痰切豆

今日の徳島県南の朝の最低気温は、美波町6.2度(前日差+4.0度)、海陽町1.0度(前日差+2.1度)と冷え込みも少し緩んだ感じですが、これが平年並みの気温のようです。(^^;)
日本海側の方では、北海道に停滞する低気圧とこの冬一番の寒気の影響で大雪。
徳島県南でも、日が沈んでからはまた寒くなってきました。
太平洋側には低気圧が迫っており、今週半ばには東京でも初雪が降るかも・・・なんて予報も出ていますね。 
今年は頑張って我慢してきましたが、週末我が家でもついに暖房をいれてしまいました。
暖房で気になるのが、空気の乾燥ですよね~
空気が乾燥している部屋に長時間いると、口の中がカラカラ、喉はイガイガ風邪の原因にもなりますから、加湿器やマスクなどをして予防してして下さい。

さて、先日の浜巡回の時に、渚近くで見かけた植物の実。
a0125598_23310585.jpg
真赤な莢がはじけて、中から黒い種子が飛び出しています。
この植物の和名は、『タンキリマメ』(痰切豆)。 名前の由来は、この黒い種子を食べると痰が切れるということから付けられたらしいですが、効果のほどはいかに?(^^;)
a0125598_23311674.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-12-16 23:43 | 植物・花・種子  

<< 浜辺の銀蠅 海の観察会 2013 Winter >>