フレッシュ・シナアブ

9月2日 火曜日
今日の徳島県南、午後からは雲が多くなってきたものの、概ね晴れのお天気。
最高気温は美波町 31.1度、海陽町 28.7度。 やっぱり太陽が顔を出す時間が長くなると、まだまだ暑くなりますね。(^^;)
a0125598_21191017.jpg
今朝の空は、うろこ雲に覆われていたので、もしや・・・!?と思っていたのですが、夕方の天気予報では、また明日から金曜日まで雨が続く予報。 また今月も雨の日が多いのかなぁ・・・

さて、台風11号後の浜歩きでは、モモタマナやシナアブラギリ、ハマナタマメやハスなどの渚ではお馴染みの、スタンダードな漂着種子たちの漂着数も少なかったのですが、代わりに目立っていたのが、この青い果実☟  
台風の強風で落ちてしまったんでしょうかね? 結構たくさん漂着していました。
a0125598_21333475.jpg
この果実を手に取り、ミカンのように皮をむいていきます。
a0125598_21411396.jpg
a0125598_21425907.jpg
a0125598_21432485.jpg
果実の中から出てきた、ニンニクの欠片のような塊。
これを剥いていくと、中から出てきたのは見覚えのある種子
a0125598_21570365.jpg
そう、まだ熟していないベージュ色の種子は、シナアブラギリの種子ですね。
生の果実ですが、ここまで剥いた指は油?でギトギト・テカテカ。 よ~く燃えそうです。(笑)
まだ青い果実がたくさん漂着してくるということは、きっとどこか近くにシナアブラギリの木があるのでしょうね。

私のフィールド(徳島県南~高知県東岸)に漂着する果実は、シナアブラギリのものだけですが、種子の漂着は「シナアブラギリ」(左)と「カントンアブラギリ」(右)があります。
a0125598_22162746.jpg
シナアブラギリの種子の中には、蒔くとまだ芽を出せるものもありますが、真っ黒に変色したものやカントンアブラギリの中には、中から脂分がしみだしているものもあって、触ると匂いがなかなか取れなかったりする場合があるので、ちょっと注意してね。(^^;)
a0125598_22301018.jpg

[PR]

by taibeach | 2014-09-02 22:33 | 植物・花・種子  

<< 蒲生田の漂着物 ビーチコーミングしませんか? >>