タグ:貝 ( 217 ) タグの人気記事

 

雑草魂

師走・・・ 最近何やらバタバタと忙しくって、ちょっとお疲れ気味の私。
昨日、モモタマナ君を部屋の中にしまうのを忘れて、一晩野外に放置してしまいました・・・
モモちゃん寒かったろう… ゴメンネ。  あぁ、やっぱ疲れてるなぁ・・・ ε-(ーдー)ハァ 
おまけにここんところ、またパソコン君の調子がどうも芳しくないんだよね。 
もう電気店の5年間保証期間も過ぎちゃったし、かと言って新しいパソコンを買う余裕もなし…
もしかしたら、そのうち突然ブログの更新が止まっちゃうかもしれませんが、お許し下さいね。(^^;)

a0125598_20264157.jpg
さて、1日の日曜日に訪れた県南・海陽町の大砂海水浴場西の渚。
a0125598_20280027.jpg
渚には、昨日のブログにも上げたアゼトウナが元気に花を咲かせていたのですが、
a0125598_20270238.jpg
咲いていたのは海岸の岩場ではなく、ここ大砂では☟ブロック積擁壁の隙間から ( ̄∀ ̄*)
a0125598_20271468.jpg
ブロック積擁壁からは、アゼトウナの他にもススキやハマボッス、☟テリハノイバラなんかも育っていました。  綿毛で種が飛んでくるススキやアゼトウナが芽を出すのは分かるんだけど、テリハノイバラはどうやってこんな所に定着したんでしょうね?
a0125598_20272512.jpg
そんな大砂西の渚を歩いていた時、私の目にとまったのが、この☟ヒオウギガイの貝殻。
a0125598_20273827.jpg
大砂のヒオウギガイと言えば、あの“はずれヒオウギガイ”のことが頭をよぎりましたが・・・
今度は、当りでも、はずれでもありませんでした。 ( ̄▽ ̄;)ゞぽりぽり
a0125598_20274868.jpg
この日の大砂西の渚での収穫は、こんな☟感じでした。(o^-^o) ウフッ
a0125598_20281075.jpg
小さいんですが、久しぶりに赤色のビーチグラス☟が拾えましたよ-♪ \(^0^)/
a0125598_21412354.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-12-05 21:19 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(8)  

枇杷

夜になって気温が下がり、また冷え込んできた徳島県南。
今日の最低気温は、美波町 3.5度(前日差 -0.5度)、海陽町 2.1度(前日差 -0.1度)
昨日よりも、また寒くなっていますよ・・・
11月中は暖房をつけないことにして、モコモコに着こんで頑張っていますが、いつまで我慢できるかな?(^^;)

さて、日曜日の浜歩きに向かう道中、こんな☟花を見かけましたよ。
a0125598_21163525.jpg
ご存じだったでしょうか? 「ビワ」(枇杷)の花。 この時期に咲くんですね~
ビロードの様な蕾は、なんだか暖かそうですよね-♪

a0125598_21260588.jpg

このビワの木のすぐそばには、こんな☟実をつける木がありました。

a0125598_21165139.jpg

こちらの実は、ビワは枇杷でも「イヌビワ」(犬枇杷)の果実。
ビワはバラ科の常緑中高木ですが、イヌビワはクワ科イチジク属ですね。
a0125598_21170619.jpg

さてさて、“ビワ” と言えば・・・
今年の秋台風の後、高知の東海岸によく打ち上げられていたのが「ビワガイ」(枇杷貝)
お友達の高知のニックさんや、とーまさんも拾われていたようですね。 o(*^▽^*)o~♪

a0125598_21172106.jpg
ビワガイは、本州の房総半島以南、西太平洋全域に分布し、水深10~50メートルぐらいの浅い砂泥底に棲むビワガイ科の巻貝。 
ウニなどの棘皮動物を餌にしているんだそうですね。
ビワガイの英名は、「fig shell」 fig=“無花果(いちじく)の形をした貝”と呼ばれています。
しかし、イヌビワと同じく無花果はクワ科イチジク属で枇杷はバラ科。 
枇杷貝よりは、無花果貝にした方が良かったのでは・・・と思いましたが、同じビワガイ科には「イチジクガイ」という貝がいるのだそうで、植物の話を貝に持ち込むと、なんだかちょっとややこしくなりますね・・・(笑)
 

[PR]

by taibeach | 2013-11-20 23:23 | 海の生き物 | Trackback | Comments(8)  

新規開拓、成功!?

