<   2012年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

 

睨んだ通り! その3

先週の日曜日に行ってきた、徳島・瀬戸内の渚巡りレポ。
最後の渚は、阿南市の北の脇海水浴場です。
a0125598_21113163.jpg
渚を歩くと、漂着帯に沿ってどなたか(ビーチコーマー?)が、漂着物を捜して歩いたような後があり、期待していたモダマは拾えませんでしたが、☟ニッパヤシや
a0125598_21115532.jpg
エージングの進んでいない状態のいい☟アダン
a0125598_21122556.jpg
そして、淡島に続きこの渚でも、シロツブの種子が拾えましたよ~! ъ( ゚ー^)イェー♪
a0125598_21122836.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-09-30 21:47 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

猛魚大暴れ中!

台風第17号 (ジェラワット)、現在は潮岬の南南西約60kmを、北東に向かって進行中!
徳島県南は、台風の暴風域にすっぽりと覆われて、強い風雨が吹き続けています。
台風に付けられた「ジェラワット」(Jelawat )という名前は、マレーシアの言葉で、マレーシア、タイ、ボルネオなどに生息する、成長すると60cm位にもなる、コイに似た淡水魚の名前で、Sultan Fish(サルタン=王族の魚、Leptobarbus hoevenii コイ科)のことらしいです。
a0125598_158451.jpg
さて、今日の午後3時頃、海の様子はどうかな?と、田井ノ浜に波を見に行ってみたのですが、台風の進路が四国の沖を通るコースだったこともあり、北寄りの強い風が吹きつけて、大波の波しぶきはすべて海の方向へ押し戻される、真冬の嵐のような状態でした。  
まさに逆風! この風では漂着物も接岸することができないでしょうね・・・ Σ(|||▽||| ) ガビーン
a0125598_1585638.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-09-30 15:15 | 番外編 | Trackback | Comments(4)  

睨んだ通り! その2

先週の日曜日、鳴門の里浦大手海岸の渚を歩き終えた後、歩数計を確認したら一万歩越え! いや~頑張ったね~オレ! (*´σー`)エヘヘ
・・・というわけで、この後歩こうと思っていた松茂の海岸はパスして、久しぶりに阿南市の淡島海岸を歩いてみることにしました。
a0125598_1224067.jpg
淡島の渚も、ほとんどの漂着物が砂をかぶっていて、ちょっと来るのが遅かったかな・・・
a0125598_123448.jpg
ここの漂着物の特徴は、某製紙工場の裏側ということ?もあり、木材チップのような小さな木片が多く、もしこの中に海豆が紛れ込んでいたとしても、発見するのは容易なことではない・・・
でもまぁ、その場にしゃがみ込んで、じっくりと観察してみると、桜貝や小手毬ウニなど嬉し~い宝物をたくさん見つけることが出来るんだけどね-☆
a0125598_1234584.jpg
砂茶碗があちこちに打ち上げられていた渚では、ククイノキが拾えたけど特にうれしかったのは
a0125598_1244819.jpga0125598_1251433.jpg









この渚では初めてとなる、シロツブ種子が拾えたこと! (= ̄▽ ̄=)V やったね-♪
a0125598_1253654.jpg
今シーズンは、去年いい思いをした県南・美波町の田井の浜や、海陽町の大砂海水浴場、宍喰大手海岸で、ちょっと苦戦しているけれど、今まで海豆を拾ったことにない渚で、海豆に出会えることが多いような気がします。
a0125598_125461.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-09-30 13:22 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(8)  

睨んだ通り!

今月の初め、世界的にも希少な「イチョウハクジラ」のストランディングがあった鳴門の千鳥ケ浜で、ビーチコーマーのお友達・とーまさんが、ベトナム・キャンディー浮きを拾われたと聞き、これはひょっとしたら、瀬戸内側の渚にもベトナムからのいい流れが到達したのでは?と、気になっていたものの、なかなか調査に行く機会がなかった私ですが、23日日曜日に、ちょうど鳴門に行く用事が出来たので、鳴門市の里浦大手海岸の渚を訪れてみました。

約4㎞にも及ぶ、長~い砂浜の大手海岸の渚。
その昔、海岸の前に消波ブロック堤防が設置される前には、オウムガイも漂着していたとか・・・
前回訪れた時には、少しだけしか歩かなかったのですが、この日は時間もたっぷりあったので、大手海岸の端から端まで歩くゾ!! と決心して挑みました。(^^)
a0125598_20421281.jpg
渚を歩いてみると、前回同様、意外と隣国からの漁業浮きが漂着していることがわかりました。
a0125598_2042561.jpga0125598_20431024.jpg









a0125598_20433821.jpga0125598_20435023.jpg









そんな大手海岸の渚をさらに進むと、ついに☟ボンレスハム浮き(しかも3連結!)を発見!
やはりこの渚にも、ベトナムからの流れが到達したしたという証拠ですね!  
ひょっとしたら、ここでもオウムガイの殻が拾えるかも~!と思うと、膝の痛みも少し和らいだ気がしました。(笑)
a0125598_20442919.jpg

