<   2014年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

Happy Halloween 2014

Happy Halloween !
a0125598_21062738.jpg
折角のハロウィーンナイトですが、今日の徳島県南は雨
なんか夜になって雨が激しくなってきました。 JRが止まらなきゃいいけど・・・
a0125598_21063989.jpg





[PR]

by taibeach | 2014-10-31 21:12 | ビーチ・クラフト | Trackback | Comments(2)  

波瀾の高知旅 その3(第2の選択)

先週末に行ってきた、今年の高知ビーチコーミング旅
今年は、海岸線を走るルートではなく、旅行時間の短縮を期待して、国道195号線を行く山間部を通るルートを選択。
しかし、徳島と高知の県境・四ツ足トンネルを抜けたところまでやってきた時、目の前に現れたのは「全面通行止め」の立て看板!?
愕然として、ただただ看板を見つめる私。
看板にはザックリとした迂回路の説明が書いてあるが、どうも落石の多い険しい林道のような道らしい。
電話で誰かに聞こうにも、このあたりは圏外・・・ 辺りは真っ暗闇、他に車が来る様子もない状況。 山道に慣れていない私に、そんな山道が走れるわけはなく、結局来た道を引き返すことに・・・

引き返す途中、大きな角の牡鹿や強引に道を横断するタヌキをギリギリのところでかわし、走るニホンカモシカのお尻を見たりながら、ようやく元の国道55号まで帰ってきた時には、すでに午後10時半(ここまでの走行距離155km) 出発からおよそ3時間が経過 
時間短縮どころか、大幅な時間のロスとなってしまいました・・・(>_<)
a0125598_22181103.jpg
昨日、国道55号から少し上がった所にある道路情報掲示板を見に行ってきたところ・・・
アイタタタ・・・ ちゃんと出てるじゃないですか・・・ (∥ ̄■ ̄∥)
a0125598_22215023.jpg
この道路情報掲示板、ちょうどカーブの所にあるから見にくいんだよねぇ・・・
あの通行止めのあたりって、物部町って言うんだね。 覚えておきます。(^^;)
でも22時~6時って、四ツ足の看板には書いてなかったけどなぁ・・・?

さて、時計はもう10時半・・・ 
海岸ルートでは、高知南国ICまでは3時間なので、着くのは午前1時半頃か・・・
一度ウチに帰って、翌朝に再出発しようか? 
でも、それじゃ朝から浜歩きはできないし・・・ えぇ~い!そのままGOだ!(第2の選択)

つづく・・・

[PR]

by taibeach | 2014-10-30 23:23 | 旅行 | Trackback | Comments(4)  

秋の渚の植物ガーデン

10月30日 木曜日
今朝の徳島県南は、びっしりと鱗雲に覆われる曇り空。
でも、今日は冷たい北風は吹いておらず、最低気温は美波町 13.9度、海陽町 11.0度と、冷え込みは少し緩みました。
午後からは晴れ間が広がり、野外でもぽかぽかと暖かく、思わず居眠りをしてしまいそうなくらいの、気持ちのいい一日となりました。

さて、秋が深まりハマボウの葉が紅葉し始めた、私の「渚の植物ガーデン」では、
a0125598_20251081.jpg
ツワブキが、鮮やかなレモンイエローの咲かせ始めました。
a0125598_20204944.jpg

朝の最低気温が10度を下回り始めて、南国育ちの植物たちにとっては、朝の冷え込みが厳しい季節になってきましたが・・・
a0125598_20291478.jpg
グンバイヒルガオ君は、ちょっと花のサイズが小さくはなったものの、冷え込みにも負けずに、まだまだ可愛い花を咲かせ続けています。
a0125598_20381550.jpg
グンバイヒルガオの向こう側で、ピンク色の花を咲かせていたハマナデシコも花が終わり、葉っぱは赤く紅葉し始め
a0125598_20393234.jpg
花の終わったハマナデシコには、黒々とした種がたくさんできています。
a0125598_20451814.jpg
天気予報では、明日の午後からは雨模様ということなので、今日はせっせと種取りをしましたよ。
a0125598_20502819.jpg
私の「渚の植物ガーデン」で花が楽しめるのも、あとわずかとなってきました。
a0125598_20525428.jpg


[PR]

by taibeach | 2014-10-30 21:12 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(0)  

渚のイチジク図鑑  - 詠大 ー

10月29日 水曜日
今朝は、また一段と寒かったですねぇ!
今日の徳島県南の最低気温は、美波町9.4度、海陽町6.7度と、10度を下回り今季最低。
海陽町の6.7度は、10月の観測史上最低の気温だったそうです。
今年の冬はメッチャ寒くなるかもしれませんね。  いや、根拠はないんですけどね。(^^;)

