<   2015年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

 

ブルームーン

7月31日 金曜日
今日の徳島県南は晴れ
最高気温は、美波町 36.1度(今年最高)、海陽町 34.7度。 暑い!
徳島県に8つある観測地点うち、5地点で35度を超える猛暑日となりました。
今日全国で猛暑日となったのは、157 地点。 ベスト3は、1位・岐阜県多治見 38.4度、2位・高知県江川崎 38.2度、3位・群馬県館林 38.0度でした。

今夜は満月 今月は、(雨で見えませんでしたが)2日が満月でしたから、2度目の満月ということになりますね。
数年に一度、ひと月に2回ある満月のことを ブルームーンと呼ぶのだとか・・・
a0125598_22443137.jpg
「ブルームーン」と言っても、月が青く見えるわけではなく、どうやら英語で、『珍しいこと』を 『 once in a blue moon 』 と表現しますが、どうやらこれと関係があるようです。(^^;)
a0125598_22462657.jpg
ブルームーンが見られる機会は、そう頻繁にあるわけではなく、3年に1度くらいの頻度のようで、前回は3年前の2012年の8月。 次回は、3年後、2018年の1月だということです。
オリンピックよりも早くみられますが、次は3年先ということなので、まだ見ていないという方はベッドに入る前にどうぞ。(^^)


[PR]

by taibeach | 2015-07-31 22:44 | 田井ノ浜 | Trackback  

暑苦しい!

7月30日 木曜日
今日の徳島県南は快晴! 最高気温は、美波町 33.8度、海陽町 33.0度でした。
徳島県の観測地点の中で一番暑かったのは、徳島市の 35.8度。
最高気温35℃以上の猛暑日となりましたが、全国的にみると高知県大栃と共に30位タイ。
四国で一番暑かったのは、高知県中村の 37.0度(4位)。 
高知市は、36.7度で5位タイでしたが、ニックさん、大丈夫だったでしょうか?
そんな今日、日本で一番暑かったのは、宮崎県の西都と西米良の 37.3度。 宮崎のワンツーとなったようですね。


こんな暑い日のビーチは、海水浴をするなら最高ですが、灼熱のビーチを漂着物を探してさまよい歩かなくてはならないビーチコーミングは、もはや修行(野球選手がオフによくやる護摩行的な? ^^;)に近いものがありますね。

そんな「護摩行ビーチコーミング」をさらに熱くさせる漂着物
a0125598_20444968.jpg
先日訪れた小松海岸に漂着していた湯たんぽ。 
灼熱のビーチなら、ヤカンいらずでお湯が沸きますね! 

そして、こちら☟は土曜日のウニ浜に漂着していたアツイもの
a0125598_20535674.jpg
どこから流れてくるのかはわかりませんが、毛糸で編まれたシューズ
ギラギラ太陽が照り付けるビーチでこんなのを履いていたら、シューズの中は蒸れて、直ぐにずくずくになってしまいそうですね。(^^;)

そんな暑~いビーチを、小一時間も歩いていると、あっという間に汗だく&真っ黒に日焼けしてしまいます。
たぶん、小松海岸の渚に漂着していたこの子☟も・・・
a0125598_21105258.jpg
どひゃ~! 思わずドキッ!っとビビってしまう漂着物
暑さでというより、あちこちからみょ~な汗が噴き出して、ゾクゾクっと逆に涼しくなるかも!

[PR]

by taibeach | 2015-07-30 21:21 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(8)  

カイヨウスオウの木

7月29日 水曜日
今日の徳島県南は晴れ 
最高気温は、美波町 33.1度、海陽町 32.6度でした。

さて、昨シーズンは結構渚で出会う機会があったのですが、今シーズンはここまで未だ漂着を確認していないのが、サキシマスオウノキの果実
a0125598_21283086.jpg
さて、来月からの後半戦は姿を見せてくれるでしょうか?

