ライターらしきモノ

11月10日 月曜日
今日の徳島県南、ちょっと北風が強かったけど、気持ちのいい青空が広がる秋晴れの1日
昨日が、こんなお天気ならよかったのになぁ・・・
a0125598_21554956.jpg
今日11月10日は、今から26年前の1988年のこの日、当時の竹下内閣時が「消費税関連法案」を強行採決して、日本での消費税(3%)導入が決定した日です。
その後1997年(平成9年)に5%に増税された消費税は、今年4月に8%へ増税されましたね。

さて、現在国会などでは、その消費税を予定通り2015年10月から10%に引き上げるかどうかという議論が盛んになっていますよね。
ヤフーのニュースで見たのですが、朝日新聞が8、9日に実施した全国世論調査(電話)で、来年10月に消費税を10%に引き上げることへの賛否は、「賛成」が24%、「反対」が67%だったとか・・・   私はもちろん、反対!
17日に発表される7~9月期の国内総生産(GDP)速報値の内容を踏まえて、安倍晋三首相が最終的に判断を下すとされていますが、国民はもとより、与党内でも先送り論が多い中、安倍首相はどういう判断を下すでしょうか?

安倍内閣と言えば、またもや“政治とカネ”の問題のゴタゴタから、発足後わずか48日で、第2次安倍改造内閣の目玉だった小渕、松島両氏の女性閣僚が政治資金規正法と公職選挙法違反の疑いでダブル辞任に追い込まれました。 安倍首相にとっては痛手だったことでしょうね。

ちょっとお粗末な感じだった今回の辞任劇。 なかでも、松島前法相のうちわ問題の言い訳には、これが国務大臣の答弁なのかとビックリしましたね。
松島前法相が選挙区内で配布した「うちわ」のようなものが、政治家による選挙区内の有権者への寄付行為を禁じている「物品」に当たり、公職選挙法に違反していると指摘されました。
その後、この「うちわ」のようなものは、その他にも政党を超えて結構たくさんの議員が作っていたことが判明しました・・・
国政選挙では、選挙運動用ビラを配る際には、各選管の交付する証紙を貼付を張らなくてはならないという決まりがあります。
松島前法相を追求した蓮舫議員も、過去にうちわを作っていましたが、証紙を貼っていたのでOKだったそうです。(^^;)  松島議員は、法相になった後も配っていたからアウト。

さてさて、前置きが長くなりましたが、今日の漂着物はこんな☟ライター
a0125598_21562449.jpg
今日の夕方、ホームビーチの田井ノ浜海水浴で拾ったものです。
裏側を見てみると、台湾の「台北縣」(現在の新北市)の議員さんの名前の入っています。
名前の下にある「鞠躬」という言葉は、お辞儀という意味ですが、署名の後につける挨拶語だそうですよ。
a0125598_22040932.jpg
表側?の「感謝您的栽培」は、直訳すると「あなたの栽培に感謝します。」となりますが、有権者の皆様に育てられたことを感謝しています!ってことでしょうかね。

こういった候補者や政治家の名前が入ったライターは、時々漂着しているのを見ることがありますが、台湾では、こんなライターを配布しても選挙違反にならないのでしょうかねぇ・・・?
もしアウトだとしても、「ライターと解釈されるならば、ライターとしての使い方もできると思います」とか言って、素っ惚けるのかな?(笑)

[PR]

by taibeach | 2014-11-10 23:23 | 漂着物(人工物)  

<< 波瀾の高知旅 その6 菊花 2014 >>