黄鶴楼

先日訪れた県南・外ノ牟井海岸の渚
a0125598_18445058.jpg
新しい漂着帯には、こんな建物の絵がプリントされたライター☟が漂着していました。
a0125598_18453198.jpg
ライターを拾い上げて見ると、鶴が舞い飛ぶ楼閣の絵の下には、「黄鶴楼」という文字があります。
a0125598_1845838.jpg
この「黄鶴楼」(こうかくろう)とは、かつて中国湖北省武漢市武昌区の西、漢陽門内の黄鶴山上に揚子江に臨んで建っていた高楼。 現在はほぼ同じ位置に、19世紀当時の姿を参考にして1985年に再建された楼閣(高さは約51.4メートル)が建っていて、武漢随一の名勝地となっているとか。
また黄鶴楼は、李白の「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」という漢詩でも有名だそうです。
[PR]

by taibeach | 2013-08-21 21:21 | 漂着物(人工物)  

<< もしものための対空標示 檜扇 >>