美バンビ

全国的に強い冬型の気圧配置となった今日、徳島県でも寒気で冷え込み、徳島市で初雪を記録。
県南でも最低気温が氷点下となった所(美波町-0.3℃、海陽町-2.9℃)もあり、私の職場でも水道や水溜りが凍結したりと、バタバタと慌ただしい朝となってしまいました。
昨日のクリスマス・イブの日は普段より仕事が忙しく、午前4時から仕事だったので私も3時半起き。 また夜にも用事があったので、家に帰ってきたのが夜10時とちょっと寝不足気味・・・
都会に行くとそんなハードな生活を送るサラリーマンの方は、いくらでもいるのでしょうから、一日くらいで何にを言っていると、お叱りを受けるかもしれませんがね。。。(・_・;)

年の瀬で何かと忙しく、寝不足な日が続き朝の目覚めも悪い上、最近は朝の冷え込みが厳しくなり、暖かい布団から出るのには相当の勇気が必要な季節となった今日この頃ですが、先日新聞でこんな記事を見つけました。
気象調査会社の「ウェザーニュース」が同社の会員を対象に今月こんな調査をしたそうです。

【冬の朝、目覚めてから布団を出るまでの時間は?】

その調査結果を47都道府県別に集計したところ
冬の朝目覚めてから布団を出るまでの全国平均は13.3分だったそうです。
そして47都道府県別で最も布団を出るのが早いのは、徳島県民と宮崎県民の11.0分だったそうで、 次いで山口県の11.3分、福井県と奈良県の11.5分と僅差で続きますが、近畿全府県で全国平均の13.3分より早い結果となり、寒さの厳しい北日本よりも暖かい西日本が早い傾向。

なるほどな・・・と思う様な結果なのですが、面白いことにその反対に、冬の朝目覚めてから布団を出るまでの時間が最も遅いのは、43位が長崎県の15.4分、44位がお隣・高知県の15.5分、
そして「お寝坊?ベスト3」は、45位が広島県の15.7分、46位が熊本県の16.1分、47位最も遅いのは、鳥取県の16.6分だったそうですよ。(●^o^●)

さてさて、水尻の浜で拾ったタカラガイの中には、サンタクロースの相棒、世界中をサンタさんと子供達のプレゼントを載せたソリを一生懸命に引っ張るトナカイ!
・・・ではなくて、鹿の子模様が美しいカノコダカラもありました。 
a0125598_22161633.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-12-25 22:16 | 打ち上げ貝  

<< 平鈴木さんも住んでいます。 お宝、ザックザク~! その2 >>