渚のほねほね 2013 ②

今日からいよいよ五月ですね!  明後日からは連休後半! あと一日頑張ろ~(^^)
さて、5月最初の海ネタは、高知県東洋町の渚で出会った骨!
ですが、ちょっと生々しい画像もありますから、苦手な方はパスして下さいね。 m(_ _)m
a0125598_1958383.jpg


さて、漂着カメラを拾った渚の漂着帯には、こんな骨たちが打ち上げられていました。
a0125598_19594787.jpg
立派な角もありましたし、昨年、徳島県立博物館で開催された企画展・「ほねほねワールド」で撮ってきた「ニホンジカの骨格標本」の画像と照らし合わせても、ニホンジカの骨で間違いないと思いますが、左上の肩甲骨だけは違う感じですね。
a0125598_19593790.jpg

さてさて、渚にはまだ少し生々しい☟このような種類不明の動物の骨も打ち上げられていました。
a0125598_200182.jpg
何の骨だろうと、「ほねほねワールド」の画像と見比べてみたのですが、「ハクビシン」の骨が一番近いような気がします。☟
a0125598_2002058.jpg
種類不明の動物の頭部の骨☟
a0125598_2005289.jpg
「ハクビシン」の頭部の骨☟
a0125598_2004029.jpg
う~ん、やっぱり素人に骨は難しいですね・・・ ホネホネ~!σ(^_^;)アセアセ...
a0125598_201154.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-05-01 21:00 |  

<< ミニ・ビク 漂着カメラ、再び >>