<   2011年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

やっぱり無理か・・・?

今週の徳島南部は、午前中はお日様が見えていても、午後には雲に覆われて、今にも雨が降り出しそうな空模様にてしまう・・・というパターンの不安定なお天気が続いていました。(結局のところ、雨は降らないのですがね)
でも今日は、朝からスッキリとした秋晴れの空が広がって、気温もグングンと上がり、最高気温も美波町29.9度、海陽町29.1度と夏のような暑さを午前中に記録し、今日はもう一度真夏に逆戻りだね・・・なんて職場の人たちと話をしていたのですが、この暑さが雲を呼び寄せたのでしょうか、お昼頃からは見る見る間に雲が広がり、とうとう雨が降り始めてしまいましたよ。(>_<)
a0125598_23345188.jpg

さて、ビーチコーマーの皆さんは、渚を歩いている時に、知らない人から、“何を探しているのですか”とか“何か拾えますか?”なんて尋ねられることはないですか? そんな時、皆さんはどのように答えているでしょうか?
私の場合、とりあえずは自分の一番拾いたいもの、たとえばガラスの浮き玉とか、モダマなどの南の島から旅してくる木ノ実や種をを探しているのだと答えるのですが、相手の方が興味を示すようであれば、さらに詳しくお話させて頂きます。 大抵の方はヤシの実くらいは知っていても、他の漂着物については、全くご存知でない方がほとんどのようです。
ところが、今月8日の夕方、仕事帰りに台風12号の置き土産を探しに、海陽町の大砂海水浴場の渚を歩いた時に、あまりの漂着物の多さに、小さなものも見逃すまい!と気合を入れて、時間をかけて砂浜をジグザグ歩きしていた私を、海の家の解体作業をしていたおじさん達は、何やってんだアイツ?と、気になっていたのでしょうね。 日が傾き、その日の作業が終わった頃に、私の所までやってきて・・・『兄ちゃん、龍涎香でも探っしょんケ?』と尋ねるのです! エッ、エエ~!? w(゚o゚*)w いきなり龍涎香ときましたね! このおっさん達、只ものじゃないな・・・と思いお話をしてみましたが、他の漂着物についてはあまり詳しくはなかったようです。(笑)
a0125598_23354234.jpg
ですが、さすがに地元の方、青いクラゲたちが海にたくさん浮かんでいるのを見たことがあるよ!なんて青クラゲの話で盛り上がった所で、漂着種子のお話をさせてもらうと、どうやらゴバンノアシを拾ってたのことで、持ってきてくれました。 それがコイツ☟
a0125598_23373319.jpg
まだ落果してから時間があまり経ってない、外皮もピカピカと光っている状態のいいゴバンノアシ。
だったのですが、オジサン達は、なんじこりゃ~?と包丁で半分に割ってしまったそうです・・・
あちゃ~! こんな上物は滅多に拾えないのに、あぁ~もったいない。a0125598_23375491.jpga0125598_2338773.jpg










台風の直送便で寄り道をせず、真っ直ぐに短時間でここまでやってきたこのゴバノアシの実は、まだとてもフレッシュで、真っ二つになった中の種子もとてもジューシーな状態。
a0125598_23384433.jpg
ひょっとしたら・・・と淡い期待をしながら、種子をくっ付けて輪ゴムで巻いて土に植えてみましたが、今のところ芽は出ていません。 やっぱり無理かなぁ・・・
a0125598_23385813.jpg

あっ、そのオジサン達、その後私と一緒に渚を探してくれて、こんな☟立派なニッパヤシを拾ってきてくれましたよ! やっぱり、只モンじゃねぇわ・・・あのオヤジサン達!(笑)
a0125598_144742.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-09-30 23:59 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(8)  

健康のために、噛み過ぎに注意しましょう。

皆さんは漂着ライターの中に、こういった☟ “〇〇檳榔”とプリントされているライターを見かけたことがありませんか? この漂着ライターは、ライターの裏側にポリントされた住所などから、ほとんどが台湾から流れてきたものと思われますが、さて、ではこの『檳榔』とは一体何なのでしょうか?
a0125598_193053.jpg
a0125598_1933251.jpga0125598_1934424.jpg