さて、サキシマスオウノキと言えば、根が地上に出て見事な板状になった『板根(ばんこん)※』を発達させる木として有名ですね。
a0125598_22335781.jpg
※「板根とは、樹木の地表近くからの側根の上部が 、平板状に著しく偏心肥大し、樹木の支持や通気の働きをする根をいう。」

板根といえば、今年のGWに訪れた高知県の牧野植物園で、こんな板根を見てきました。
a0125598_21502099.jpg
「ツブラジイ」の板根 ☟
a0125598_21505957.jpg
板根の高さは30センチくらいだったでしょうか、なかなか立派な板根でしたが、ツブラジイの板根は徳島県南の山の中でも、結構見ることができるので、私的にはそんなに驚くほどではありませんでした。 ごめんなさい。(^^;)

でもね、徳島県南には、本物のサキシマスオウノキの板根を見たことがある人でも、思わず「ムムム!」っと唸るってしまうような、立派な板根を持つ木があるんです!
a0125598_21335205.jpg
県南・海陽町の天然記念物に指定されている「榎(えのき)の板根」
a0125598_21323088.jpg
a0125598_21314664.jpg
この榎の板根、高さは私の腰よりも少し高いくらい。
私の身長が185㎝ですから、板根の高さも120・・・  
申し訳ありません。m(_ _)m  私、185㎝もありません。(^^;)
ですが、この榎の板根の高さは、1メートル近くあるんですよ!
a0125598_21311352.jpg
a0125598_21332396.jpg
この榎の板根、この前に森の人さんとも話していたのですが、この秋にある漂着物学会・徳島大会に全国から集まるビーチコーマーさんたちにも、是非この『カイヨウスオウノキの板根』を見て頂きたいなぁ~!
a0125598_21330851.jpg
                        (2015年5月31日 撮影)

[PR]

by taibeach | 2015-07-29 22:40 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

台湾 ノベルティー

7月28日 火曜日
今日の徳島県南の最高気温は、美波町32.7 度、海陽町31.4度。
梅雨明けから5日、連日の真夏日が続いていて、早くも夏バテ気味の私です。
a0125598_21213756.jpg
さて、日曜日の「漂着物を探そう!」で私が持ち帰ってきたものがコレ☟
台湾から流れてきたと思われるライター
a0125598_21221367.jpg
ライターの表面には、高雄市の議員さんのお名前。
この手のライター、私のブログでも過去に何度か紹介したことがありますが、選挙の時に候補者が選挙民に配ったものですね。
どうも台湾の選挙ではノベルティーは当たり前らしく、どこの立候補者も名前を売るために、このようなライターやボールペン、コップにお菓子など、様々なノベルティーを作ってはタダで配っているのだとか・・・ 
日本では「うちわ」でも大問題になりますが、台湾はOKみたいですね。(^^;)

[PR]

by taibeach | 2015-07-28 21:42 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(2)  

あった!あっだん

7月27日 月曜日
今朝の徳島県南は晴れ 朝から気温がグングンあがり、海陽町では朝9時に、美波町では11時に30度を超えていました。(最高気温は、美波町 32.5度、海陽町 34.6度)
あまりに暑いのでひと雨ほしい所でしたが、午後からは雲が多くなったのに結局雨は降らず、ただただ蒸し暑いだけでした・・・ (;´ρ`) グッタリ

さて、先日訪れた田井ノ浜
a0125598_22022128.jpg
渚には一日では片付けきれなかった、台風11号の漂着物が残されていました。
a0125598_22013285.jpg
台風直後の漂着物は、すでに掃除されたはずだったのですが、大雨によって海へと流れだした大量の葦や流木などが、台風が過ぎ去った後も残っていたうねりによって再漂着したみたいです。

残されていた漂着物の中で、久しぶりにあの植物の果実を発見!
a0125598_22114333.jpg
亜熱帯から熱帯の海岸近くに生育する海岸植物 「アダン」の果実
a0125598_22153924.jpg
沖縄のビーチなどの写真などを見ると、海岸植物の代表みたいに写っているアダン。
他の南方種子果実と比べても、もっといっぱい流れ着いてきそうなんだけど、昨シーズンは全然見かけなかったのは何故なんだろう?

