番外編 : ビーチコーマー的・ディズニーの旅⑤ TDS編

東京ディズニーシーのシンボル・「プロメテウス火山」があるのが、シーの中心に位置しているテーマポートの「ミステリアスアイランド」
センターオブジアースの洞窟を抜けると、目の前にはカルデラ湖・「ヴァルカンズ・コルドロン」が広がっています。
a0125598_2034130.jpg
この「ミステリアスアイランド (Mysterious Island) 」は、フランスのSF作家・ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万里』に登場する南太平洋に浮かぶ火山島がモデルとなっており、このテーマポート全体がベルヌ作品<『地底旅行』➝(センターオブジアース)、『神秘の島➝(ミステリアスアイランド)』、『海底二万里』(海底二万マイル)>の世界観が再現されていて、ベルヌファンには堪えられない場所。
a0125598_2041446.jpg
さて、私たちが次に向かったのは、カルデラ湖の向こう側にあるアトラクション・「海底2万マイル」。 
a0125598_2064126.jpg
ヴェルヌの『海底二万里』に出てくる新鋭潜水艦、オウムガイ号(☝ノーチラス号)ではなく
a0125598_207165.jpg
ノーチラス号が接近できなかった深海の海底へとネモ船長☝専用の潜水艇☟「ネプチューン号」
a0125598_2093335.jpg
・・・と同タイプの、6人乗りの小型潜水艇☟に乗り込んで、海底に沈んだ古代文明の謎を探るための調査へと出発します!
a0125598_2095961.jpg
この日の「海底二万マイル」のスタンバイの待ち時間は70分。
本来ならば、このアトラクションに30分以上は並びたくないところなのですが、この日は「レイジングスピリッツ」「アクアトピア」の2つの人気アトラクションが休止中の上、キャンパスデー最終週で、学生がいっぱい!Σ(゚皿゚) ガビーン さらには「センターオブアース」までも、システム調整になってしまったので、TDS待ち時間サイトを見ると、どのアトラクションも超混雑している模様・・・
a0125598_20101734.jpg
仕方がないので、スタンバイ・フルQラインに並んで乗りましたが、いつものようなファストパス利用では見ることのできない、ネモ船長の研究室兼書斎や
a0125598_20102762.jpg
潜水服などのプロップスなどをじくりと見ることができて、楽しかったです‐♪ ヾ(@^▽^@)ノ
a0125598_20103962.jpg
この日は閉園前にも乗りましたが、夜は待ち時間なしで乗れました。
a0125598_22273894.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-03-25 20:11 | TDR  

<< 何もないので、ブルーの花を お豆の花咲く >>