檳榔樹(ビンロウジュ、学名:Areca catechu、ヤシ科ビンロウジュ属(アレカ属)は、太平洋・アジアおよび東アフリカの熱帯から亜熱帯地域に分布(原産地はインド、マレーシア)している、のことで、中国や東南アジアなどで広く栽培されている常緑高木だそうです。
この檳榔樹(ビンロウジュ)の種子は、ビンロウジ(檳榔子)と呼ばれ、アジアの国々には、種子を薄く切り、石灰をつけて、 キンマの若葉で包んで噛む「ベテルチューイング」という習慣が、昔からあるのだそうです。
ビンロウジュの青い実に石灰をまぜたものが、俗にいう『檳榔』(ビンロウ)だそうですが、ビンロウには覚醒作用があり、興奮状態になり精力増強剤的な効能があるらしく、台湾では煙草と並ぶ嗜好品として普及・愛用されていて、町のあちこちにビンロウ屋さんがあるそうですが、郊外の方には、お父さん方には何とも楽しげな、派手なネオン輝く、ガラス張りの建物のビンロウ屋さんがあり、これまたお父さん方大喜びするような“ビンロウガール”と呼ばれる、セクシーな衣装を身に纏った若い女性の売り子さんがいるのだとか
“ビンロウガール”については、こちらの☞ 台湾南部の高雄縣にある高苑科技大學應用外語系日文組の学生が日本語で紹介ビデオをどうぞ(YouTubeへ)

さて、今月は後から拾ったものを、速報で次々に記事にしたので、アップするのが後回しになり、今頃になってしまいましたが、台風12号(タラス)の置き土産を探しに行った県南・海陽町の大砂海水浴場で、9月8日にチビモダマと共に拾ったのがこちらの種子☟
a0125598_1951053.jpg
ギンカクラゲのベレー帽をかぶった粋な種子。 これが檳榔樹(ビンロウジュ)の種子だそうです。
[PR]

by taibeach | 2011-09-29 22:08 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

漂着ライター

漂着種子は拾えなくても、渚を歩くと必ずと言っていいくらい見かける漂着物に、使い捨てライター(百円ライター)がありますよね。 この使い捨てライター、日本のものだけではなく、中国や台湾、韓国や(少ないですが)東南アジアの国々のものが漂着してきますが、様々な大きさやカラーがあり、また面白いデザインなどが施されていたりして、私も思わず拾いあげて眺めてしまいます。
徳島県南の渚に漂着して来るライターは、そのほとんどが流出元が日本国内のもので、何もプリントされていない無地のものが多いのですが、今月の台風の後には、私の好きな平成の大合併前の町村名がプリントされた、“タバコは町内で買いましょうライター”がいくつか拾えたので、また近日紹介したいと思います。(^^)
a0125598_2281128.jpga0125598_22114667.jpg









そんな町村ライターのように、日本のライターの中にも、お店の名前や住所、電話番号などの文字情報がプリントされているライターは、海の流れを知る上でとても貴重な資料ともなるのですが、最近は世の中が不景気だからでしょうか?スナックなどの、飲み屋さんやレストランなどの飲食店の名前が入ったのライターは激減していて、その代わりに“サン〇ス”や“ロー〇ン”といった全国チェーンのコンビニの名前がプリントされたライターが増えていて、ちょっとつまんない状況になってきました・・・

さて、そんな使い捨てライターですが、昨年12月27日から始まった、子どもの火遊びによる事故を防ぐため、子どもが簡単に着火できる従来型の使い捨てライターの販売を全面的に禁止し、新たにチャイルドレジスタンス(CR)機能を導入した製品だけを販売する国の安全規制が全面施行されることになり、9月27日からは、安全基準テストに合格したことを示す「PSCマーク」の無い商品は販売ができなくなりました。
「チャイルドレジスタンス機能」、言葉の通り「子供が容易に使えない機能」ということで、子供が容易に着火できないように、着火には相当の力がいるため、今度は高齢者から苦情が寄せられているのだとか・・・

