人気ブログランキング |

パソ子入院中の落ち穂拾いで Part2 灰にならずによかった~!

10月12日の記事でも書きましたが、田井の浜に山積みとなっていた台風12・15号の漂着物は、地元観光協会とボランティアの方々の手によって、ビーチクリーンが行われ綺麗になりました。
a0125598_22583035.jpg
私としては、漂着物を全部ひっくり返して調べたら、もう少し何かが出てきたかも知れないと思っていただけに、すこし残念な気もしましたが、まぁこればっかりは仕方ないですね。

台風以降、田井の浜の渚へは何度も足を運んで漂着帯をほじくり返し、散々探しつくしもう何もないと思っていたのに、何気にふらりと立ち寄ったら、アニマル柄のワニグチモダマを拾えたりするのですから、1度や2度歩いたくらいでは安心?なかなかできませんね。
台風で漂着した漂着種子たちは神出鬼没、大量の漂着物の中に紛れていたり、台風の吹き戻しの風によって砂の中に隠れていたり・・・ それがある時、ひょっこりと顔を出してくるんですから・・・
a0125598_2259788.jpga0125598_22592725.jpg









・・・ということが、もしかしたらあるかもしれないと、田井の浜の渚を再び歩いたのは10月10日。
この前拾ったアニマル柄のワニグチモダマが、さすがにもう最後だろうな・・・と思っていたのですが
あらら、まだサキシマスオウの実がありましたよ!
a0125598_22595749.jpg
何度も同じ場所を、行ったり来たりしたというのに、一体どこに隠れていたのでしょうね。
な~んて感心していたら、今度はすぐ近くでなんとワニグチモダマを発見!w( o )w オオォォ!!
a0125598_230997.jpg
今度のワニグチさんは柄なしの無地。 なんだかおいしそうな感じです。(笑)
a0125598_2302053.jpg
何度も歩いたはずなのに、どうして今頃になって見つかったのか・・・?
台風15号が過ぎ去ってから20日が過ぎ、渚に山積みとなっていた漂着物も、風などによって自然に、また渚を訪れた人の手によって人為的に、漂着物の山が崩れて広がり、中に埋もれていたものが顔を出したのでしょうね。
・・・とこの状況を分析。 ・・・だとするともっと何か見つかる筈!と辺りを隈なく探し回ったところ・・・
ウホホホホ~!! ありましたよ~!
a0125598_2303132.jpg
ハートの形をしたモダマ“SEAHEART ”に、私のハートもドッキリです!(@⌒ο⌒@)b ウフッ♪
a0125598_230469.jpg
この2日後の渚が、一番上の画像となるわけですが、モダマが灰にならずによかったナ。(゚_゚i)

by taibeach | 2011-11-26 22:57 | 植物・花・種子  

<< お父さん捜索隊 Vileda® >>