白い花束

5月27日 火曜日
「日本海海戦の日」、「百人一首の日」
「小松菜の日」 五(こ)ま 二(ツー)七(な)で、「こまつな」 ハハハ・・・(^^;)

雨上がりの今朝の県南は、雲が多いものの青空も見えていたので、晴れるのかな?と思ったけれど次第に雲に覆われて、天気予報通り曇り空のスッキリとしない空模様となりました。
a0125598_21232547.jpg

さて、大砂海水浴場での拾い物を終えた後に、森の人さんからのミッションを遂行するために立ち寄ってみた、宍喰 豚皇前の浜。
a0125598_21340536.jpg
昨年秋に見つけて、波の来ないところに移植しておいた若木(ネムノキと書いたけど、今見返してみたらジャケツイバラに似ています)が、どうなったのかを確認しに行ったけれど、雨水で砂浜が削られて流されてしまったのか、どこにも見当たりませんでした・・・

渚にはまだ漂着物も少なく、小さなウレタン浮きがついた網の塊があったくらい。(^^;)
a0125598_21483269.jpg
打ち上げ貝もあまり見当たらず、ちょっと寂しい感じでしたが、石積みの護岸の隙間からは「ハマボッス」(浜払子)が真っ白な花を咲かせていました。
a0125598_21532977.jpg
このハマボッス(浜払子)の名前は、仏教の法要の際に僧が威儀を示すために用いる法具(→法要で清めに用いる仏具)の払子に似ていることに由来するそうですが、残念ながら全く似ていない・・・ (;_△_)=3 ドテッ
a0125598_22075120.jpg
まぁ命名のセンスはさておき、無骨な石垣に飾られたハマボッスの白い花束は、清楚な美しさがさらに引き立って見えました。(Pq*゜v`)。+゜

[PR]

by taibeach | 2014-05-27 22:33 | 植物・花・種子  

<< ゴルフ記念日 コツコツ拾う >>