最近は、タバコの値上げや健康志向の高まりで、喫煙者が減少する中、使い捨てライターの需要も年々減少していましたから、今回の安全規制の全面施行により、益々漂着ライターも減少する?
いや逆に、数年は増加するかもしれませんね。 大量にまとめ買いした人もいるそうだし・・・
a0125598_2223898.jpg
 ※(このCR機能付きのライター☝は、漂着して来たものではなく、海水浴客が捨てていったもの
   です。  8月19日、田井ノ浜にて)
[PR]

by taibeach | 2011-09-29 17:41 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(2)  

実りの秋

“暑さ寒さも彼岸まで”とはよく言ったもので、今日の最低気温は、県南・阿南市蒲生田で17.9度、美波町17.0度、海陽町17.5度となり、少し肌寒い朝となりました。 先週末くらいからでしょうか、最低気温が20度を下回るようになり、めっきり秋が深まってきた徳島県南では、あちこちで実りの秋を迎えています。     『ノブドウ』 ☟青や紫色に色づいた実がカワイイですね!
a0125598_19515665.jpg
  【ノブドウ(野葡萄)学名:Ampelopsis glandulosa var. heterophylla)ブドウ科ノブドウ属】

ヤブツバキの実も真っ赤に色づき、種子が今にもこぼれ落ちそうなのもありました。 
もうしばらくしたら、渚にもたくさんヤブツバキの実が漂着してくるのでしょうね。
a0125598_2012871.jpga0125598_2013992.jpg









たくさんの実が渚に漂着すると言えば・・・7月の終わりにいった時、緑の実の中に畜油中だったアブラギリの実は、実の中に十分に油をい貯め込み、母木を離れ旅だったようです。
a0125598_2025372.jpg
こんなアブラギリの実が、雨で流され山を下り、やがて海に出て渚に漂着して来るのでしょうね。
a0125598_2033696.jpg
アブラギリの落果実の側には、アブラギリの果実の汁を吸ってしまう害虫として知られている、
『オオキンカメムシ 』(Eucorysses grandis )がいましたよ。  翅の模様が顔に見える・・・
a0125598_2035689.jpg
お正月の羽根突きの羽子のような形をした“クサギの実”真っ赤なガクの先に付いた、青い実がすごく素敵ですよね~! =*^-^*= ♪
a0125598_2041830.jpg
      【クサギ(臭木)、学名:Clerodendrum trichotomum、クマツヅラ科クサギ属】
[PR]

by taibeach | 2011-09-28 21:39 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

最近の漂着物から その1

最近私は、徳島県南の渚に漂着して来た漂着物の中に、ちょっと気になっているものがあります。
それがこの☟一辺が約6センチ四方の(ポリプロピレン製?)黒色のネットの切れ端のようなもの。
a0125598_18214290.jpg
この小さなネットのようなモノが、台風12号以降(今月半ばあたり)から、県南の渚にしだいに多く漂着するようになってきました。 海岸によって漂着数の幅はあるのですが、多い海岸ではかなりの数が漂着していました。
a0125598_1913964.jpga0125598_19133322.jpg









最初に気付いたのは、県南・美波町の田井ノ浜の渚を歩いた時だったのですが、海陽町の大砂海水浴場の漂着物の中にも☟、徳島最南・海陽町宍喰の大手海岸にも☟ (9月18日撮影)
a0125598_19173756.jpga0125598_19174825.jpg









さらに、牟岐町の内妻海岸にも、美波町の明丸海岸や鹿ノ首岬の西浜にも、そしてこの日曜に行ってきた、瀬戸内側となる阿南市の蒲生田海岸の渚にも、この小さなネットが漂着していました。
a0125598_19323698.jpga0125598_19332618.jpg









最近では、ほとんど見ることが少なくなっていた牡蠣の養殖用パイプが、再び大量漂着し始めたことも、やや気がかりではありますが、この小さなネットの正体は一体何なのでしょうか? そして、一体何処から流れてきたのでしょう?
私の推理では、大型水槽か、浄化槽の“ろ過材”か何かではないかと思うのですが、どうでしょう?
このネットの正体を御存じの方がいらっしゃいましたら、どうぞご教示く下さいませ。m(_ _)m
a0125598_19334369.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-09-27 20:53 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(2)  

