那佐の韓流

先週の鹿ノ首に続き、那佐の“韓国もの”の漂着物を2つ紹介します。
a0125598_2216569.jpg

一つ目は「韓国ウキ」です。 徳島県にも韓国ウキは割と漂着して、そんなに珍しくはありません。
漂着する韓国ウキは“ウキだけのもの”が大半ですが、中には“ハリス付きのもの”や、ハリスの先に“「ヨリモドシ」が付いているもの”があります。 大抵は単体なので、こんな風にたくさんのハリスやウキが纏まって漂着しているを見たのは、徳島では初めてです。 (高知ではあるのですが…) 
これは、はえ縄漁の仕掛けでしょうか?
もう一つは、韓国の飲料のペットボトルです。
a0125598_2231240.jpg

韓国のペットボトルも、徳島、県南ではそんなに珍しいものではありませんが、私が食いついたポイントは、この飲料メーカーが“LOTTE”だということです。
今では、「韓国のLOTTE]と言っても、そんなのみんなが知っていることですが、私が子供の頃は、「チューインガムはロッテ」で、日本の老舗お菓子メーカーだと思い込んでいましたが、ある日学校の先生から、ロッテは元は韓国のメーカーだと聞かされ、驚いた記憶があります。
いまでも、私の中では“ガムはロッテ!”であり、そして野球はオリオンズ時代から、千葉ロッテマリーンズのファンに変わりはないので、この『LOTTEのサイダー』ぜひ一度飲んでみたいものです。
[PR]

# by taibeach | 2009-07-09 22:53 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(0)  

またまた、那佐にカメ!

海陽町立博物館に行く前に、宍喰で合流した茨木先生をご案内して、二人で那佐の海岸を歩きました。
海岸を歩きだし間もなくすると、最近嗅いだ事のある“例の臭い”がしだした。 
茨木先生が、「あぁ!」と声を上げた方向には、この前とは別のウミガメの漂着死体が・・・
a0125598_20575135.jpg

まだ自然に帰ろうとしている途中らしく、近寄りがたい状態で、そっとしておきたかったのですが、サイズを確認するために、岩の間からひっぱりだし写真を撮り、早々に退散しました。
[PR]

# by taibeach | 2009-07-08 21:19 | 海の生き物 | Trackback | Comments(0)  

皆さん、是非見に行って下さいね!!

お恥ずかしながら、はじめて行った阿波海南文化村の海陽町立博物館・・・ 素敵でした。 
少しだけお手伝いさせてもらった、「浜辺の植物」の展示作業の様子を、このブログをご覧いただいている方だけに開催前ですが、ちょっとだけ特別にご覧にいれましょう。
a0125598_21542417.jpg

私達のコレクションの漂着種子くん達は、うれしことに“海流散布植物コーナー”のすごく立派なケースの中に、展示していただけることになりました。  (どうです、立派でしょう!)
a0125598_2216638.jpg

『“見せる”ということを考えて!』という茨木先生のアドバイスを考えながら、バランスよく配置した漂着種子くん達に、作っていただいたラベルを並べて、展示を仕上げていきます。
a0125598_22403265.jpg

どうですか!スポットライトを浴びて、何とも誇らしげなこの↑漂着種子くん達!! カッコイイ!!
a0125598_23284315.jpg

ここでは紹介できませんが、「浜辺の植物」の展示には茨木先生の、「見せる為の工夫」があちらこちらに施されています。 
今回は、博物館の裏側を体験させていただき、「人に見せる展示を作る」ということの、難しさを知る事が出来た貴重な経験でした。 皆さんも、この「浜辺の植物」の見せる展示を見て、“魅せられる”こと間違いなしです。 どうぞご覧にいらして下さいね!!
[PR]

# by taibeach | 2009-07-08 00:06 | 博物館・水族館 | Trackback | Comments(0)  

皆さん、見に行って下さいね!!

“渚の探偵”&私、“助手”の、ビーチコーミングの師匠である、徳島県立博物館の茨木学芸員から、今度県南は海陽町にある、阿波海南文化村の海陽町立博物館において、7月25日(土)~8月30日(日)の期間に開催される企画展『浜辺の植物』の展示の中で、海流散布植物のコーナーを設けるのだけれど、そこに私達がビーチコーミングで採取した、植物の種子や実を展示しませんか?という、とてもうれしいお話を戴いた。
そこで、7月5日に展示の最終調整に向かわれるということなので、展示してもらえる私達のコレクションを持っていった時に、展示作業を見学させてもらえることになった。
a0125598_2213336.jpg

この企画展は、昨年徳島県立博物館において行われた、部門展示「浜辺の植物」の展示を元しているが、新発見のニュースや色々な工夫が凝らされており、さらにさらにパワーアップした展示になっています。
a0125598_22541578.jpg

昨年徳島県立博物館で、この展示をご覧になった方も、思わず「ヘェ~!」と言ってしまうような展示に進化しています。
a0125598_22422121.jpg

  ( 昨年の徳島県立博物館、部門展示「浜辺の植物」の展示解説をされる茨木先生 )
[PR]

# by taibeach | 2009-07-06 23:02 | 博物館・水族館 | Trackback | Comments(0)  

“海水浴場” 始めました!

