田代豆

今日の徳島南部、天気予報では雨のぱらつくお天気の筈だったのですが、朝から晴れのいいお天気となりました。 先週の週末から雨が降り続いて暑さも和らいでいたのですが、お日様が顔を出した今日の県南は、美波町31.3度、海陽町30.0度と、また残暑厳しい一日となりました。
今日は敬老の日で世間はお休みでしたが、私は仕事でした。 
昨日の日曜日は、午後少ししか海に行けなかったので、今日は晴れのよいお天気だし、夕方からは私も浜歩きに参戦しよう!と思っていたのですが、残念ながら午後4時前からは、激しい雨が降り出してしまいました・・・orz  明日明後日は、ようやく動き出した台風15号の影響で雨の予報。 しばらく浜歩きはお預けですね。

さて、今シーズン初めて青い貝たちに出会えた、17日の田井ノ浜の渚には・・・
a0125598_23265714.jpg
エボシガイの花で可愛く?装飾された電球や、黒々とした外皮の残るゴバンノアシの実やa0125598_23271026.jpga0125598_23273813.jpg










最近迄は全く漂着がなくて、貴重な存在だったけれど、最近では漂着数も増え、一気に普通漂着種子となってしまったモモタマナやココヤシなどが、大量の流木や葦に混じり流れ着いていました。
a0125598_2328142.jpga0125598_23281378.jpg









そんな漂着物の中には、こんなもの☟もありましたよ。
a0125598_23283562.jpg
『タシロマメ (田代豆)』( Intsia bijuga 、マメ科) 和名のタシロマメは、田代安定と言う人に由来するそうです。 タシロマメはマメ科の植物ですが、デイゴと同じの木になる豆。 主に東南アジアなどの熱帯地域に分布し、日本では八重山諸島にわずかに分布しているそうです。  
タシロマメの木は高さ20m以上に達する常緑高木で、幹が固くて重いことから、別名はタイヘイヨウテツボク(太平洋鉄木)とも呼ばれ、シロアリの害に強く、昔から建築材や家具材として利用されました。
[PR]

by taibeach | 2011-09-19 23:57 | 植物・花・種子  

<< Sea skater 待ち貝来たる-♪ >>