[PR]

by taibeach | 2015-07-27 22:22 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

「漂着物を探そう!」2015

7月26日 日曜日
今日は年に一度のお楽しみ、徳島県立博物館の超人気行事 『漂着物を探そう!』 にお手伝いとして参加してきました。
昨年の「漂着物を探そう!」では、雨に悩まされ続けたので、台風12号の動きが気になっていたのですが、心配された台風もそれて、今日の徳島は雲一つない快晴 絶好のビーチコーミング日和となりましたよ。

文化の森を出発して、先ずは瀬戸内側のビーチでウォーミングアップ!
a0125598_21542959.jpg
今年の品評会の解説は、海の観察会の仲間のとーまさんです。
a0125598_22015636.jpg

ファーストBCを終えたあとは、またバスに乗り込みさらに南下します。
移動のバスの車中では、漂着物の現物に触れてもらったり、ビーチコーミング関連の本を見て頂きながら、ビーチで出会っても見逃さないように、しっかりと目に焼き付けておきます。

そうこうしているうちに、次に到着したのは県南・海陽町の大砂海水浴場。
ここでは昼食をとるの予定だったのですが、道中に昼食を終えられた方は、ランチタイム・ビーチコーミングで、先ほどの瀬戸内側の渚との違いを感じて頂きます。
a0125598_22261431.jpg

さて、大砂でのランチタイムの後は、いよいよ本日のメイン・ディッシュ ビーチ
海陽町宍喰の長浜でのビーチコーミングです!
a0125598_22370675.jpg
青い海に白い砂浜、まるで南の島のような美しいロケーション バッチリのビーチに四十数名のビーチコーマーが一斉にビーチに散らばっていく様子は、ちょっと感動的な眺めでした!
a0125598_22490991.jpg
a0125598_22492619.jpg
a0125598_22493916.jpg
a0125598_22495662.jpg
今回参加された子供たちの中から、未来の徳島のビーチコーミングを担う頼もしいビーチコーマーが現れて欲しい!・・・と願ってやまない海の観察会のみんなでした。(^^)

参加して下さった皆様、海の観察会のメンバーさん、徳島県立博物館のI先生、本日は暑い中お疲れ様でした!

[PR]

by taibeach | 2015-07-26 23:10 | 徳島 県南海岸 | Trackback | Comments(10)  

磯場の花は赤い花

7月25日 土曜日
梅雨明けした、今日の徳島県南は快晴!
a0125598_21172485.jpg
夏のギラギラ太陽が照り付けて、今日も暑かったですね~!

今日は午前中に、台風11号後のウニ浜の様子を確認しにいてきたのですが、5月末に訪れた時の渚は、こんなにハマゴウの葉っぱが青々としていたのに
a0125598_21233998.jpg
やはりここの渚も台風の大波の影響を受けて、ここのハマゴウ林も残念な状態に・・・
a0125598_21253912.jpg
数年前の台風で、壊滅状態になるも海岸植物の底力で見事に復活したと思ったのに、大自然は時に非情ですね・・・

さて、そんなウニ浜の渚で、私が夢中になって(他に拾うものがなかったので・・・)拾いまくってきたものは、ウニ殻ではなく 海の赤い宝石赤珊瑚
a0125598_21414598.jpg
・・・が拾えたらいいな~! と思いながら拾った(笑) 赤色の『イソバナ』(磯花、刺胞動物門花虫綱八放 サンゴ亜綱ヤギ目イソバナ科)
a0125598_21531365.jpg
壊れやすくて枝がすぐに折れちゃうんだけど、これで何か作れないかなぁ~?
a0125598_21553913.jpg

海の宝石 『血赤珊瑚』 は、日本近海の小笠原列島・五島列島・奄美・沖縄・宮古島周辺、土佐湾の水深100~300メートルの海底に棲息しているので、海岸に打ち上がることはまずありませんね。(^^;)

[PR]

by taibeach | 2015-07-25 22:00 | 海の生き物 | Trackback | Comments(10)  

砂の陶片

7月25日 土曜日
日付が変わっちゃったので、昨日訪れた徳島市の小松海岸
a0125598_00041804.jpg
台風11号の影響で、何か面白いものは漂着していないかと歩きます。
が・・・ 歩けど歩けど大量に漂着した葦や流木やゴミばかりで、南国ものはもちろん、ブルー紡錘浮きさえも見つかりませんでしたが、こんなお茶碗☟の欠片が、たくさん打ち上げられていましたよ。(^^;)
a0125598_00364600.jpg
一見、砂で作られている底の抜けたお椀のようなもの。
これは、ツメタガイの仲間が卵と砂とを分泌物で固めて作った卵囊で、「スナヂャワン (砂茶碗)」(英名は、sand collar)と呼ばれているものなのです。 面白い形だね!(^^)
a0125598_00480686.jpg

