人気ブログランキング |

腹黒? いえいえ、胸黒!

昨日の天気予報通り、スッキリ~!と晴れ渡り、気持ちいい☆青空の広がる朝を迎えました。
しかし、最低気温はまた10度を切り少し肌寒く、さらに吹く風が冷たかった今日の徳島県南部。 
午前中の用事に向う途中寄り道をして、駆け足で田井ノ浜を歩いてきました。
今朝の田井ノ浜は、波もなくとても穏やかな渚。 潮は大分引き始めていて、干潮に向っています。
a0125598_2212599.jpg
渚を歩きだすと、なにやら打ち上げられた海藻の間を、ちょこまかと歩き回る物体を発見!
 ココ ⇓ にいるのが判りますか?
a0125598_22225492.jpga0125598_22243173.jpg









鳥についての知識は、全く持っていない私。
渚で見られる鳥として、鳥素人の私でもよく耳にするのは「ハマチドリ」という名前。
家に帰って、ネットでハマチドリの画像を検索して見比べてみたのだけれど、ハマチドリという種類の鳥はいないということでした。 
*尚さんに教えて頂いたのですが、ハマチドリ(浜千鳥)は文様の名称なのだそうです。
実は私がハマチドリという名前の鳥だと勘違いしていたのは、『ハマシギ』(浜鷸 、学名:Calidris alpina 、チドリ目シギ科)という鳥のこと。 このハマシギ、奈良時代くらいから、シギ類の種類を区別せずに全部「シギ」の名前で呼んでいましたが、江戸時代に区別され「ハマチドリ」と呼ばれたという過去もあるのだとか・・・ 
ハマシギの画像とこの鳥を見比べてみましたが、やっぱりちょっと違うようです。 ですがこの鳥、ハマシギと何だか似通った、チドリ風の雰囲気が漂っていますから、チドリの親せき筋を当たってみたところ・・・
いました! おそらくですが、『ムナグロ』(胸黒、英名Pacific Golden Plover、学名:Pluvialis fulva チドリ目チドリ科)という鳥ではないかと思います。
このムナグロ、冬は東南アジアや南西諸島で過し、夏はシベリアに行き産卵・子育てをする旅鳥で、日本には春と秋の渡りの時期に全国に飛来するのだそうですよ。

*おまけ(^^) ネットでハマチドリを調べていたら、青森県上北郡横浜町の町の鳥が、ナント「浜チドリ」だということを発見! 「陸奥湾に面した海の町~横浜町」というイメージから親しまれ、学校の校章にもなっているのだそうですよ~! 

by taibeach | 2010-04-24 22:42 | 動物、昆虫  

<< もう雪は勘弁!でもこのユキはOK! 銭水 >>