さすらいのビーチコーマー、高知をゆく その1「砂浜美術館BC」

今回の高知の旅、当初の予定では金曜日のうちに黒潮町に入っている予定(夕方5時出発で、夜10時頃の到着の筈)だったのですが、また例によって出前(出発前の準備)が遅く、夜8時前の出発となってしまった・・・orz
しかも天気予報通りに、夕方から雨が降りだし、高知に近付くほどに雨足が強くなったので、思うように車を進めることができず、日付も変わろうとしていたので、この日は須崎の道の駅で車中泊となりました。  (道の駅 かわうその里・すさき着午前0時頃、走行距離約200km)
高速を使えばもっと行けたんだろうけど、平日だったので、まだ休日割引じゃないな・・・などとケチくさいことを考えてしまったのだが、20時からは平日夜間割引っていうのがあるんだってね・・・
a0125598_0402959.jpga0125598_0405056.jpg









翌日22日は、雨こそ降っていなかったものの、今にも降ってきそうなどんよりとした曇り空でしたが、土曜日のブログで予告した通り、黒潮町の浮鞭海岸に到着し、渚歩きを始めることには、西の方から青空がのぞき始めましたよ!
a0125598_041625.jpg
こちらの海岸でも、ビーチークリーンが行われたようで、大型台風がもたらした漂着物は片づけられたような感じ。 浜辺にある漂着物は、どうやら最近の荒れで漂着したもののようでした。
私は主に波打ち際でなく、大型台風の大波によって削られ、小さな浜崖となった辺りを中心に歩いたのですが、ビーチクリーンの後に残された漂着物たちは、ほとんどが風に吹かれて飛ばされた砂によって、砂浜の中に隠されてしまった様子でしたよ。
そんな渚を歩いて私が見つけたのが、☟ツキヒガイ(たぶん)の右殻。 できれば左殻がほしかった
a0125598_0472510.jpga0125598_0474039.jpg









そして種子系は、ミフクラギの実と、ククイノキの真っ黒な種子。 後はテリハボクが2個・・・
ココヤシ、ゴバンノアシは1個づつあったけど、なぜだかシナアブラギリは見当たらず・・・??
a0125598_0481821.jpga0125598_0483595.jpg









2時間余りのビーチコーミングでしたが、最初としては上出来ですかね。
もっと家から近ければ、台風の直後とか、浜掃除のすぐあとに駆けつけるのですが、いくらお隣の県と言っても、ここはさすがに遠すぎますね。
a0125598_154447.jpg

大量に漂着したと思われる流木などは、ほとんど燃やされてなくなっていましたが、さすがは砂浜美術館の渚! こんな素敵な流木のアート作品が残されていましたよ(^^)
a0125598_1223788.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-10-24 23:57 | 旅行  

<< さすらいのビーチコーマー、高知... クジラに会える町:黒潮町に行っ... >>