渚の花はど根性

4月26日 土曜日
今日の徳島県南は、朝から晴れのいいお天気。
最高気温は、美波町 22.7度、海陽町 22.0度と、5月上旬並みの暖かな春の一日。
明日も、今日みたいないいお天気の日になればいいのにな。(^^♪

さて、先日訪れた県南・海陽町の宍喰長浜
a0125598_20494798.jpg
砂浜では、ハマダイコンが可愛らしい花を咲かせていましたが、ふとコンクリートの防波堤に目をやると、コンクリートのつなぎ目から育っているハマダイコンが
a0125598_20511471.jpg
これぞ正しく、ど根性(ハマ)大根! v( ̄∇ ̄)ニヤッ 

さらに防波堤を見渡してみたところ、今度はコンクリートの亀裂から育っている「アカメガシワ」の木&花を咲かせたハマヒルガオを発見!
a0125598_20513244.jpg
どうしてこんな所から・・・?  
・・・なぁ~んて、そんな風に考えるのは人間だけであって、自然の草花には、別に特別な根性が備わっているわけではなく、厳しい自然環境の中で子孫を残すには、これくらいは当たり前のことなのでしょうね。
a0125598_20514973.jpg

[PR]

by taibeach | 2014-04-26 21:21 | 植物・花・種子  

<< 香り立つ 野の花アルバム 2014 春 その8 >>