さて、さらに歩みを進めると、☟ゴバンノアシやモモタマナ☟も打ち上げれれており
a0125598_20451155.jpga0125598_20454523.jpg









さらにはここでも、ボロウチワフナクイムシの詰まったホウガンヒルギが漂着していましたよ。
a0125598_20461874.jpga0125598_20485184.jpg










去年までは全く拾えなくなっていた☟アダン(今年は豊作?)が拾えたかと思ったら・・・
a0125598_20564866.jpg
あらら ナント! パンギノキの種子発見です!  ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
a0125598_2057125.jpg
ここ里浦大手海岸の渚は、すごく風の強い海岸。 
海岸の砂も細かく風に飛ばされやすいこともあり、漂着物はすぐに砂の下に隠されてしまうみたいなのですが、台風直後など漂着して間もない頃に訪れたなら、海豆に出会えるかもしれませんね~!  もしかしたらオウムガイにも出会えるかも~!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
a0125598_20571777.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-09-29 22:41 | 瀬戸内海 | Trackback | Comments(10)  

ぷかぷか巨大マンション

先週土曜日に歩いた、高知県東洋町の名もなき砂利浜。
a0125598_23122415.jpg
この浜には“大物”の漂着物が多かったのですが、こんな☟大きな流木も漂着していました。
何の木だろう?と近づいてみたところ、南洋木っぽい(私の勝手なイメージですが・・・ ^^;)
独特の樹液の香りがしました。  椰子系の木?
a0125598_23123662.jpg
そしてその向こうには、さっきのものよりもさらに巨大な流木が漂着していたのですが、その流木というのが☟このように数えきれないくらいの穴がある、超~穴開き丸太!
a0125598_231352.jpg
この流木も、昨日のホウガンヒルギのようにフナクイムシの仲間が、この穴をあけたのでしょう。
a0125598_2313193.jpg
フナクイムシの食痕のある流木は、今までいくつも見ていますが、ここまでスケールの大きなものは初めてみました。  一体この木の中には、何匹のフナクイムシが棲んでいたのでしょうね?
[PR]

by taibeach | 2012-09-28 23:57 | 漂着物(自然物) | Trackback | Comments(8)  

草木の種子と果実

いつもブログでご教示頂くなど、お世話になっている神奈川の尚 nao. さんが、大好きな海歩きを封印し、手がけられていた種子・果実図鑑が完成し、先日20日に発売となりました!
その図鑑というのが、コチラ~☟  拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!
a0125598_19493595.jpg
『ネイチャーウォッチング ガイドブック 草木の種子と果実』(誠文堂新光社)
日本に自生する植物を中心に、600種類以上の種子・果実を紹介した、一般向けとしては初めてとなる、本格的な種子・果実図鑑!  詳しくは、尚さんのブログを御覧になって下さい。

とにかく、綺麗でわかりやすい種子・果実の写真が満載で、見ているだけでも楽しいのですが、私が特にうれしいのは、渚に流れ着く漂着種子・果実が紹介されているってこと!
おぉ~! 早速もう、「パプアアブラギリ」も掲載されているじゃないですか~! o(*^▽^*)o~♪
a0125598_195079.jpg
渚で拾ったモダマやジオクレアなどの海豆も、これさえあれば一発で種類がわかりますよ!
a0125598_19495354.jpg
とにかく、ビーチコーマーならば絶対必見の一冊ですので、是非一度、お近くの書店にて、手にとって御覧になってみて下さいね~!
[PR]

by taibeach | 2012-09-28 22:46 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

ぷかぷかマンション

22日土曜日に歩いてきた、高知県東洋町の生見海岸。
駐車場の入口に植えられていたハマユウの周りには、ハマユウの種子がゴロゴロ(^^;)
a0125598_23365016.jpg
この日の生見海岸では、サーフィンの競技会が行われていて、さすがの私も、このテント村の前を横切って歩く勇気はありませんでした・・・(笑)
a0125598_23433256.jpg
さて、そんな生見の渚の漂着帯には、☟ニッパヤシや☟ククイノキの種子が漂着していました。
a0125598_23374467.jpga0125598_23374218.jpg









さらに、ホウガンヒルギの種子もGET~!・・・と喜んだのですが
a0125598_2338939.jpg
ひっくり返して裏側をみたところ・・・  ギャ~~!(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)
a0125598_2338664.jpg
フナクイムシのお家が、ギッシリと詰まっていて、まさにフナクイムシのマンション! キモ~!!