冬型の気圧配置が強まり、上空に真冬並みの寒気が入り混んだ影響で、全国的にこの秋一番の冷え込みとなった今日。
徳島県中西部に位置する西日本第2の高峰・剣山(1955メートル)では、初雪と初冠雪を記録(昨年と比べて初雪は20日、初冠雪は5日それぞれ遅い)したそうです。
徳島県南の今朝の最低気温は、美波町 7.0度、海陽町 4.8度と、12月上旬並の気温・・・
う~ん さすがに寒い! 私もついにアウターを出しました。 ~(=^‥^=)

さて、先月13日の浜巡回。
日・中の超有名な特撮&アニメキャラクター商品が漂着していた渚を歩いていると、親子で貝拾いをされていた方にお会いしました。
少しでも多くの方に、ビーチコーミングの素晴らしさを知ってほしいと日頃思っている、自称・ビーチコーミング伝道師?の私としては、ここぞとばかりに、昨年開催された『海からどんぶらこ -浜辺の漂着物-』のブリーフ・ガイド「徳島ビーチコーミングハンドブック」をプレゼントして、ビーチコーミングのディープな魅力を(頼まれもいないのに勝手に)レクチャー(^^;)
貝拾いには、よくおいでになるとおっしゃっていたので、ハンドブックに写真が載っていたルリガイの美しさに、お子さん方も興味津津なご様子。(*^-゚)vィェィ♪ 

一通りの説明を終えた後、レクチャーの最中に離れた所に発見した「喜羊羊与灰太狼」の風船を拾って帰ってくると、お母様が「コレって、ひょっとして・・・?」と見せてくれたものは・・・
ナント! ☟アサガオガイの貝殻です! オオーw(*゚o゚*)w
a0125598_19270707.jpg
早速、私のレクチャーの成果?が現れて、よ 良かったです・・・(*゚.゚)ゞポリポリ
下のお子さんも、私の見せたモダマに興味を持って下さったようで、早速辺りの漂着物をガサガサと探ってらっしゃいました。ヾ(@^▽^@)ノ
よしよし、作戦通りー♪ 未来のビーチコーマーさん、期待していますね!(笑)


さてさて、今年2013年の漂着シーズン、私のフィールドでは漂着物が大凶作だったこともあり、この日は新たなマイフィールドを開拓すべく、あちらこちらの名もなきポケットビーチを探り、さすらい歩きながら室戸の海岸線を進みます。(* ̄∇ ̄*)
そんな名前も分からない、磯&砂利浜を歩いていた時☟私の前に現れたのは・・・
a0125598_21160983.jpg
ジャ~ン! ガラス浮き~!☆^(o≧▽゚)oニパッ  やったね! ここは新天地? =^-^=うふっ♪
a0125598_21163485.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-11-12 22:42 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(10)  

メイヤンヤン

先月半ばの浜巡回。 2か所目に訪れた室戸市の渚での収穫は、先日菊人形になったウルトラ怪獣・ベムスター&仮面ライダー555フィギュア。
これにスーパー戦隊シリーズのフィギュアが拾えたなら、三大特撮テレビドラマ・フィギュアがそろい踏みでしたが、残念ながらこの2体のみ・・・ まぁそんなにうまくはいきませんな。(^^;)
a0125598_19263687.jpg
その代わりと言ってはなんなのですが、こんな大人気キャラクターがプリントされた風船が、海を渡って飛来していましたよ。
a0125598_19265325.jpg
この風船のキャラクターは、中国の大人気国産アニメ、『喜羊羊与灰太狼』(シーヤンヤンとホイタイラン)。 もう私のブログでは、すっかりお馴染ですよね~! \(^0^)/
a0125598_19272809.jpg