さて今夜は、また再び渚の漂着カンチョー・シリーズ
今月15日に訪れた県南・ウニ浜の渚に漂着していたのがコレ☟
a0125598_21281088.jpg
容器のエンボス文字を確認してみたところ、『詠大』 浣腸液の文字
a0125598_21303601.jpg
はて?詠大とは、どこの製薬会社のものだろう?と検索してみたところ
台湾・彰化縣の製薬会社『詠大製藥股份有限公司』だと分かりました。

この詠大浣腸、この日の4日後に訪れた高知県東洋町の生見サーフィンビーチの渚にも漂着していましたよ。
a0125598_22254409.jpg
最近目にすることが多くなってきた隣国の浣腸薬
お通じの悩みは、世界共通 ・・・かどうかはわかりませんが、東アジア地域ではお悩みを抱えた方が多いようですね。
a0125598_22272513.jpg
「ENEMA」=浣腸、浣腸剤、浣腸器のことですね。

[PR]

by taibeach | 2014-10-29 22:33 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(2)  

波瀾の高知旅 その2(第1の選択)

10月28日 火曜日
雲一つない青空が広がった、秋晴れの今日の徳島県南。
今日の最低気温は、美波町13.2度、海陽町8.4度。 
お天気は良かったのですが、冷たい北寄りの風が強くて、肌寒~い一日でした。

さて、先週末に行ってきた今年の高知ビーチコーミング旅。
昨日のブログを読んで、一体何があったのか気になるという方もいらっしゃるかもしれないので、高知へと向かう道中に何が起きたのかを、今夜はお話しましょう。

24日 金曜日 午後7時に自宅を出発。
今夜の目的地は、高知県四万十町の道の駅「あぐり窪川
予定時間は、高知中心部まで4時間。 そこから高速を使って、12時には到着する予定。
しかし今年の旅は、少しでも早い時間に窪川に着きたかったので、時間短縮をするため、いつもの海岸線を走る国道55線ではなく、山道の国道195号線を走ることにした(第1の選択)のですが・・・



夜8時半ごろ、地図上に「カメラのアイコン」を置いてある、徳島県那賀郡那賀町(旧木頭村)と高知県香美市(旧物部 村)の県境に位置する「四ツ足峠 トンネル」(全長 1857.2m)を抜けると・・・
a0125598_21561273.jpg
∑(0д0) えっ!!  全面通行止め~!?
ノ)゜0?(ヽアリエナイ!!o(゜0?o)三(o゜0?)oニャニャjャニャ~イ!!
通行止めの看板の横には、手書きでざっくりとした迂回路の地図を書いてくれていますが、「急な上り坂」とか、「急な下り坂」とか、「落石多し」とかいう言葉が並んでいて、こんな夜にそんな通ったこともないような狭い山道を通るのは危険と判断し、来た道を引き返すことに・・・ 
だって誰かに聞こうにも、このあたり携帯電話も圏外なんだもん。(*´Д`)=3ハァ・・・

つづく

[PR]

by taibeach | 2014-10-28 22:22 | 旅行 | Trackback | Comments(6)  

波瀾の高知旅

10月27日 月曜日
皆様、こんばんは~!
実は先週末、土曜日がお休みとなったので、毎年恒例の高知車中泊旅に出掛けてきました。
しかし今年の旅は、高知へと向かう行きの道中からトラブル、アクシデントの連続・・・
a0125598_21024824.jpg
予定を切り上げて、もう徳島に帰ろうか・・・と何度も思ましたが、何とか最終目的地の足摺岬へたどり着くことができ、綺麗な朝日を拝むことができましたし、予定はくるってしまったけど、高知の渚もいっぱい歩くことができました。
a0125598_21041970.jpg
ビーチコーミング的には、ほとんどが空振りだったけど、まぁそんなことはどうでもいいことで、何よりよかったのは無事に生きて帰ってこれたことかな。(笑)
今回の高知ビーチコーミング旅の様子は、また追々アップしていきますね。

[PR]

by taibeach | 2014-10-27 21:12 | 旅行 | Trackback | Comments(6)  

渚のイチジク図鑑  オロナイン・カンチョー

10月26日 日曜日

先月末に訪れた淡島海岸
a0125598_01065994.jpg
渚には、イチジク製薬株式会社の2種類の浣腸容器漂着していました。
a0125598_01091775.jpg
コーポレートロゴマークの違うイチジク浣腸、上☝が旧タイプで、下☟のが新タイプですね。
a0125598_01094748.jpg
さて、そんな淡島海岸の渚を歩いていると、今度はエージングの進んだかなり古いタイプの浣腸容器が漂着していました。
a0125598_22083346.jpg
屈みこんでよく見てみると、『オロナイン浣腸』のエンボス文字が・・・
a0125598_22101488.jpg
さすがは大塚製薬グループの源流である徳島の渚ですねぇ~!
今は製造されていない幻の浣腸・オロナイン浣腸。
a0125598_22091787.jpg
このオロナイン浣腸、主な成分は他の浣腸と同じグリセリンですが、オロナインが0.3%含まれているのがこの浣腸の特徴です。 
オロナインが入っているから、ちょっとくらい切れちゃっても大丈夫ですね。(^^;)

