<   2012年 08月 ( 43 )   > この月の画像一覧

 

2012.BON・BC その3 イエローDAY

ベトナム・キャンディー浮きを芋蔓ゲットした次に、私が訪れたのが鯖瀬の浜。
a0125598_21134316.jpg
この渚で久しぶりに拾ったのが、オレンジ浮きのイエロータイプ。 (雙魚商標ブランド)
a0125598_21143043.jpg
しかも、さらに歩いて行くと、もう1個☟拾えましたよ。(陽刻は、フロート)
a0125598_21141714.jpg
さらにここの渚にも、ベトナム浮き(イエロー)が漂着していました! o(*^▽^*)o~♪ 
a0125598_21145660.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-08-31 21:29 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(2)  

2012.BON・BC その2 芋蔓キャンディー

お盆休みのビーチコーミング・レポ
海豆を求め、早朝から気合を入れて、漂着物の山と格闘した宍喰大手海岸で、肩すかしをくらった後に、私が訪れたのは、春には潮干狩りをする人たちで賑わう那佐湾の渚。
a0125598_2375481.jpg
こんなところにまで、ボンレスハム型浮きが流れ着いていました。a0125598_23103783.jpga0125598_23104865.jpg











昨年、海陽町によって大がかりな浜掃除が行われ、山のようにあった漂着物も激減しました。
そんな渚を歩いていると、サッカーボールよりも少し大きめの☟丸い浮きが漂着していました。
a0125598_23111370.jpg
あまり見かけないタイプの浮きだったので、手にとって陽刻を確認してみると、
「DESIGNED FROM NORWAY」の陽刻がありました。  ノルウェー製の浮きでしょうか?
a0125598_23112272.jpg
そんな浮きを拾ったすぐ先で、イエローのキャンディー浮きを芋蔓ゲット!ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
そう言えば以前、島酔潜人さんが宮古島で、こんな芋づるキャンディ を拾ってましたね。
a0125598_23113745.jpg

私が拾ったキャンディー浮きの仕掛けには、葉巻型浮きの(ロープを通す)カンの部分が残っていて、葉巻型浮きがキャンディー浮きと共に、地引網などに使われていることがわかりますね。
a0125598_23114742.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-08-30 12:00 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(4)  

潮が引くと

19日の日曜日に訪れた、鳴門の里浦大手海岸の渚。
a0125598_21281032.jpg
潮がひいた砂浜には、ミズクラゲでしょうか? 透き通ったクラゲが漂着していたので写真を
a0125598_2129531.jpg
撮ろうとしたら・・・  ザッブ~ン!!     クラゲは、水に帰っていきました。 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
a0125598_2129385.jpg
心地よい海風を受けて、潮がひいて広~くなった砂浜を歩きながら
波が寄せれば現れ、波が引くと砂に潜るフジノハナガイが、次に現れる場所を予想したり・・・
a0125598_21293066.jpg
砂の中からシュノーケルを出して潜んでいるように見えるゴカイの棲管を突っついたり・・・
a0125598_21293629.jpg
砂を丸めて作った、ご飯粒のような小さな砂団子をならべて、
a0125598_21302020.jpg
スナガニたちが砂浜に描いた、芸術的な砂絵を観賞したり・・・
a0125598_21301533.jpg
珍しい漂着物は拾えなくとも、こうして砂浜を棲みかにする海の生き物たちを、渚にしゃがみ込んで観察するだけでも、楽しいものですね! o(*^▽^*)o~♪

         あっ!☟ 消波ブロックの堤防の上には、ルフィーもいたよ!(笑)
a0125598_2131056.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-08-29 22:10 | 海の生き物 | Trackback | Comments(4)  

2012.BON・BC その1

あぁ・・・ 8月もあと3日!
月が変わる前に、お盆の浜歩きレポくらいは、なんとか終わらせておきたいと思います。
・・・ということで、まずは8月12日に歩いてきた、県南・海陽町の宍喰大手海岸の渚。
a0125598_19155362.jpg
前回訪れた時には台風の影響で、ずぶ濡れになるくらいの大雨が降り、十分な調査が出来なかったので、今回はそのリベンジということで、装備もバッチリ!朝から気合十分の浜歩きです!
a0125598_19162616.jpg
台風の大波で打ち上げれ、複雑に絡みあった海藻や流木、アシ、ゴミなどの漂着物の山を探るため、私の秘密兵器BCホジホジ棒(仮称)を使って、次々にひっくり返していきます。

