、おそ松くんの声を担当していましたね。
a0125598_2259776.jpg
おそ松くんの下に描かれている猫。 ずいぶんとぼけた顔をした猫ですが、おそ松くんの猫と言えば、「ニャロメだニャロメー」のニャロメですが、この猫はなんだかちょっと違う雰囲気・・・ デカパンおじさんの飼い猫かもね。(笑)
いずれにせよ、いかにも赤塚作品らしい、見つめていると、思わずプッっと笑ってしまいそうな顔をした猫ですよね~(*^∀^*)
[PR]

by taibeach | 2011-07-26 23:32 | キャラクター、おもちゃ | Trackback | Comments(4)  

鮫肌じゃないのョ! 乙女ですモン!

a0125598_20521690.jpg昨日7月24日、1953年に始まったアナログ放送が約60年の歴史に幕を下ろし、地上波テレビが、震災の被害が大きかった東北4県を除いた44都道府県でデジタル放送へと完全移行した。 ・・・ようですね・・・
私のテレビも、どのチャンネルを見ても砂嵐。  やっぱりですか・・・  
今日から私も“地デジ難民”ってやつの仲間入り~?(笑) 
本当だったんだね草彅君!Σ( ̄ロ ̄lll)

さて今日は、マーゴンが来る前の海に、磯遊びに行った時に出会った乙女の話。
a0125598_2146258.jpga0125598_2148468.jpg









梅雨中は、なぜか休みの日になると、雨が降ったり海が荒れたりしてタイミングが合わず、磯遊びに行けなかったんだけど、梅雨明け後、尚さんのブログでウミウシ・ネタが続いたものだから、もうさすがに我慢できなくなり、お天気も干潮の時間もドンピシャだった15日に海へと行ってきました。
この日は日差しがすごく強かったこともあり、タイドプールはまるで温泉のような温かさ
とりあえずは、去年たくさん見つけることが出来たシロウミウシを探したのだけれど、いるのはタツナミガイばかりで、アメフラシさえ見つからない・・・(>_<)
それでも諦めずに、水中を覗きながら探し泳いでいたら、ようやくアオウミウシを発見できた。
ホッと一安心してヤドカリさんとたわむれていた時、その側にいたがこの娘☟
a0125598_22423155.jpg
この娘も以前に、尚さんのブログで見たことがあったので、直ぐに判ったよ。
『サメジマオトメウミウシ』 ( 鮫島乙女海牛、 学名:Dermatobranchus striatellus 、タテジマウミウシ科 オトメウミウシ属 ) 体長が約1センチの小さなウミウシだったんだけど、アオウミウシを探していただけに、ブルーの体色は見逃すことがなかったな。()
[PR]

by taibeach | 2011-07-25 23:00 | 海の生き物 | Trackback | Comments(4)  

夏の太陽を浴びて

最近の徳島県南、台風6号の通過以降は、何やら大気が不安定な日が続いています。
7月後半なので、確かに昼間は暑いのですが、朝夕は涼しくて、例年の同じ時期ならば、太陽の熱を蓄熱して暑くて寝られない我が家でも、窓を閉め切って寝ても(もちろん扇風機もなしです)、肌寒い夜があるくらいなのですよ。
来月になっても、こんな気候が続いてくれたら、節電にもなるんですがね。(^^)

さて、先日ある方のブログで知った、鳴門のJAの直売所の桃。
直売所は9時オープンなのに、出かけるのが遅くなった上、道中でレンコンの花が綺麗に咲いていたのを見て、写真を撮るために寄り道をしてしまい、直売所に着いた時には9時半を過ぎていて、お目当ての箱入り桃を買うことができなかった・・・(T_T)
で、その日は2個入りとか3個入りとかを買ったのですが、夏の太陽をいっぱい浴びて甘さが凝縮された桃は、安価なのにすんごく美味しかったv(≧∇≦)v
そこで今回は、絶対に箱買いを!と意気込んで、土曜日に再び鳴門まで行ってきましたよ。
a0125598_22453551.jpg
a0125598_2245489.jpg
鳴門の桃は、先日の台風の影響で収穫前の実が落ち、600万円の被害が出たそうでしたが、直売所に並べられている桃は、どれもきれいで美味しそうな桃でしたよ。

さて、ゴールデンウィークに、きれいなピンク色の花を咲かせていた徳島植物園のハマナス。
先日には、福井のお友達のブログにも、ハマナスの実が紹介されていたので、こちらでもそろそろ見頃なのでは?と思い見に行ってきました。
a0125598_2249886.jpg
ここ徳島植物園でも、マーゴンの影響で、木が倒れたり枝が折れたりと多大な被害があったそうで、あちらこちらで庭師?の方が復旧の真っ最中でしたが、お目当てのハマナスは目に付くような被害もなく、可愛らしい真っ赤な実がたくさん実っていましたよ~!ъ( ゚ー^)-♪
a0125598_22492894.jpga0125598_22493819.jpg









a0125598_2250230.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-07-24 23:16 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

