波瀾の高知旅 その4

今年の高知遠征ビーチコーミング旅
思わぬ国道の通行止めで、旅行時間の時間短縮をするどころか、逆に3時間ものハンディを負ってしまった私。 
とりあえず今夜のうちに高知まで行くと決めた今は、日付は変わっても、少しでもに近づいておこうと、ひたすら走る、走る、走る! 私のオンボロ愛車!
とにかく、ただただ車を走らせるだけなので、道中の写真なんかは全然ありません・・・(^^;)

なんとか南国市内に到着し、ガソリンスタンドで給油した時には、時計はすでに午前1時過ぎ。
高知自動車道・南国ICから高速にのり、有料区間終点の須崎東ICに着いた頃には午前2時。 
ここで、いつもの高知旅にように、須崎西ICで降りて「道の駅・かわうその里すさき」で仮眠しようかと思ったのですが、今日の目的地である「道の駅・あぐり窪川」までは、以前のように国道56号線上の難所・久礼坂を登り七子峠越えをしなくても、昨年開通した高知道の須崎西IC~四万十町中央IC(無料区間)を走れば、あと半時間弱で到着できます。
これなら通行止めの遅れも取り戻せると、もう少しだけ頑張ってみることに・・・(第3の選択)

しかし、この日は出発した時から、すべての歯車がくるっていたということに、この時になってもまだ気付いていない私。
この選択が、あんな悲劇を招こうとは・・・

午前2時過ぎ、数年前のクネクネした峠越えのことを思いだしながら、真新しい高速を快適に愛車走らせていた私でしたが・・・
高知道・久礼坂トンネルを走っていた時
a0125598_18015306.jpg
目の前の道路上に小さな箱のような立方体が・・・と気付いた次の瞬間 
バーン! という音と共に、ハンドルがとられガタガタガタという激しい衝撃 (°◇°;) ゲッ
な、な、なんだ!? 何が起こった・・・?  ハッ! ひょっとしてパンク!?

車体がやや左側に傾き、ガタガタと振動しながら前輪の方から大きな音がしていますが、ここは高速のトンネルの中なので、止まって確認するわけにはいきません。 (@_@;)ぁせぁせUu 
何はともあれ、なんとか非常駐車帯まで行かなくてはと、ホイールが変形してしまうのでは?と心配しつつも、非常駐車帯を目指して車を進めました。(゚□゚;)アワワ(;゚□゚)アワワ

トンネルの中に非常駐車帯はなく、やっとたどり着いたのは久礼坂トンネルを抜けたところにかかる「大坂谷川橋」の橋の上の非常駐車帯。
a0125598_19412050.jpg
車を停車させ、ハザードランプを付けて、前輪の様子を見に行くと、なんとタイヤは見事にペチャンコ!(((((°°;)
a0125598_18494752.jpg
9月末に交換したばかりの新品タイヤが、ザックリと切れていて、パンクというよりバーストですね、こりゃ~! 一瞬にして、タイヤの空気が抜けてしまったようです・・・
この時、時刻は午前2時半・・・ o( ̄Д ̄o)(o ̄Д ̄)oドーシヨドーシヨ

あぁ、やっぱり無理しないで須崎で降りておけばよかった・・・ と悔やんでも後の祭り
とにかく、今やるべきことはパンク修理だ。
橋の上は真っ暗なんでライトを用意して、えぇっと、スペアタイヤはどこだっけ? 工具は確かグローブボックスの中だったよなぁ・・・ え?え? ジャッキってどこにしまってあるんだっけ???
この車に乗り始めて13年、スペアタイヤに交換したことなんかないから、もうアタフタしてしまいます。  アタヽ( ̄△ ̄ゞ=ヾ ̄△ ̄)ノフタ
大型トラックが猛スピードで通過するたびに、風圧で車が揺れるのにビビリながらも、何とかタイヤを交換し終えましたが、スぺヤタイヤで高速を走るのは、タイヤがバーストした直後なのでかなり怖い。
後ろから後続車が来るたびに、非常駐車帯に避けながらの運転。(⌒_⌒; タラタラ
ようやく、四万十町中央ICを降りて道の駅・あぐり窪川に着いた時には、午前3時をまわっていました・・・
この日の走行距離375km。 家を出てからは、約8時間。 
こうして、今年の高知旅の長い、長~い一日目は終わりました。 (*´Д`)=3ハァ・・・ 疲れた・・・ (;´ρ`) グッタリ ()´д`()ゲッソリ・・・

皆様、車でのご旅行の際は、私のような行き当たりばったりの旅ではなく、事前に通行止めなどの道路状況などを確認しましょう。
また、高速道路を通行される場合には、落下物などには十分にご注意くださいませ。

タイヤ交換の際は辺りが暗かったし、もうそれどころじゃなかったので良く分からなかったのですが、帰りにタイヤ交換をした大坂谷川橋を確認してみたら、こんな所でした。
a0125598_19554022.jpg
高知自動車道、大坂谷川橋(391m)
a0125598_19442082.jpg
橋脚の高さは、四国の高速道路で最も高い73m (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
a0125598_20005043.jpg
今から思えば、高速走行中でのバーストだったのに、よく事故にならなかったものです。
それに後続車がついていなかったのも、不幸中の幸いでした。(^^;)

[PR]

by taibeach | 2014-11-02 20:02 | 旅行  

<< 渚の姫カマ 科学作品展 >>