今年は違う

24日土曜日の県南・牟岐の内妻海岸。
いつもなら多くのサーファーさんで賑わっているビーチなのですが、今日は波一つない“べた凪”で、土曜日だというのに、サーファーさんの姿は全然見られません。
a0125598_2215379.jpg

そんな内妻海岸の渚を歩いていると、こんなものが漂着していました。
a0125598_2282674.jpg
どうやらこれ、船舶の救命設備である『落下傘付信号』のようですね。 この落下傘付信号は、中国の製品のようですが、日本では船舶安全法 (昭和八年法律第十一号)第二条第一項 の規定に基づき、船舶救命設備規則の第七十六条では、落下傘付信号の装備について定められているようです。
この落下傘付信号は、まだビニールのパッケージに入ったままの未使用品。 危険なものとわかっていても、やっぱり打ち上げてみたい・・・なんて思ってしまいます。(笑)a0125598_2284029.jpga0125598_2285449.jpg










a0125598_2210186.jpg









        これ☝何市って読むのでしょうか?

さて、そんな内妻海岸の渚は、いつも台風の後には他の海岸と比べてみても、漂着物の寄り易い渚なのですが、いつも流木や葦、海藻ばかりで漂着種子などは、今まであまり拾ったことがなかったのですが、今年はやはりここでも、いつもの年とは違うようです。
a0125598_23192330.jpga0125598_23194922.jpg









ヤシの実はもとより、ニッパヤシやタシロマメまで拾えましたから~ (○゚ε^○)v
a0125598_23201321.jpg
a0125598_23205671.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-09-26 23:34 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

キタァーーー!!

昨日、久しぶりに訪れた鹿ノ首岬
a0125598_20271523.jpg
大型台風が相次いでやってきた西浜には、前回にも増して大量の漂着物が寄っていましたが、その最上部には韓国からやってきたの青ポリタンクが3個も・・・
a0125598_20273833.jpg
灰色のポリタンクもありましたが、こちらは空だったので、お尋ね者の塩酸入りのポリタンクではないようです。
a0125598_20275383.jpg

さて、今年の夏は日本中が、女子サッカー日本代表の“なでしこジャパン”フィーバーに沸きましたが、鹿ノ首西浜の渚では、ハマナデシコが可愛らしいピンク色の花を咲かせていましたよ! 
a0125598_2028760.jpg
でも夏も終わったし、このハマナデシコの花が、今年見られる最後の花かもしれませんね。

さてさて、そんな鹿ノ首西浜の渚を歩いていると・・・
「!」  「!」   「!」
a0125598_20294462.jpg
ナント! 数年ぶりに漂着したガラス玉をげっとぉ~!! o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ
しかし、こんな砂利浜にランディングしたのに、よくも割れなかったもんだね~w( ̄△ ̄;)w
a0125598_20295722.jpg
前回高知の渚で拾ったビン玉は、片手で持ちあげて写真を撮るのに苦労しましたが、このサイズなら何枚撮っても、腕がプルプル震えませんね!(笑)
[PR]

by taibeach | 2011-09-25 21:44 | Trackback | Comments(16)  

キュウシュウ・セキスイ

昨日の徳島新聞朝刊に、こんな記事がありました。
a0125598_2233127.jpg
今月初めに高知県に上陸し、和歌山県や奈良県などに 紀伊半島を中心に甚大な被害をもたらした台風12号。 その豪雨被害によって、和歌山県日高川町の会社から流出したとみられる塩酸入りのポリタンクが、22日県南・牟岐町の内妻海岸に漂着したという記事。
先日も同じく台風12号の豪雨被害で、増水した日高川から海へと流出した牛が、徳島沿岸で漂流しているのが見つかりニュースになったばかり・・・
今回はなんでも、流出したポリタンクは110個だが、22日迄に回収できているのは、今回のものを入れてわずか9個だけで、残りの101個はまだ海の上を漂流中ということになりますね。
今回の漂着を受けて、徳島県は危機管理連絡会議を開き、新たに容器が発見された場合の対応を確認?し、県南の各自治体では町内放送などで注意喚起したのですが、数年前から韓国の青いポリタンクが、何個も漂着して来ているというのに、何をいまさらという感じがしますw

