雨にも負けず浜歩き 最終回 「海豆はないけど・・・」

四国のはるか沖あいを、沖縄方面に向かって北西に進んだ台風10号の置き土産を調査するために、台風11号影響で時折激しい雨の降り付ける、徳島県南~高知県東洋町の渚を、ずぶ濡れになりながらパトロールして周った8月5日の浜歩き日記。
えらい長いこと話を引っ張って、ネタも古くなってしまいましたが、今回が最終回です。(^^;)
a0125598_2114916.jpg
中国や韓国製品を上回る勢いで、ベトナム製品を中心に、東南アジア各国からの漂着物が大量漂着していた高知県東洋町の生見海岸の渚には・・・

外果皮がきれいに残ったココヤシの実や、      黒ずんでしまったテリハボクの種子。 
a0125598_2122361.jpga0125598_215668.jpg







エボシガイに、メッチャモテモテのシナアブラギリや、海洋生物によって穴だらけにされてしまった、ミフクラギの実などが漂着していました。
a0125598_215447.jpga0125598_2155527.jpg







そんな渚に漂着していたのが、この☟ビンロウジュの内果皮と思われる種子。
去年は台風後に、県南海陽町の大砂海水浴場で拾っていますが、今回はツインズ!(^^)
a0125598_2164790.jpg
一昨日のアップした謎の種子が、中果皮が残った状態のビンロウジュだと、Shigeさんや尚さんのご教授により判明したばかりですが、こうして2つを並べてみると、あっナルホドなぁ~!と納得できました。   
※ビンロウジュの漂着果実は、エージングの具合によって外観は様々。
Shigeさんの今日ブログでは、エージング具合の違う、様々なタイプのビンロウジュの果実が見られますよ。 
a0125598_21789.jpg
内果皮だけとなって漂着したビンロウジュは、カチカチに堅いのですが、中果皮に包まれた方は、内果皮にあいた穴から水が入り、中身が腐ってしまったからでしょうか、軟らかな感じです。
ココヤシなども、実が青い時に割れてしまったものは、こんな感じになりますね。 (^^;)
a0125598_2171653.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-08-20 22:41 | 植物・花・種子  

<< ルネッサ~ンス!! ナルトのグンバイ >>