ところが、漂着物の中からは、このような ☟ ひょろっとスリムなニッパヤシの実や、
a0125598_19162499.jpg
二つに割れて、コルク状の部分だけが残ったサガリバナの果実しか発見できず、
a0125598_1916441.jpg
リベンジどころか、完全に気合が空回りの浜歩きとなってしまいました・・・ ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
a0125598_19164347.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-08-29 20:11 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

ハマナタマメの秘蜜

私が渚に漂着した種子から栽培しているハマナタマメ。
先日、2年目にしてようやく花を咲かせたと、お知らせしましたが
a0125598_19382548.jpg
花を観察していたら、花芽の元からこんな☟透明の樹液のようなものが分泌されています。
a0125598_19391161.jpg
これってなんだろう?と不思議に思い、ちょっと指の先で触れてみると、結構粘度があって、なんだかネバネバとしていました。  指の先についた、ネバネバのニオイをかいでみましたが無臭。
そこで今度は、どんな味がするのかな?と、ペロッと舐めてみたところ・・・  甘い!! w(*゚o゚*)w
ナント!この透明の分泌物の正体は、ハマナタマメの甘~い蜜なのでした!
そう言えば、渚で咲くハマナタマメ花の周りには、なぜがかいつもたくさんの蟻がいて、不思議に思っていたのですが、どうやら彼らは、この蜜につられて集まっていたようですね。

ハマナタマメの花は、すごくいい香り 部屋の中はそんないい香りにつつまれています。
昆虫を媒介者として、花粉の送粉・受粉が行われるものを「虫媒」 (entomophily) と言い、
虫媒を行う花は、「虫媒花」 (entomophilous flower) とよばれます。
では、このハマナタマメの花粉の送粉を行う虫は、花の香りに集まって来るハチや蝶なのか? この蜜に集まる蟻たちなのか?  それとも、香りと蜜の二段構えなのでしょうかね?(^^)
a0125598_1941625.jpg
          ちなみに、この莢☝の花粉の媒介者は私ですけどね。(笑)
[PR]

by taibeach | 2012-08-28 21:49 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

この渚でオオムガイが・・・!?

なんだかんだで、またまた週遅れになってしまった19日(日曜日)の鳴門の浜歩きレポ。
まだ全然、お盆休みBCネタにも手を付けていないのにね・・・ ~(=^‥^A アセアセ・・・
「風待ちの丘 ルン」で、食事を済ませ後は、鳴門市里浦の大手海岸に行ってきました。
a0125598_21542166.jpg
一面に広がる☟鳴門の名産:薩摩芋(鳴門金時)畑の中を、真~すぐに伸びている道を進むと
a0125598_21544472.jpg
そこに広がっているのが、鳴門の大手海岸の広大な渚。
a0125598_21545479.jpg
今日、私のビーチコーミングの師匠から頂いた情報によると、昭和20年代にこの渚で、オウムガイの殻が2個も拾われていたことが判明したとのこと。
今までは、この日の午前中に歩いた鳴門大毛島の千鳥ヶ浜で、2005年に拾われたものが、県内で初めて拾われた記録と報告されていましたが、それよりも約60年前に第1号が拾われていたことになります。
この渚の前に消波ブロックが設置されてからは、漂着物の寄りも少なくなった模様ですが、
それでも渚を歩くと、オレンジ浮きやブルー紡錘浮きなどが漂着しているので、可能性はまだゼロではないようですね!(*^0^*)
a0125598_21551828.jpga0125598_21552510.jpg









その可能性に賭けて、(この時はそんなこと知る由もなかったのですが・・・)大手海岸の渚を歩きましたが、オウムガイどころか、海豆1つ拾えませんでした。(> <)
この日私が見つけたものと言えば、浮きの他は栗とサツマイモ。  栗きんと~ん!! (笑)a0125598_2156334.jpga0125598_21563226.jpg
[PR]

by taibeach | 2012-08-27 22:50 | 瀬戸内海 | Trackback | Comments(6)  

渚のほねほね

8月11日に歩いてきた、県南・美波町の外ノ牟井海岸の渚
a0125598_20343156.jpg
渚の漂着帯を歩いていたら、こんな☟頭骨が打ち上げられていました。
a0125598_20344760.jpg
漂着帯には、こんな☟サイのフィギュアも漂着していたけど、サイの頭骨じゃないよね~(笑)
a0125598_20345070.jpg
渚に点々と散らばって打ち上げられた骨を集めたら、☟これだけありましたよ!
a0125598_2035388.jpg
1つ1つの骨を検証したわけじゃないんだけれど、たぶん「ニホンジカ」の骨なのでしょうね。
徳島県立博物館の企画展・『ほねほねワールド』に展示されている☟ニホンジカの骨格標本
a0125598_20351853.jpg
博物館の『ほねほねワールド』も、今度の日曜日、9月2日まで。  お見逃しなく~!!
a0125598_2036320.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-08-26 21:06 | | Trackback | Comments(4)  

来週の日曜は、海の観察会です!