今日は、鹿ノ首の漂着物はちょっとお休みして、今日行われた県南美波町の「田井ノ浜海水浴場」の海開きの様子をご覧いただきます。
a0125598_20393998.jpg

せっかくの海開きでしたが、時折パラパラっと雨の降る、あいにくのお天気模様です。
a0125598_20454781.jpg

神主さんのお祓いの後、テープカットと共に子供たちが、元気に海に飛び込んでいきます。
a0125598_20535252.jpg

その後は、皆さんお待ちかね、毎年恒例のお楽しみ“宝探し”です! ヤッホー!!
a0125598_20575092.jpg

このようにお宝は見えていますが、毎年景品が10くらい余ってしまうそうです。
a0125598_20585655.jpg

見つけたカードは、交換所でお宝と交換します。 今年の景品の中には、今が旬!“豪華!活アワビ&サザエの詰め合わせのセット”が入っていたそうです。 参加すればよかった・・・
a0125598_21294391.jpg

[PR]

# by taibeach | 2009-07-05 21:35 | 徳島県南海岸 | Trackback | Comments(0)  

“韓流”れ物(Part3)

韓国から、いらっしゃった漂着物の「第三弾」。  
今度は、こわ~い危険物じゃなくて、ぜひ一度いただいてみたいものです。
a0125598_2013182.jpg

韓国のキャンディーのパッケージ。 のど飴でしょうか?  なんかパッケージの色から想像すると、日本ではしょうが飴のような感じですけど、この飴は何味なのかな?
[PR]

# by taibeach | 2009-07-04 20:30 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(0)  

“韓流”れ物(危険物Part2)

この日の鹿ノ首には、青ポリタンクに続き、あまりありがたくない“韓流ブーム”がやってきていた。
a0125598_2341258.jpg

ハングル文字のドラム缶もやってきていたが、こちらはなにやら不気味なボンベのようなものが・・・
a0125598_23451755.jpg

ボンベには、ハングル文字で書かれたラベルが貼られていました
a0125598_234724100.jpg

なんのボンベなのかはわかわないけど、“WARNING!”やっぱり危険なもののようです。
[PR]

# by taibeach | 2009-07-03 23:59 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(0)  

黒い奴も来る

韓国製の“青いポリタンク”がやってきたと思えば、こんな黒いポリタンクもやってきていた。
a0125598_1736109.jpg

どちらの国からいらっしゃたのかな?と、お名前を探してみると・・・ 
なんと!“MADE IN ENGLAND”の刻印が!? 「英製のポリタンク」 まさかイギリスから流れてきたわけはないだろうから、英国製の輸入品が、国内か近辺の国、あるいは船から投棄されたものが流れてきたのでしょうね。
a0125598_17563548.jpg

[PR]

# by taibeach | 2009-07-03 18:10 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(0)  

今年もやってきた青い奴

近年、北からの季節風が吹き荒れる頃になると、日本海側の海岸にはある迷惑な漂着物が、大量に押し寄せ海岸を覆い尽くしている…とテレビニュースや新聞、ブログなどで見たり聞いたりすることが多くなった。 その数、平成11年~17年までに約126,300個というから驚きです。
その漂着物は、日本海側だけでなく九州・鹿児島を周り、ついに去年徳島県の県南の海岸に漂着した。  (2008.4.18  田井ノ浜にて撮影)
a0125598_231199.jpg
その迷惑な漂着物とは、韓国のノリ養殖業者が使っていた薬液の入った“青いポリタンク
a0125598_23115038.jpg

コイツのもう一つの厄介なところは、その中身であった劇薬が残っているものがあるということだ。
去年漂着したコイツにも、中身のCH₃COOH(酢酸)というラベルが貼ってあった。(中身はカラ)
a0125598_23241245.jpg

その嫌われ者の “青い奴”  ついに、この日の鹿ノ首の海岸にも、やってきていました。
[PR]

# by taibeach | 2009-07-02 23:32 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(0)  

中華飛行隊

昨日は、鹿ノ首に飛来したウルトラ兄弟の風船を紹介したけど、ここ鹿ノ首には以前にも、「中国産じゃないかな?」と思う風船が飛来していたことがあった。
a0125598_201327.jpg

     これはひょっとして、かの有名なネズミのアニメ、“ミ○キーマウス”のパクリ?                                                         
a0125598_20153731.jpg

            ↑ どういう意味なのでしょうか?     (2008.4.26撮影)
a0125598_2045284.jpg

     こ~んなカラフルな“ニワトリ?型”の風船をみつけたこともありました。
a0125598_2192465.jpg

    風船には、お猿さんやヒヨコ?ちゃんと共に、ワンポイントで“ド〇えもん”やキ〇ィちゃん”
    がさりげなくあしらわれています。            (2009.3.15 撮影)
[PR]

# by taibeach | 2009-07-02 21:26 | 徳島 県南海岸 | Trackback | Comments(0)