今度こそ本物!モモタのメ!

週末の明丸の浜には、ビーチコーマーさんにはお馴染、モモタマナの果実が漂着していましたよ。
モモタマナを見かけたのは、コイツで今季2つ目・・・  何てお寒い結果なのでしょう・・・(^^;) 
a0125598_1914343.jpg
「モモタマナ」(別名コバテイシ)は、アジアからポリネシアの熱帯~亜熱帯の海岸に広く分布する、樹高10~35m、直径60cm~1mになるシクンシ科の半落葉高木。
日本では、沖縄諸島,小笠原諸島に自生していて、人家周辺や公園、街路樹としてもよく植えられている身近な植物だそうです。  沖縄では8月の終わり~9月は、モモタマナの果実が実る時期。 夜になると、この果実が大好物のオオコウモリ(オリイオオコウモリ?)がたくさんやって、熟した果実を齧っていくそうです。
そんなモモタマナの果実、内果皮はコルク質状になっていて水に浮かぶので、こうして海を流れて本土の渚にも漂着してくるようです。

さて、去年の秋に渚に漂着したモモタマナを植えてみたところ、ちょこっと芽を出したのですが、次第に気温が低下したことが影響したのか、そのまま枯れてしまいました。
リベンジを!を春に蒔いてみたモモタマナの種子も、気温が低く過ぎた?のか全滅・・・(>_<)
しかし、その後植えた第2陣のうちの1つが、ついに発芽しましたよ!\(^0^)/
a0125598_19151659.jpg
a0125598_1915556.jpg
a0125598_19154646.jpg
a0125598_19153173.jpg
a0125598_1916736.jpg
すごく面白い!と思ったのは、葉っぱがグルグル巻き☟になっていたこと。
a0125598_19155447.jpg
a0125598_19163079.jpg
グルグル巻きの葉っぱが、次第に広がって
a0125598_19163132.jpg
ツヤツヤの、蝶ネクタイのような芽が出ましたよ!
a0125598_19171227.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-07-29 20:36 | 植物・花・種子  

<< ピンクの隊長 腰高祭り! >>