“菖蒲”と書いて

梅雨が似合うものと言えば、ホタル、アマガエル、カタツムリ、紫陽花、そして・・・
a0125598_21432145.jpg
a0125598_21433685.jpg
ハナショウブ(花菖蒲)の花、様々な色の花があり、梅雨の、今頃が調度花の見頃ですね。
a0125598_21441435.jpga0125598_21442555.jpg









ハナショウブ(花菖蒲)は、ノハナショウブの園芸種で、アヤメ科アヤメ属の多年草。
普通“ショウブ”と聞くと、このハナショウブ(花菖蒲)のことを思い浮かべる人が多いと思います。
ですが、5月5日の端午の節句の日に入る「菖蒲湯」で、湯船の中に浮かべてある“ショウブ”は、このハナショウブの葉ではなく、サトイモ科ショウブ属のショウブ(菖蒲)なのです。

「どれも素晴らしくて、優劣が付け難い」という意味の慣用句、「いずれがアヤメかカキツバタ」という言葉がありますね。 同属のハナショウブ、アヤメ、カキツバタの3種は、よく似ていて見分け方が分からないという方もいらっしゃるかと思いますが、花の外花被片の模様で、簡単に見分けることができます。
アヤメの花には、外花被片に網目模様がありますが、ハナショウブとカキツバタにはありません。
外花被片に白い斑紋があるのがカキツバタで、外花被片に黄色い斑紋があるのがハナショウブといった具合に見分けられます。

さて、この3種の違いがよくわからない頃、「アヤメ」のことが知りたくて検索すると、「菖蒲」がヒットし、「菖蒲」を検索すると、「アヤメ」のことに辿りつきます。
どうやら、結局『アヤメ=菖蒲』ということらしくて、アヤメとショウブは同じ花なのか…?と少し混乱してしまいました・・・ 
調べてみたところ、古代からショウブは菖蒲(アヤメ)として人々に親しまれてきましたが、江戸時代の途中に、名前が「菖蒲(アヤメ)」から“ショウブ”に変更され、それまで「はなあやめ」と呼ばれていたものが菖蒲(アヤメ)と呼ばれるようになったそうです。
a0125598_0135797.jpg
アヤメは、葉が並列して立っていて美しい文(あや)があるという意味で「文目(アヤメ)」
また、花の外花被片の網目模様から「綾目(アヤメ)」と呼とも呼ばれているそうです。
a0125598_0141341.jpg
        【アヤメ(菖蒲、文目、綾目、学名:Iris sanguinea)アヤメ科アヤメ属】

ところで今日、私が何を言いたかったのかというと・・・
a0125598_0291912.jpg
『アヤメダカラ』が大好き~!! ということなんですけどね・・・(笑)
[PR]

by taibeach | 2011-06-14 23:58 | 打ち上げ貝  

<< 解体ショー 梅雨が育てる >>