いよいよ春かな?

今日の徳島県南は、朝から青空の広がる快晴のお天気
放射冷却でしょうか? 今朝の最低気温は美波町 -0.7度、海陽町 -1.8度と冷え込みました。 
霜が降りたせいで車は真っ白。 水道は凍結・・・ あちゃ~!
朝から熱湯の入ったバケツを持って走り回る羽目になりましたとさ(笑)
a0125598_22033846.jpg
天気予報によると、明日の徳島県南の予想最高気温は18度と、かなり暖かな一日となりそうですが、お天気は下り坂で明日の午後からは雨予報
また南風がかなり強く吹くかもしれなので、ひょっとすると春一番が吹くかも~!

さて、神奈川の海仲間、尚さんの日曜日のブログでは、いち早く咲き始めた春の花たちが紹介されていました。 ちょうど私も、日曜日に同じような花の写真を撮ってきたところだったので、便乗・コラボ企画!(笑)
a0125598_22312328.jpg

耕作前の畑を覆うように大量繁殖していたのは、☟「ホトケノザ」(仏の座、シソ科)
なんかこの花、私の感じでは一年中見ている気がするんだけど、秋に芽を出し始め早春 ~6月頃まで花を咲かせて実をつける植物。
a0125598_22324492.jpg
「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロこれぞ七草」
春の七草のひとつに、ホトケノザとのがあるけれど、七草のホトケノザは、キク科の「コオニタビラコ」という植物。 このホトケノザ⇩とは別の植物のことなので、間違って食べないでね。(^^;)
a0125598_22305625.jpg
タンポポと同じく、鮮やかな黄色い花を咲かせて、周りを暖かな感じにさせてくれているのは、「カタバミ」(片喰)の花☟
a0125598_22300245.jpg
そして、この可愛い花が好き💛というファンはかなり多いのに、ちょっと残念な和名がつけられてしまっている「オオイヌノフグリ」
a0125598_22293655.jpg
元々は1887年頃に定着が確認されたヨーロッパ原産の帰化植物ですが、気の毒なくらいの和名よりも、別名の「星の瞳」、「瑠璃唐草」、「天人唐草」という名前で呼んであげたいな。

[PR]

by taibeach | 2014-03-11 23:39 | 植物・花・種子  

<< 春 キター! あれから3年 >>