さて、そんな漂着帯を歩いていて見つけたのが、コレ☟
a0125598_00170957.jpg
どうやら徳利の首の部分のようです。
この後、徳島県立博物館のT館長さんに見て頂いたところ、鳴門の大谷焼の徳利ではないかと教えて頂きました。

大谷焼の貧乏徳利と言えば・・・と、ブログの過去記事を辿ってみたところ・・・ 
ありました! 昨年のGWに博物館で開催されていた、企画展「いただきま~す!-食の生活史と自然誌-」で展示されていた大谷焼の徳利!
a0125598_00323676.jpg
元の形は、こんな感じだったのかなぁ?
a0125598_00325362.jpg

[PR]

by taibeach | 2015-07-25 00:44 | 海の生き物 | Trackback | Comments(10)  

梅雨明け 2015

7月24日 金曜日
今日の徳島県南は、朝から快晴!
県南だけではなく、四国地方は高気圧に覆われて、朝から広い範囲で晴れとなりました。
・・・となれば、待ちに待った、そう! 
今日(24日)午前、気象庁から「四国地方が梅雨明けしたとみられる」と発表がありました。
平年より6日遅く、昨年より4日遅い梅雨明け。 
徳島県では、各地で梅雨の期間中の雨量が平年の2倍! 
いや~今年の梅雨は、本当に長くて雨が多かった! ()´д`()ゲッソリ・・・
a0125598_22173308.jpg
a0125598_22180557.jpg
連日、雨🌂で、身体にまでカビが生えそうだったのですが、梅雨明けした途端の猛暑到来!
a0125598_22211035.jpg
今日の徳島県南の最高気温は、美波町 32.5度、海陽町 33.1度。
徳島県に8つある観測地点のうち、7地点で30度を超える真夏日となりました。
a0125598_22251897.jpg
心配していた台風12号は沖縄方面に進み、四国に上陸を与える可能性はなくなりましたが、台風と高気圧による暖かい空気に覆われるため気温が上昇するとの予報なので、皆様熱中症にいっそうの警戒をして下さいね!
a0125598_22344540.jpg

[PR]

by taibeach | 2015-07-24 22:40 | 番外編 | Trackback  

うどん県からぷかぷか

7月23日 木曜日
今日の徳島県南は、雨のち曇り 
梅雨が明けた地域では、暑い日が続いているようですが、今日の徳島県南の最高気温は、連日の雨の影響もあり美波町 25.2度、海陽町 26.1度。
本日は、二十四節気の1つで、最も暑い時期という意味の『大暑』ですが、徳島県南は6月並の涼しい一日となりました。
でも、明日はようやくお天気も回復する予報ですね!(^^)

さて、台風11号の後に見かけた漂着物を観察していると、意外と瀬戸内側の府県から流れてきたと思われるモノに出会います。
四国の沖を西から東へと流れる黒潮の分流が、紀伊半島沿いに北上するように流れ、その反対に四国の東海岸を室戸岬に向かって南下する流れもあることから、その流れにのり瀬戸内側から流れだしたものが、四国の東海岸に漂着すると思われます。
a0125598_21040452.jpg
今日はそんな瀬戸内側の府県の中でも、徳島のお隣香川県から流れてきた漂着物です。

先ずは、田井ノ浜の渚に漂着していた 稲用培土の袋 ☟
a0125598_20444087.jpg
「JA香川県」とプリントされていますから、香川のものとすぐにわかりますね。

さて、お次は高知県東洋町の生見サーフィンビーチで見かけたライター
a0125598_21054261.jpg
大手旅行代理店の高松営業所のプリントが読めますね。

そして最後は、高知県室戸市の渚で見かけた携帯灰皿 ☟
a0125598_21075281.jpg
高松市のプリントが入っていますね!
a0125598_21080808.jpg
表側にプリントされていたのは、野球のアンパイヤをモデルにした、高松市環境美化シンボルキャラクターのアウトくん
「ポイ捨てアウト!」 この携帯灰皿をもらった人に、キャンペーンの意図が伝わっていなかったようです・・・ 残念!

[PR]

by taibeach | 2015-07-23 21:21 | 漂着物(人工物) | Trackback