新発売!? いちごミルク・キャンディー

先月に訪れた、高知県東洋町の野根海岸。
a0125598_2121784.jpg
渚の漂着帯で見つけたのはブルー紡錘浮き。  ・・・と言っても、ビーチコーマーさんにはお馴染の、中国浙江省あたりのものではなく、材質がベトナム・キャンディー浮きのような軟らかなプラスティックで、陽刻なしのタイプ。
a0125598_2124112.jpg
以前この浮きの白色を拾ったことがありますが、あまり漂着数は多くありません。
同じ漂着帯には、ボンレス浮き☟や、ベトナムキャンディー浮き☟が漂着していたので、ひょっとしたら、ベトナム近辺で使われている浮きなのかもしれません。
a0125598_2124178.jpg a0125598_213321.jpg










そんな野根海岸の渚には☟こんなピンク色のベトナムキャンディー浮きが漂着していました。
a0125598_2133541.jpg
拾いあげてみたところ、この浮き、この日の4日前に、台風が過去った後の田井ノ浜で拾ったもの(上)と同じ浮きでした。 こちらのキャンディー浮きは、上のブルー紡錘浮きとは逆で、普通のキャンディー浮きとは違い、オレンジ浮きのような堅い材質のプラスチックでできています。
a0125598_2134334.jpg
この浮きの陽刻の「AN KHANG®」(メーカー名?)は、ベトナム語で、AN(安) KHANG(康)=「穏やかで健康なこと」という意味。
『an khang thinh vuong 』(安康盛旺=穏やかで健康な生活と繁栄をお祈りします)というように、ベトナムのお正月のおめでたい言葉として、「Chuc mung nam moi 」(明けましておめでとう!)の後に続く言葉として使われるようです。
[PR]

by taibeach | 2012-10-05 22:16 | 漁具、浮き  

<< おにぎり・ビーチコーマー 流出阻止! その2 >>