[PR]

by taibeach | 2014-10-26 22:44 | 漂着物(人工物) | Trackback  

渚のイチジク図鑑 黄色いイチジク

10月25日 土曜日

9月の終わりに訪れた県南・阿南市の淡島海岸(瀬戸内)
a0125598_00281593.jpg
台風でできたと思われる漂着帯を歩いていると、こんな浣腸容器が漂着しているのを発見!
a0125598_00314177.jpg
今まで見てきた浣腸容器は、淡いピンク色か半透明のものばかり(劣化して元の色が分からないもの以外)でしたが、ナントこの浣腸容器は黄色
a0125598_00363594.jpg
この衝撃的な黄色の浣腸は、昭和23年創業の「ダイヤ製薬株式会社」(本社:奈良県橿原市)が製造販売している『三ツ星 ダイヤ浣腸』。
初めて見る浣腸だったので、歴史は新しいのかと思いましたが、昭和48年に開発されたものだそうです。

[PR]

by taibeach | 2014-10-25 20:00 | 漂着物(人工物) | Trackback  

最近の渚イチジク

10月24日 金曜日

またか!という声が聞こえてきそうな感じがしますが、最近またニューフェイスとの出会いがあったので、またしばらくあの漂着物のネタで押してみましょうかね。(^^;)

夏の終わりに訪れた、県南・牟岐町の砂美の浜
a0125598_23384662.jpg
渚には、ココヤシの実は漂着していたのですが
a0125598_23424863.jpg
プラモノなどには、他に目ぼしい漂着物が見つからなかったので、漂着していたケンエーカ〇チョウ(健栄製薬)をパチリ。
a0125598_23404428.jpg
よくよく考えてみると、使用目的があまりきれいなモノではないので、何も知らずに私のブログを訪れた方は、ちょっと引いてしまうんじゃないかと時々心配になることがあります・・・

・・・ってことで、キティちゃんと一緒にパチリ!
a0125598_00053511.jpg
ちょっとは可愛く見えてきましたかねぇ・・・?
でも、キティちゃんにとってはイメージダウンですね。 ごめんね、キティちゃん(^^;)

[PR]

by taibeach | 2014-10-24 20:00 | 漂着物(人工物) | Trackback  

パイプで始まり、パイプで終わる

10月23日 木曜日
徳島県南に漂着シーズンの到来を告げる「指標漂着物」といえば、私の場合数年前までは、瀬戸内などで行われているカキ養殖で使われているプラスチック製のパイプでした・・・
しかし、20年ほど前に瀬戸内の海岸に大量漂着して問題視されるようになってからは、漁協などにより流出対策がとられたり、ボランティアグループなどによりビーチクリーンが盛んにおこなわれたことにより、ここ数年はほとんど見かけることがなくなりました。

今年の春も、ほんの数個が漂着しただけだったのですが、先日の台風19号の後にはあちらこちらで、この牡蠣パイプが大量漂着していたのです。
a0125598_21173367.jpg
a0125598_21175723.jpg
漂着シーズンの始まりを、私に教えてくれていた牡蠣養殖パイプ。
春の大潮の時期というのは、一年のうちで一番潮位の差がある時期なので、瀬戸内海を漂流していた牡蠣養殖パイプが、潮に流されて紀伊水道や豊後水道を通り太平洋側に流出。 
その後、春の嵐などの強い南風によって、太平洋側の海岸に漂着物していたのでしょう。

しかし、今回は秋となり漂着シーズンが終了した頃の大量漂着。
a0125598_21451985.jpg
10月になり、すっかり北寄りの風が優勢となりましたが、今回台風19号が高知県→徳島県を縦断したことにより、南からの強い風が吹きつけました。
その強い南風が、近海を漂流していた大量の牡蠣養殖パイプを渚に運んだのでしょう。
では、減っていたはずの牡蠣養殖パイプが、一体どこから流れて来たのでしょうか? しかもこんなに大量に・・・
a0125598_21454663.jpg
写真には、15㎜ほどの「豆管」と呼ばれるとワッシャーしか写っていませんが、広島県の養殖施設で使われるという長さ約20㎝ほどのパイプも数多く漂着していたことから、8月に広島市を襲った豪雨やそのあとの大型台風が、牡蠣養殖パイプの太平洋への流出になんらかの影響を与えたんじゃないかな? と勝手な想像をしています。(^^;)

[PR]

by taibeach | 2014-10-23 23:00 | 漂着物(人工物) | Trackback