風船の中央に大きく描かれている可愛い羊は、主人公の「喜羊羊」(シーヤンヤン→左に小さく描かれている羊)の恋人?の「美羊羊」(メイヤンヤン)。 
その足元に描かれている狼が、敵役?の「灰太狼」(ホゥイタイラン、右側)。 その左隣りに描かれている狼が「紅太狼」(ホンタイラン・灰太狼の妻)です。
a0125598_19274179.jpg
あっ、ちなみに・・・ 昔の笑福亭鶴瓶師匠みたいな羊は、村長さんの「慢羊羊」(マンヤンヤン)です。(^^;)


[PR]

by taibeach | 2013-11-11 20:58 | キャラクター、おもちゃ | Trackback | Comments(2)  

来月からは・・・

今日で、台風に振り回され続けた10月も終り・・・ ということで、私のブログも10月の浜歩きネタが、一カ月遅れでスタートです。(^^;)
10月最初の日曜日に訪れた、高知県東洋町の白浜海水浴場。
この日は朝から真っ黒な雲に覆われて、今にも雨が降り出しそうな感じだったのですが、渚を半時間ほど歩いた頃から晴れ間が見えるようになりました。 
a0125598_19584555.jpg
ここ白浜海水浴場は、一年を通して浜掃除☟が行われているので、何か流れ物(人工物)を見つけた!ということはありませんが
a0125598_19585648.jpg
これからの季節は、渚を歩く人も少なくなるので、静かな渚にじっくりとじゃがみ込んで、きれいな打ち上げ貝を拾うことのできる楽しみな季節です。a0125598_1959631.jpga0125598_19591634.jpg











a0125598_19593999.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-10-31 23:00 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(8)  

エェ~!? そんなぁ・・・

高知県西海岸から帰って来た翌日、朝目が覚めると、昨日私の浜歩きを苦しめた大時化のお天気がまるで夢だったかのような青空が広がっていました。
昨日浜歩きの最後の砦でまさかの空振りを食らい、私の心は失意のどん底でしたが、ウチの中でじっとしていても仕方がない、ビーチコーマーはとにかく海に出て歩き続けるしかないので、遅い朝食を食べて出かけることにしました。
a0125598_20582943.jpg
県南・海陽町の大砂海水浴場。
渚の漂着物はさほど多くはないですが、エボシガイ付きの漂着物がポツポツ
a0125598_20584640.jpg
しかしながら、青い貝や南方系の漂着物は見当たらず、やはりここも終戦模様・・・

そんな砂浜を歩いていると、オレンジ色のヒオウギガイ☟を発見!
a0125598_20592057.jpg

こいつはお持ち帰りしよう-♪ と拾い上げ、何気なく貝殻の内側を見てみると・・・
a0125598_2059367.jpg
何? はっ はずれ・・・!?  (^^;)
[PR]

by taibeach | 2013-10-12 21:43 | 徳島 県南海岸 | Trackback | Comments(18)  

憧れの渚で、ビーチコーミング!

先日の中国地方旅、私にはど~しても行ってみたかった所がありました。
それが海の向こう側に見える場所☟ \(^0^)/
a0125598_1828353.jpg
そんでもって、海を挟んで反対側から見た風景がコチラ☟ 
上の写真の道路は、実は橋の上だったんです。(道が渋滞していたので撮れました ^^;)
a0125598_18291532.jpg
で、ここがどこかと言いますと・・・ 山口県の北西、本州最西端じゃなくって山口県 の北西端。
日本海(響灘)上にある、映画やテレビのロケ地として有名な島・『角島(つのしま)』
そして、その角島と本州を結ぶのが、離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路としては、日本屈指の長さ(1780m)を誇る、平成12年度(2000年)に開通した角島大橋(YouTube)
a0125598_183019.jpg
角島や角島大橋のことは前から知っていたのですが、今年の春に放送された「秘密のケンミンSHOW」の『連続転勤ドラマ 辞令は突然に…』で。角島大橋の本州側の渚☟が映っていて、いつかここでビーチコーミングをしてみたいなぁ~!って思っていたんだ。  
だから興奮のあまり、指☝が☟写っちゃいました~! (笑)
a0125598_18302412.jpg
渚の砂はきれいな白砂で、打ち上げ貝の様子なんかは、高知県の塩屋海水浴場の砂浜と、なんだか感じが似てるような気がしたよ。(^^;)
a0125598_18303661.jpg
a0125598_18304786.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-10-06 18:00 | 日本海 | Trackback | Comments(4)  

