人気ブログランキング |

番外編 : 10年進んでいます。

東日本大震災以降、地震・津波が発生した際に、渚に遊びに来ている海水浴客や観光客を、速やかに安全な避難場所に誘導するために、あちらこちらの渚に設置され始めたのが、『津波避難路誘導看板』
a0125598_2015177.jpg
ここ興津の町も、海のすぐ近くということで、南海大地震による津波の被害が心配される地域。
さらに町へと続く唯一の道路は、私が初めて興津の渚を訪れた数年前と比べると、道路改良が進みずいぶんとよくはなりましたが、まだ道幅の狭い危険な箇所も多く、南海地震などの大きな災害が起こった場合、崖崩れなどにより道路が寸断され、町が孤立することが予想されます。
a0125598_20151934.jpg
同じく南海大地震による津波の被害が心配される、我が地元徳島県南でも、徐々に避難場所の整備等は進みつつありますが、ここ興津で私が感心したのは、津波の心配のない高台に、このような☟緊急用ヘリポートが整備されており、さらにこのヘリポートの上には、保育所とデイサービスセンターが、元あった海岸近くから移転を完了させているということ。
a0125598_20154044.jpg
災害時の避難弱者である、お年寄りと小さな子どもたちの安全が確保されているということは、興津地域の住民の皆さんの防災意識の高さが感じられますね。
さらに、この後に訪れる土佐清水市では、被災した場合に市民の救助活動にあたる消防庁舎、被災者の避難所となる市民体育館が、津波の心配のない安全な高台に移転しており、来年春には中学校の新校舎が完成し開校予定とのこと。
高速道路はドンドンと出来ているし、徳島県南地域と比べて、10年は進んでいます・・・
高台移転には巨額なお金がかかることだし、何なんだろうか?この差は・・・ 政治力?

by taibeach | 2012-10-27 22:39 | 番外編  

<< 高知ビーチコーミング旅2012... ジャックと月 >>