山の上の船?

昨日の記事の山の画像、徳島にお住まいの方でも、あの場所に迄行ったことがあるという方は、たぶん少ないんじゃないかな?
実はあの場所、徳島市八万町の向寺山という山で、山内には『徳島県文化の森総合公園』(徳島県立博物館・徳島県立近代美術館・徳島県立21世紀館・徳島県立図書館・徳島県立文書館)の施設があります。 図書館横の階段を上って行くと、広々とした芝生の広場や森、四季の花々が楽しめる散策路などがあり、徳島県民の憩いの場となっています。
この日(1日・日曜日)は、図書館は17時で閉館。 閉館時間までいたので、駐車場から出る車の渋滞が終わるまで、山の上の遊歩道を散策することにしたのでした。(^^)
a0125598_21431656.jpga0125598_21433124.jpg









山上の広場の一角には、何故だか県内の漁港で実際に使われていた木造船<カンコ船、伝馬船(てんません)、任勢船(まかせぶね/ボラ旋網船)>が展示されていました。 どうして山の上?
a0125598_21435484.jpga0125598_2144789.jpg










a0125598_21442933.jpg
向寺山の山の上から見た海の方角、ちょっとわかりづらいですが、徳島の町並みの向こうは紀伊水道、その向こうには和歌山を望むことができます。 
こちらの景色なら見たことがあるよ!とういう方も多いでしょうね。
[PR]

by taibeach | 2010-08-03 22:38  

<< 幽霊ガニ 昨日私は山にいた・・・ >>