初ムラサキ

さぁ、今日で私の初・日本海ビーチコーミング、山口県・只の浜レポもこれで最終回です。
a0125598_2161764.jpg
渚で見つけたハツユキダカラの亜成貝☟
ちょっとエージングが進んでいて、艶のない貝殻でした。
a0125598_216351.jpg
いつもの私なら、拾わずスルーしてしまうところですが、日本海の渚で初めて見つけた日本海産タカラガイということで、迷いなくお持ち帰り即決です!(^^;)

さて、そんな渚で次なる獲物を物色していた私の目の前に現れたのは・・・
・・・イカ?  コウイカ? いや、よく見るとちょっと違うね。 
a0125598_2165435.jpg
只の浜はそんな広い海岸ではないけれど、渚には7~8匹同類の軟体動物が、今まさに漂着中!
なんだろう??? 徳島県の渚では見かけたことのない種類だね・・・
あぁ、あれか! 日本海側の渚によく漂着するというソデイカってやつか !?
いやいや、ちょっと待てよ・・・ ソデイカってもっと巨大で、色も赤っぽかったような・・・
a0125598_2171282.jpg
・・・と頭の中ではこいつの正体について色々な考えを巡らせたのですが、結局いくら考えてもわかる筈もなく・・・ そらそうだ! 知らないものをいくら考えてもわからないのは当たり前か(^^;) 
結局家に帰ってから、画像を見ながら調べたのですが、どうやらこの軟体動物、イカではなく、『ムラサキダコ』という蛸だったようです。
ムラサキダコ(紫蛸)はその名の通り、全身が紫色をしていて腹面は銀色。
マダコなどと違って底性ではなく、表中層浮遊性のタコで大群をつくることもある。
ここ只の浜のある山口県長門市の深川湾の北、日本海に浮かぶ青海島には、毎年8月頃になるとこのムラサキダコがよく漂着するのだとか・・・  へぇ~(^^)
a0125598_2172148.jpg
このムラサキダコについて面白いお話をもう1つ。
ムラサキダコは幼体の頃、「カツオノエボシ」を捕食して、カツオノエボシの刺胞を自分の体の中に取り込み、その刺胞を武器にする「盗刺胞」という面白い生態を持っているそうですよ。
[PR]

by taibeach | 2013-10-03 23:19 | 日本海 | Trackback | Comments(8)  

薄色夏桃

先日訪れた県南・海陽町の大砂海水浴場
この日訪れた渚はどこも散々な結果だったので、あまり期待せずに歩き始めたのですが、歩き始めてすぐにエボシガイ付きの瓶を見かけたので、ちょっと期待が膨らみます。
見かけたビンが、医療廃棄物のビンじゃなかったらもっと良かったのですがねぇ・・・
a0125598_0161148.jpg
さらにその近くでは、干からびてはいましたが、ギンカクラゲの円盤を発見!
これは~!とテンションも上がってきましたが、これで終了。  あぁ… 今年はこんなのばっか
a0125598_01725.jpg
ウスイロナツモモが打ち上がってたので、拾い上げてみたら反対側が欠けていました・・ ・(>_<)
a0125598_0163667.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-09-23 21:00 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(2)  

羽箒貝

先日訪れた県南・海陽町那佐湾
a0125598_1625542.jpg
渚には殻長が30㎝を越える大きな貝殻がたくさん打ち上げられていました。
吉野川河口の小松海岸でよく見られる「タイラギ」の貝殻によく似ていますが、タイラギの貝殻よりちょっとスリムで長細い貝殻。
a0125598_1632135.jpg
この貝は、『ハボウキガイ』(羽箒貝・羽掃木貝、英名:pen shell )
名前の由来は、貝殻が細長くて羽箒(はぼうき)☟形をしているところからきているのでしょうか。
a0125598_16272111.jpg
房総半島以南の熱帯太平洋およびインド洋に広く分布し、潮間帯から水深5メートルのアマモの生えている細砂泥底に生息している貝。
タイラギのように貝柱の部分は食用になるようですが、貝殻の割に食べられる部分は小さく、味もタイラギと比べてイマイチだとか・・・(^^;)
a0125598_1634126.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-09-14 16:42 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(4)