今週末は、いよいよ9月!!
楽しかった夏休みもあと1週間、子供たちは宿題は終わったかな~? 
・・・と言っても最近は、2学期制を採用している学校が増えてきているらしいので、3学期制で育った私には、学校がいつ始まっているのか、全く分からないのですがね。σ(^_^;)アセアセ...
私は今日、朝から徳島県立博物館に行ってきたのですが、今日博物館では、『標本の名前を調べる会』が開催されていて、昆虫採集や植物採集、貝採集や化石採集など、子供たちが夏休みに採集したたくさんの標本を抱えて、次々にやってきていましたよ!

さて、徳島のビーチコーマーの皆さん、大変お待たせを致しました!o(*^▽^*)o~♪
いよいよ今週末の9月2日(日曜日)には、久しぶりに徳島市の小松海岸におきまして、
「海の観察会」が開催されますよ!
a0125598_18322661.jpg
小松海岸海水浴場は、にぎやかだった海の家も営業も終わり、少し静かになりましたが、まだまだ残暑が厳しくて、ギラギラ太陽で焼けた砂浜は、裸足で歩くと足の裏をやけどしそうなくらいなので、暑さ対策(熱中症予防)はしっかりとして、ご参加下さいね!
「海の観察会・2012 SUMMER」は、9月2日(日曜日)に、いつもの徳島市の小松海岸の公衆トイレ横の駐車場に午前10時までに集合です。
詳細、問合せ先(海の観察会代表)につきましては、今週末、金曜か土曜日に、徳島新聞の「情報とくしま」欄に掲載される予定ですので、そちらをご覧くださいね。(^^)
※もしも集合時間に遅れた場合は、小松海岸北側のサッカー場?横の渚を歩きますので、直接そちらの方にお越し下さい。(ビーチコーマー集団が、今切川河口の薬師突堤に向かって、ウロウロと浜歩きしているので、わかると思います。)
a0125598_18323785.jpg
私は、稲刈りが早まるかもしれないので、参加はちょっと流動的です・・・ ( ̄■ ̄;)!?
[PR]

by taibeach | 2012-08-26 19:39 | 小松海岸 | Trackback | Comments(2)  

分かりにく~!

明日は日曜日、お休みですね! 
あっという間の1週間でした。 お盆を過ぎると、8月が終わるのはあっという間ですね~ 
a0125598_2331548.jpg
さて、19日の鳴門・大毛島の千鳥ヶ浜の渚では☟ツルナが黄色い花を咲かせていました。
a0125598_235186.jpg
海岸ではよく見かけるツルナの花ですが、こうしてアップで見ると、なかなか面白いですね。
a0125598_2351221.jpg
同じ千鳥ヶ浜の渚には、今年は県南ではあまり見かけることがない「オカヒジキ(ハマヒジキ)」も生えていたのですが、このオカヒジキ、近寄って観察してみると、よ~く目を凝らさないと見逃してしまいそうな、こんな小さな黄色い花☟が咲いていましたよ。
a0125598_2352656.jpg
こりゃ~ 本当にわかりにくいわ~!! w( ̄o ̄)w オオー!
a0125598_2354169.jpg
『オカヒジキ』(陸鹿尾菜)、学名:Salsola komarovii 、別名:ハマヒジキ/ミルナ、アカザ科オカヒジキ属
[PR]

by taibeach | 2012-08-25 23:38 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

黒ウキ、白ウキ

きれいに浜掃除されて、すっかりきれいになってしまっていた、8月9日に訪れた田井ノ浜の渚。a0125598_21111910.jpga0125598_21112992.jpg










見た目には何もないような印象の渚でしたが、砂浜を歩く砂の中から、ベトナムキャンディー浮きが顔を出していましたよ。 
砂の色とよく似た色合いの浮きだったので、掃除レーキの魔の手(笑)から、うまく逃れられたのでしょうね。(^^;)
a0125598_21115219.jpg

さて、こちらは同日歩いたU浜の渚で拾ってきた長さ約6㎝の小さな浮き。
a0125598_211231.jpg
この浮きは以前、福井のビーチコーマーkin さんが拾われていた浮きと同じものですね。
a0125598_2112318.jpg
そんな黒色の「順風浮き」  今日歩いてきた渚で、色違いの白色☟を拾いましたよ!
a0125598_21125010.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-08-25 21:44 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(4)