奇祭 シンボル海を行く

今日は県南牟岐町で、伝統の“奇祭”大島神社の「姫神祭」や「八幡神社夏祭り」、「牟岐津神社夏祭り」の、町内3神社の祭りを結集させたイベント「牟岐の夏祭り」が開催されました。
今日はその中でも徳島の“奇祭”と呼ばれる、大島神社の「姫神祭」の様子を少し御紹介。
この姫神祭は、牟岐大島にある奇岩「姫神」にまつわる悲恋物語、「姫神伝説」にちなんだ祭り。
見どころは、なんといっても牟岐港から約7.5km沖にある無人島の大島。 その大島港の奥深くに鎮座する奇岩「姫神」迄、神事を終えた巨大な御神体を乗せた船を中心に、見物客らを乗せた漁船で船団を組んでの勇壮な海上パレード!! なのですが・・・
さて、ここからはあまり説明は致しません。
この祭りが“奇祭”と呼ばれる所以は何か? どうぞその目で御確認下さいませ~ (* ̄∇ ̄*)

  牟岐大島への海上パレードを待つ御神体。  ☟今年は、八幡神社に鎮座していました。
a0125598_0144065.jpg
     神主が祝詞をあげ、皆で玉串を捧げる。  お揃いのハッピが素敵だね。 ふふふ
a0125598_0204612.jpg
     そして御神体に向かい拝礼。  (実際の順番はちょっと違いますが・・・)
a0125598_0242789.jpg
     神事が終わった後は、若い衆に担がれて港へと向かいます。  ちょっと重そう・・・
a0125598_0273525.jpg
a0125598_027474.jpg
     港に着くと、早速船に乗せられます
a0125598_028525.jpg
     無事に乗船・設置完了。
a0125598_0281933.jpg
     そして、いよいよ海上パレードに出発です!!
a0125598_0283019.jpg
この後、御神体を乗せた船は、大島港の奥深くにちん座する奇岩「姫神」(珍宝岩)に着くと、奇岩のしめ縄を掛け替えて、航海の安全と豊漁を祈願するのだそうです。
私も大島へ向かう御神体を見送りながら、渚で珍しい宝に会えるように祈りましたよ~!(笑)
[PR]

by taibeach | 2011-07-23 23:41 | 番外編 | Trackback | Comments(7)  

宝物

a0125598_228221.jpg

a0125598_2283395.jpg今日の私は、職場にお休みをいただいて(そう言えば、今週は全然仕事してないなぁ・・・)、年に一度の“鳥の気持ちになる日”!?
・・・ごめんなさい、無視して下さいね。m(_ _)m 
今年はシステムが変わったようで、すごく時間がかかってしまったな・・・
よく病院で、自分より受付の順番が後だった人が、先に診察に呼ばれてたりすると、怒って文句を言う人がいるけど、なんだか気持が分かるような気がしたね。 (でもまぁ、順番が後先するのには、ちゃんとした理由があるんだけどね~)  皆さん、病院では気長に待ちましょうね!
結果は概ね正常値の健康体。 でも視力がまた落ちていた・・・(T_T) パソコンの見過ぎだなorz
しかし、バリウムはいかんね。  いまだに・・・ イヤ、やめておこう。(笑)

さて、健診の帰りに大切な用事があって立ち寄った、文化の森の徳島県立博物館では、1階企画展示室において、7月15日より夏休み特別企画として、特別陳列 『博物館のもの』を開催中!!
徳島博物館の収蔵資料約49万点の中から、選りすぐりの逸品=“もの”を一挙公開しています。
a0125598_22375650.jpga0125598_22383428.jpg









a0125598_22401880.jpg









企画展示室に一歩足を踏み入れると、正面には迫力ある「タイリクオオカミ」と「オサガメ」の剥製がお出迎えしてくれますよ!
a0125598_22412893.jpga0125598_22414650.jpg









その他、どんな素晴らしい宝物が展示されているかは、皆さん見てのお楽しみ!ということで、来館して実物を見て頂きたいのですが、私が気になったものを1つだけご紹介。
1823年にオランダ商館付き医師として長崎に着任し、日本の歴史・地理・言語・動植物などを研究したドイツの動物学者「シーボルト」の『日本動物誌』 
a0125598_22431090.jpg
シーボルトが持ち帰った動物標本や、日本人絵師の川原慶賀などが描いた下絵を元に描かれた絵図は、とにかく素晴らしいの一言です!
a0125598_22433482.jpg
さてさて、徳島県では多くの小・中学校、高校が台風一過の20日から夏休みに入りました。
そこでどうでしょう? 夏休みには家族揃って、博物館選りすぐりのものを見に行くというのは?
嬉しいことに、この展示は観覧料も“無料”ですしね~! (*^_^*)
a0125598_23532780.jpg
『ギボウシ』(擬珠) (英名の「デイリリー」は、花の寿命は短く一日でしぼんでしまうことから)

東アジア原産で40種ほどがあるが、種間雑種ができやすく(特に栽培品種には多い)分類には諸説ある。 江戸時代の日本で変異個体が多数園芸品種として固定され、さらにこれがシーボルトらによってヨーロッパに紹介されてヨーロッパでも多くの品種が育成された。(ウィキペディアより抜粋)
[PR]

by taibeach | 2011-07-22 22:44 | 博物館・水族館 | Trackback | Comments(2)