※追記
ビーチコーマーの大先輩:Shige さんに、ご教示頂いたのですが、このホウガンヒルギの種子に詰まったフナクイムシは、ホウガンヒルギ属やサガリバナ属などの、漂流散布種子の内部に生息する、
『ボロウチワフナクイムシ』 (襤褸団扇船喰虫、学名: Uperotus clava 、フナクイムシ科)という種類のフナクイムシだそうです。
[PR]

by taibeach | 2012-09-28 00:19 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(8)  

初ミリタリーもの?

先週の土曜日(22日)に歩いた、高知県東洋町の野根海岸漂着していた☟コレ
a0125598_21551211.jpg
ミリタリーカラーにペイントされた、金属製の手提げBOX。 
表面には、「7.62MM」「M13」「CARTONS」などと、なにやらそれらしい数字や単語、型番などがプリントされています。
a0125598_21552387.jpg
このブログを書きながら、ひょっとしたら7.62mmのM13って銃があるのかも・・・と思い検索してみたところ、あらら本当にあったよ、同じようなBOXが!(^^;)
私には、ちょっとディープな専門用語はよくわからないけど、7.62ミリメートル機関銃弾薬200発入りの弾薬箱のようです。  弾薬が湿らないように、防水加工もばっちりなこの弾薬箱。 
海をプカプカ、どこから流れてきたのでしょうね?  
ちなみに、『AMMO BOX』(アーモボックス)などと呼ばれるこの弾薬箱は、ミリタリーショップなどで3000円前後で購入できるようですよ。
[PR]

by taibeach | 2012-09-27 22:51 | 高知 東海岸 | Trackback | Comments(6)  

この夏、気になったもの その4

渚には時折、なんでこんなものが?というモノが大量に漂着することがあります。
大量漂着の原因は、私にはよくはわかりませんが、水害で流出したものだったり、投棄されたものだったりするのでしょう。 たぶん・・・(^^:)

去年の場合は、この☟キノコ栽培(クワガタ飼育?)の菌糸ビンと、この☟ろ過材?でした。
a0125598_19474337.jpga0125598_19455259.jpg


今年は、それほど大量漂着ではありませんでしたが、徳島県南・海陽町の大砂海水浴場や美波町の海岸、高知県東洋町の渚など広範囲に漂着していたのが☟コレ!
a0125598_1934799.jpg
容量が700~800mlくらいの、インクもしくは顔料のような色つきの液体が入ったペットボトル。
インクの色は、何故かグリーンレッドの2色で、まだたっぷり中身が詰まったものもありました。
a0125598_1934541.jpg
ラベルにバーコードがプリントされていれば、どこの国のものかわかったのですが、ラベルのないものが多く、ラベルが残っているものも、コールタールのようなもので汚れていて、よくわかりませんでした。 アルファベットの文字が並んでいたようでしたが・・・
さて、このインク・ペットボトルは、どこから流れてきたのでしょうね?
[PR]

by taibeach | 2012-09-26 21:10 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(6)  

この夏、気になったもの その3

私がこの夏に、ちょっと気になった漂着物。
第3弾は、先月末に訪れた高知県東洋町の生見海岸にある、生見ホワイトビーチホテル横の
階段状護岸に、台風の大波によって漂着していた、身の毛がよだつ怖~いモノです。
a0125598_1910194.jpg
その漂着していたモノというのが☟コレ!   ドッヒャ~Σ(゚д゚;) ! 怖~~!!
a0125598_19102738.jpg
渚では時々、美容師を目指す学生さんがカットの練習に使うカットマネキンが、漂着しているのを見かけることがあります。 それらは大抵の場合、コレコレのように、カットの練習後で短髪が当たり前なのですが、このマネキン首は長髪ボーボーで怖さも百倍!|)゚0゚(| ホェー!!
ここの階段は、ホテルやペンション、民宿や駐車場から海へと向かうサーファーさんたちの通り道となっており、大勢の方が行き来するのですが、早朝や夕暮れ時の薄暗い中、足元にコレが転がっていたら、かなりビビっちゃうでしょうね~!
私ならビビっちゃうだけではなく、チビっちゃうかもしれません・・・(笑)
[PR]

by taibeach | 2012-09-25 22:23 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(10)