さて今日は、そんなポリタンクが漂着したという牟岐町の内妻海岸を歩いてみました。
a0125598_23592030.jpg
さすがにもう、渚を歩いても塩酸入りのポリタンクは見当たりませんでしたが、その代わりと言っては何ですが、ものすごい量の漂着物の山から、こんなポリものを見つけだしましたよ。
a0125598_085718.jpg
このプラスチック製の塵取りのようなものは、通称「アカくみ」と呼ばれていつもので、雨や波などで舟の中にたまった水をくみ出すのに使われる舟の装備品。
Shigeさんのブログで紹介されていた木製のものや、それこそポリタンクを切り貼り加工して自作したもの、ただ単に洗剤なんかの容器を斜めに切っただけのものなど、様々なものがありますが、これはがっちりした作りの立派な既製品のようです。
こりゃいいや!お持ち帰り決定だな(^^)と喜んで眺めていたら、こんな陽刻がありました。
a0125598_093186.jpg
 “キュウシュウ セキスイ” ってことは九州の会社の製品?
家に帰って早速ネットで検索してみたところ、大手メーカー積水化学工業(株)の関連会社、九州積水工業(株)の製品(九州積水工業(株)のWebサイトへ)でしたよ。 どうりで立派な筈だね!(^^)
[PR]

by taibeach | 2011-09-24 23:56 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(2)  

麻将の金魚

台風15号が過去った直後の田井ノ浜の渚で、またまた、ほしいと思っていたものに出会えました。
a0125598_0442639.jpg
中国麻雀、「麻将」の麻雀牌。 これも以前からShigeさんのブログや宮古島の瀬田葉月さんのブログ、福井のkinさんのブログことまるさんのブログにアップされているこいつの画像を見て、いいなぁ~! コレほしいなぁ~!!と思っていた漂着物の一つだったのです。
欲を言えば、透明な樹脂の中に(水中花のような)様々な色取り取りの花がデザインされた“花牌”と呼ばれるものが欲しかったのですが、どうやらこちらの金魚の方が、漂着数は少ないようなので、こっちでよかったのかな?(笑)
a0125598_0571659.jpga0125598_0572698.jpg









この麻将牌、中国麻雀の牌らしく、表側は 『』 でしたよ~! ( ̄∇+ ̄)v
[PR]

by taibeach | 2011-09-23 23:58 | キャラクター、おもちゃ | Trackback | Comments(8)  

幻のメロン!

今回の台風で被災をされた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

台風15号(ロウキー)、暴風域が先日「世界ジオパーク」に認定された、高知県の室戸岬をかすめながら沖を通過するコースをとったので、徳島県南部では強風は吹いたものの、前回の台風のような被害はなかったのですが、徳島市などの県中央部や県北部などでは記録的な雨量を記録し、道路の冠水や住宅や店舗の浸水被害が相次いだそうです・・・ 
このブログをご覧下さっている皆様のお住まいの地域では、被害はありませんでしたか?

さて、昨日のブログで予告しましたが、台風15号の過ぎ去った渚で、ビーチコーミングを本格的に始めた頃より、ず~っと探し続けていたものに、ついに、つ・い・に!出会えましたよ!
私がいつの日にか出会いたかったもの(←今年はこのフレーズを何度も使っていますが・・・ ^^;)
それがコレ~!! ☟
a0125598_2352879.jpg
ジャ~ン! 幻のレア浮き、『メロン浮き』です!!
この浮きの存在を知ったのは、ビーチコーミングの大先輩・Shigeさんの2007年10月のブログの記事。 4年越しの恋人に、ようやく出合うことが出来ました! (*^0゚)v ィエーイ☆彡
[PR]

by taibeach | 2011-09-22 23:59 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(8)